偏差値50の高校が開成、灘を制して“頭脳の格闘技”日本一になった理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
shougi_01_140821.jpg
『一点突破 岩手高校将棋部の勝負哲学』(ポプラ新書)

 日本の伝統文化のひとつである将棋。近年、『3月のライオン』(羽海野チカ/白泉社)や『ハチワンダイバー』(柴田ヨクサル/集英社)などマンガの題材に選ばれることも多く、先日も『進撃の巨人』の諫山創が原作者となり、将棋マンガ「the Killing Pawn」(作画・皆川亮二)を「週刊少年マガジン」(講談社)に発表し、話題を呼んだばかりだ。

 こうしたなか、ひそかに注目を集めているのが、高校生によるアマチュア将棋の世界。これがマンガ以上に“スリリングな展開が楽しめる”というのだ。

 高校生が出場できるアマチュア将棋大会には、全国高等学校将棋選手権大会、全国高等学校将棋竜王戦、全国高校将棋新人大会の「高校3大大会」と呼ばれる公式戦があるのだが、さすがは“頭脳の格闘技”といわれる将棋だけあり、灘高校や開成高校をはじめとする数多の進学校が参加している。──ところが、この3大会のうち、全国高等学校将棋選手権大会の男子団体戦において、こうした進学校を抑えて3年連続日本一の栄冠に輝いている高校がある。それは、岩手県盛岡市にある私立岩手高校だ。

 岩手高校の偏差値は50前後。にもかかわらず、70後半の灘や開成を制して頂点を極め続けている。一体、その理由はどこにあるのか? 囲碁将棋部の顧問を務めている藤原隆史氏による『一点突破』(観戦記:大川慎太郎/ポプラ社)には、藤原氏独自の指導方法や、常日頃から心がけていること、そして大会攻略法が記されている。

 まず、岩手高校将棋部の歴史は、藤原氏が同校の数学科教諭として着任した1994年に、将棋好きの生徒3人と「将棋同好会」を結成したことからスタートする。この年に早速、高校将棋選手権・県予選に出場するも惨敗。翌年に「将棋クラブ」に昇格し、徐々に頭角を現していった。97年には高校将棋選手権・県予選で団体初優勝を果たし、岩手県の頂点へ。同好会設立から4年で全国大会への出場切符を手に入れたのだ。

 残念ながら全国大会では1回戦で早稲田学院に敗退したが、この実績が認められ、翌年にはついに「将棋部」に昇格。こつこつと県大会突破を目指し、全国大会出場常連校へ。勝ち上がり方法を模索し続け、ついに2008年、高校将棋選手権・団体優勝を勝ち取った。

 この目覚ましい躍進ぶりの秘密とは何か。藤原氏はどういった指導を行っているのかが非常に気にかかるところだが、本書によれば、その勝負哲学のひとつは「(将棋を)指さない顧問をつらぬく」こと。はっきり言ってしまえば、何も教えないのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

(034)一点突破: 岩手高校将棋部の勝負哲学 (ポプラ新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

偏差値50の高校が開成、灘を制して“頭脳の格闘技”日本一になった理由のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。学歴寺西京子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
12 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
19 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画