『妖怪ウォッチ』効果 いま小学生の間で岡山弁が大ブーム!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
youkaiwatch_01_140724.jpg
画像はニンテンドー3DS用ゲームソフト『妖怪ウォッチ2 本家』より

「もんげー!」
最近、子どもたちのこんな声を聞いた人も多いのではないか。実はこれ、今、子どもたちの間で大ブームを巻き起こしている『妖怪ウォッチ』のせいだったのだ。『妖怪ウォッチ』とは、妖怪を見ることのできる腕時計“妖怪ウォッチ”を手に入れた主人公が、あちこちに出没する妖怪と友達になり、彼らの力を使って人々の悩みや問題を解決していくというもので、もとはニンテンドー3DS用ゲームとして発売されたもの。その後マンガ化やグッズ展開され、今年の1月からはアニメも始まり、その人気はますます高まっている。

 なかでも人気なのが、田舎にある神社が壊されたため、都会に出てきた狛犬の妖怪・コマさん。彼はメインキャラである猫の地縛霊・ジバニャンを抑え、圧倒的な人気を誇っているのだ。そのため、本編と絡まないサブストーリーでは「コマさん物語」「田舎者はバラ色に」「恋とポエムとコーヒーと」「太陽にほえろズラ!」など、コマさんを主人公にしたシリーズが続々登場するほど。そんなコマさんの口癖が「もんげー」だったのだ。ほかにも、語尾に「~ズラ」をつけたりしているのだが、そんな彼の口調をまねする子どもや親が増えているらしい。

「~ズラ」というのは山梨や静岡の方言で聞いたことがある人も多いかもしれないが、実はコマさんが使っている「もんげー」にも、元になった方言があった。それが、岡山弁だ。しかし、岡山弁で「ものすごい」を意味する「もんげー」は、岡山の人ですら「初耳」という人がいるくらい、もうほとんど使われていない方言だった。それが、『妖怪ウォッチ』のコマさんによって、全国区の方言になった。今年は、あまちゃんの「じぇじぇじぇ」に続く流行語大賞も狙えるのではないかという声もあがっている。

 そんな「もんげー」というセリフだが、「アニメージュ」(7月号)によると、脚本家である加藤陽一のアイデアで決まったという。「驚く時に言うキーワードを作りたくて」といろんな地方の方言を調べた結果「岡山弁の「もんげー」という響きが、子供たちに刺さるかな」という理由で採用されたようだ。

 たしかに、『岡山弁JARO?』(青山融/ビザビリレーションズ)を読んでみると、岡山弁には子ども心に響きそうなものがたくさんある。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

妖怪ウォッチ 1 (てんとう虫コロコロコミックス)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

『妖怪ウォッチ』効果 いま小学生の間で岡山弁が大ブーム!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。妖怪ウォッチ方言の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
4 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
5 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
14 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画