専業主婦願望粉砕企画が登場!?コンサバファッション誌「JJ」に異変!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
jj_01_140917.jpg
表紙の雰囲気も変わった? 「JJ」14年10月号(光文社)

 古くは横浜・元町界隈の女子大生のファッションを「ハマトラ」と命名し、「女子大生ブーム」の火付け役とも言われている、女性ファッション誌「JJ」(光文社)。来年で創刊40周年を迎える同誌の人気を支えてきたのが、女性の心のうちにある「上昇婚」願望だ。

 大学を卒業後は家事手伝い、または2〜3年はOLやキャビンアテンダントとして働き、生活レベルが落ちないように高収入の男性と結婚。専業主婦として子育てや趣味を楽しみ、子育てが一段落したら、自宅での料理教室など家族に迷惑をかけない程度に働く──そんなライフスタイルに憧れる女性がこぞって、男性に好かれるためのファッションやメイク、処世術を学ぶために「JJ」を愛読してきたのだ。

 しかし、8月発売の10月号には「JJ」らしからぬ、衝撃の記事が掲載されている。それは「ママの時代と、私たちの時代。」という企画。かつて「JJ」を愛読し上昇婚を果たした母と、そんな母に憧れ、専業主婦願望を抱く娘のインタビューページでは、もはや専業主婦になれない現実がJJ読者の間にも広がっていることが実感できる。

 たとえば、商社を寿退社後、夫の海外勤務に帯同し、異国で子育てをした母と娘の場合。娘は「私は、子どもを産んだらママみたいに専業主婦になるのが夢。家のことはしっかりやりつつ、ゴルフやテニスなど習い事をたくさんしてアクティブに過ごすママの生活はずっと憧れだったんです」と専業主婦願望を語るも、母からのアドバイスはシビア。「私たちの時代は専業主婦になるしかなかったけれど、今は違う選択もあってもいいと思いますね。子育て中は充実しているから良いかもしれないけれど、子どもが高校生になって手がかからなくなったときのことも考えておかないと」「子育てはいくらでもサポートするので、せっかくならそれまでの経験や努力を活かして、社会で活躍してほしいですね」と、専業主婦だった母は自分と同じ道を選ぶのではなく、働き続けることを娘に促している。

 またこの企画内では、キャリアコンサルタントが、男性の所得減少や高齢化社会にあたっての税負担、少子化による労働力減少といった、現代が母親世代とは取り巻く社会情勢が異なることを細かに説明している。さらに「仕事を続けて母親以外のアイデンティティを持つことは、女性にとっても家族にとっても、幸せにつながる」「子育てはいつかは終わるもの。母親になった後は長期的な目線でキャリア設計を」と、仕事を続けることを猛烈にアピール。もはや、専業主婦願望粉砕企画といってもいいほど、シビアな現実をこれでもかと見せてくる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

野心のすすめ (講談社現代新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

専業主婦願望粉砕企画が登場!?コンサバファッション誌「JJ」に異変! のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。主婦江崎理生派遣の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
15 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
16 麻生太郎が愛人の店に2360万円
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 杉田水脈議員が「保育所はコミンテルンの陰謀」
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画