子どもは武器になる? オタクとママを両立するコツとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
otamama_01_140827.jpg
『オタママ充! オタクなママでい~じゃないっ!!』(KADOKAWA)

「オタク」。一昔前まではアニメ好きな男性を差していた言葉だが、いまや男性だけに限らず女性のオタクも多く、興味の対象もマンガ・アニメはもちろん、鉄道やアイドル・イケメン俳優、ゲームとどんどん広がっている。

 そんな中で女性オタクを悩ませるのが、リアルな生活との両立だ。好きなものをとことん追求したいという気持ちはある一方、結婚、ましてや出産して子持ちともなると、行動に物理的・体力的・経済的な制限がかかり、独身のころのように自由を謳歌できなくなるのでは、と不安を抱かずにはいられない。オタク活動と実生活を両立するためにはどうすればいいのか。GLAYやイケメン俳優、アニメ・ゲーム・同人活動など好きなものをとことんおいかけながら子育ても楽しむ、漫画家アサナ氏の『オタママ充!』(KADOKAWA)から、そのポイントを学んでみよう。

 まず一つ目は「子どもがいる立場を楽しみ、利用する」ということ。コンビニエンスストアでミュージカル『テニスの王子様』のオリジナルグッズがあたるくじが発売すると聞けば、1番に店に乗り込み、すべてのくじをお買い上げ。景品はベビーカーに乗せて持ち帰るのだ。アサナ氏は、友人と同人誌を貸し借りするときもベビーカーを使う。子どもがいるから荷物を運ぶのが難しいと思いきや、子どもがいるからこそ持っているベビーカーを最大限に利用するのだ。

 戦隊モノの素面ショー(被りものではなく、演じている役者が登場するショー)には、まだ戦隊の意味もわからない息子を連れていく。これは「子連れだと高確率で俳優が近くに」来てくれるという計算あっての行動。子どもがいる立場を最大に生かした戦術を考えれば、よりオタク活動が楽しくなるもよう。

 二つ目のポイントは「無理をしないこと」。出産予定日の1カ月前に、大好きなGLAYが野外ライブを発表するも、アサナ氏は体のことを考え「あ無理だ☆ こりゃ行けないわ☆」と即決。ところがその後、ライブ・ビューイングが決定したため、そちらに参戦することに! もちろん、目の前でメンバーを見たいというのが本音だろうが、優先順位を間違えないことも大切なのだ。

 外出も無理をしないことが大切。見に行きたいと思っていた「エヴァンゲリオン展」、赤ちゃん連れで行くことにためらいながらも、事前に運動させ、ご飯をいっぱい食べさせ、息子を眠らせる作戦が成功したタイミングで入場! 途中で息子が起きて泣きわめいたために帰ることにしたが、過剰に落胆しないところが潔い。子育ては一生続くわけではなく、子どもは年々「できること」が増えていく。「今」できないことは無理をしないというのは正しい「オタママ」の姿勢だろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

オタママ充! オタクなママでい~じゃないっ!!

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

子どもは武器になる? オタクとママを両立するコツとはのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ヲタ子ども江崎理生の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
12 麻生太郎が愛人の店に2360万円
13 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
14 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
20 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
16上念司もケントと同様、加計の客員教授
17セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
18羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
19高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
20自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした