騙され続けて20年、オカルトライターが告白するオカルト業界の内情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
occult_01_140923.jpg
『実録 あなたの知らないオカルト業界』(彩図社)

 UFO、霊能、黒魔術、前世、占い、スピリチュアル、パワーストーン──世間にはオカルトといわれるものが氾濫している。同時にオカルトに関する数多くの本が刊行もされている。しかし、これまでのオカルト本とはちょっと毛色のちがう本が今年9月に出版された。それが『実録 あなたの知らないオカルト業界』(三浦悦子/彩図社)だ。

「オカルトの世界」ではなく「オカルト業界」というところに、この本の特徴がある。本書によると、著者の三浦サンは「神仏霊など科学的には証明されていない存在を商品化して様々な形で相談者に提供するサービス業」である「オカルト業界」に長年ライターとして関わってきた人物らしい。そして本書は、その三浦サンが明かす業界の体験記なのだ。いったい、そこに描かれるオカルト業界の内幕とはどんなものなのか。

「私はオカルトにあこがれて、霊能者という存在に傾倒していた」と書いているようにもともとオカルトの熱心なファンだった三浦サン。彼女がこの業界に入ったきっかけは、「佐々木会長」というミニ新興宗教団体の主宰者の著書を読んだことだった。

「内容から佐々木会長はとても謙虚で霊的な実力者のある人物だということが伝わってくる」と、一読で惚れ込んだ著者は、佐々木会長に手紙を書いた。すると教団のレポーターとして広報紙を書いてくれないかとの返事が。早速、千葉県の教団へと向かった著者。

 すると、佐々木会長が姿を現わし「これを使って霊的に悪い部分を浄化し、神さまのパワーを注入するのです」といって、ナイフを取り出した。刃渡り20センチほどのしかないナイフなのに「スサノオの剣」と呼び、「相談者の頭上10センチ位の空間を何度も十字に型に切り、人間の魂を保護している『幽体』から霊的な汚れを取り除き、神のパワーを注入する」のだという。

 この体験でなぜか佐々木会長を本物だと確信した著者は、広報紙の制作を了承した。すると、ギャラは原稿用紙1枚で1万円。それが45枚で、交通費と宿泊費等の経費が数十万円也という破格の条件が提示されたという。こうして“幸運”な出会いに恵まれた著者は、さらに佐々木会長へ傾倒していく。だがしばらくすると、教団の女性主任から電話がありいきなりまくしたてられたという。

「あなたは会長を全然尊敬していないですね。原稿を読めばすぐ分かりますよ!」

 どうやらこの女性主任は会長の愛人で、焼きもちを焼かれたらしい。そんなトラブルから、著者は教団からも放り出されてしまう。

 そこで、三浦サンは教団のイベントで知り合った出版社社長に手紙を出すことにした。するとまたまたラッキーなことに、仕事を手伝ってくれとの返事。早速会いに行くと、そこはやはり、オカルト系の出版物を出している会社だった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

実録 あなたの知らないオカルト業界

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

騙され続けて20年、オカルトライターが告白するオカルト業界の内情のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。スピリチュアル出版業界林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
6 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
11 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
12 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
13 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
17 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
18 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
19 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
20 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画