吉高&仲間のWヒロイン司会が大本命!? 紅白歌合戦の司会を占う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yoshitakanakama_01_140917.jpg
花子役の吉高由里子と蓮子役の仲間由紀恵 2人の共演が紅白でも!?(NHK連続テレビ小説『花子とアン』公式サイト「仲間由紀恵インタビュー」より)


 今年もそろそろ「紅白の司会が誰になるか」という話題が盛り上がる時期になってきた。大晦日の国民的番組『NHK紅白歌合戦』の司会は例年10月に発表されており、予想合戦も本格化している。白組の司会は5年連続で嵐が最有力として、問題は赤組の司会だ。世間ではいったいどんな予想が飛び交っているのだろうか。

 まず、今年最初に名前が挙がったのは、松たか子。『アナと雪の女王』で主人公である雪の女王・エルサの吹き替えを務め、なかでも劇中で披露した主題歌「Let It Go〜ありのままで」は社会現象も巻き起こした。松はいまだテレビでレリゴーを披露していないだけに、NHKとしては今年最大の目玉歌手として必ずや出演してほしい1人だろう。そのため、司会とのセットで出演を交渉しているのではとの情報が夏前に流れた。ここ数年は、紅白の司会といえば朝ドラや大河ドラマで活躍したヒロインたちが独占してきたが、『アナ雪』ブームはそれを覆すだけの成果ではあるだろう。

 また、昨年司会を務め、好評だった綾瀬はるかが2年連続で司会に選ばれるのではという見方もある。天然キャラとして知られる綾瀬が司会に抜擢されたということで、放送前から不安やハプニングを期待する声も多かった。実際、蓋を開けてみれば、噛んだり、忘れたり、謎の発言をするといったその迷司会ぶりが話題に。視聴者も審査員もハラハラドキドキする展開になったが、それをみんなで楽しみ、盛り上がる結果になった。さらに、記念すべきNHKラジオ放送開始から90年目にあたる2015年に、NHK大河ファンタジーとして『精霊の守り人』(原作・上橋菜穂子)の実写ドラマ化が決まっており、綾瀬はその主演にも抜擢されているのだ。2年連続司会に選ばれる可能性は十分にあるだろう。

 しかし、ここに来て有力候補として浮上してきた人物がいる。それが、大人気の朝ドラ『花子とアン』で、吉高由里子演じる主人公・花子の腹心の友である蓮子役の仲間由紀恵だ。24週連続視聴率21%越えという記録を叩き出す『花子とアン』にあって、仲間は主演の吉高由里子を喰うほどの存在感を放っており、話題性や「NHKへの貢献度」でいえば申し分ない。それに加えて、今年は夏の紅白とも言われる『思い出のメロディー』でも司会を務めており、低視聴率だったこの番組を14.7%にまで復活させたという成果もある。かつては、松下奈緒もこの司会を経て紅白の司会に抜擢されたため、仲間の有力説が上がったのだろう。それに、仲間は紅白の司会経験者で、もし今年選ばれれば5年ぶり、女性としては歴代最多の5回目となる大ベテラン。朝ドラでの活躍ぶりや知名度という点だけでなく、何より安心して任せられるという利点がある。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

紅白歌合戦の舞台裏 誰もが知りたい紅白の謎と歴史

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

吉高&仲間のWヒロイン司会が大本命!? 紅白歌合戦の司会を占うのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。仲間由紀恵吉高由里子島原らん紅白の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
7 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
11 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 財務次官セクハラが海外メディアでも