うさぎの解体実況で炎上! 「狩猟女子」が笑顔で突きつける「命の現実」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
syuryou_140825.jpg
『わたし、解体はじめました─狩猟女子の暮らしづくり』(畠山千春/木楽舎)

「森ガール」「山ガール」に始まり、「林業女子」「農業女子」ときて、ついに現れた「狩猟女子」。ゆるふわ系女子アウトドアカルチャーも行く所まで行き着いた感があるが、狩猟ともなれば、ファッションやレジャー感覚で気軽に楽しめるようなことでもなさそうだ。自分の手で動物を捕まえ、絞めて解体し、肉を食べるのである。人間と動物の「命」の関係、生きることや食べることの意味、あるいは、大量に肉を消費する社会の現実……など、日頃は目をそらしている面倒な問題に否応なく向き合うことになる。なぜ、20代のどこにでもいる女の子がそんな世界にハマり、新米猟師となっていったのか。その過程を綴ったのが『わたし、解体はじめました─狩猟女子の暮らしづくり』(畠山千春/木楽舎)である。

 きっかけは東日本大震災。横浜で平凡な会社員をしていた著者は死の恐怖を感じ、余震と放射能に怯える中で考える。

〈食べものにしろ、エネルギーにしろ、暮らしの中の大事な部分を人にお願いして自分はお金を払うだけ。そうやってひたすら消費し続けるだけの暮らしは、もうしたくない〉

 震災直後、同じように思った人は多かったはず。だが、ほとんどの人がすぐ元の生活に戻っていく中、著者は行動を起こす。それが「解体」だった。少々唐突な気もするが、もともと自給自足の暮らしに興味があり、「食べることが大好き」だった著者には、自然なことだった。

 最初は震災の半年後。ネットで「鶏 解体」と検索してヒットしたブログや動画で方法を調べ、養鶏農家から仕入れた鶏を数人の仲間と絞めた。首をうまく落とせず、返り血を浴びて「ごめんね、ごめんね」と言いながらも、肉を処理していくうちに「あれ、美味しそう」と感じ、食べ終わった時には大きな満足感に包まれる。

〈「命を奪って食べる」よりも「さっきの鶏が自分の一部になった」という感覚のほうがしっくりくる気がしました。(略)この結びつきを感じられたことが、私にとって大きな発見でした〉

 この体験を個人ブログ「ちはるの森」に書くと反響が大きく、著者は初心者ながら各地でワークショップを開くことになる。鶏の首をひねるか、棒で頭を殴るかして気絶させ、包丁で首を切り落とし、ポリ袋の中で逆さにして血抜きをし……五感を使って「命」を感じるワークショップは好評だった。面白いことに、参加者はたいてい少量の肉で満腹になるという。〈絞めたてのお肉は新鮮で、生命力に溢れているからでしょうか〉と著者は書く。ちなみに、彼女自身は解体を始めてから、来客や特別な時以外にはほとんど肉を食べない「ゆるベジタリアン」になったという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

わたし、解体はじめました ─狩猟女子の暮らしづくり─

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

うさぎの解体実況で炎上! 「狩猟女子」が笑顔で突きつける「命の現実」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。○○女子大黒仙介の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
9 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
10 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
12 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
18 原発広告に文化人や芸能人が
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画