江原啓之が激やせ! 霊能力のせいで太ってるといっていたのに…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ehara_01_140723.jpg
「もう迷わない!江原啓之がみちびく 理想の最期」(「婦人公論」2011年4月15日号別冊 /中央公論新社)

 オーラ、守護霊、前世……。そんな言葉とともにもてはやされたスピリチュアル・ブームだが、最近ではすっかり下火になっているようだ。特にその中心人物でスピリチュアルカウンセラーの江原啓之はほとんどメディアで見かけることがなくなってしまった……と思っていたら、その江原が「女性自身」(光文社)7月8日号に登場した。〈2014年上半期のニュースに見る日本の危機〉〈日本人の心は壊れ続けている!〉と題する記事で、STAP細胞ねつ造疑惑やゴーストライター騒動、『美味しんぼ』の福島鼻血表現問題などについて語ったのだ。

 だが、久しぶりに江原啓之をみて驚いたのは、その外見だ。なにしろ、以前とはまるで別人のように“激やせ”していたのである。

 江原といえば、パンパンに張った顔に二重あご、でっぷりと突き出したお腹など、力士のような肥満体型で知られていたはず。学生時代は体重が130キロもあったといい、回転寿司に行ってひとりで50皿食べたという武勇伝も語られていた。それが今は痩せすぎで老けこんでみえるくらいになっているのだ。

 いったい江原に何があったのか。その姿を見て心配になったのが、他でもない氏の霊能力との関係だ。実は江原は以前、自分が太っている理由を「“憑霊体質”の霊能師だから」と説明し、〈お腹の空いた未浄化の霊が霊感体質の人間に憑依して、(自分が)その霊の食欲の分までも食べてしまう〉などと言っていた。あるときは〈天ぷら好きの霊に憑かれて、毎日天ぷらばかり食べていた〉ともいい、森公美子などの太ったタレントと共演すれば「自分と同じ霊感体質だ」と強調してもいた。

 とすると、激痩せした今、その肥満の原因だった霊能力は大丈夫なのか……。実際、「女性自身」の記事を読んでいても、スピリチュアルカウンセラーっぽいキーワードは全然出てこない。佐村河内事件やSTAP細胞騒動などについて語る場合、以前の江原なら小保方晴子さんや佐村河内守氏を“霊視”し、前世や守護霊について言及していたはず。しかし、記事をみると、STAP細胞騒動では〈一個人を取り上げ、バラエティ番組でパロディに仕立てて面白がる。それを笑える世間もおかしい〉とテレビや世間を批判し、『美味しんぼ』の問題でも〈もし福島の人が「迷惑だ」と言うなら、外からよけいなことを言わないほうがいい〉などと普通の意見を言うだけで、前世や守護霊にはまったく触れようとしないのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

あなたは「死に方」を決めている

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

江原啓之が激やせ! 霊能力のせいで太ってるといっていたのに…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。スピリチュアル江原啓之激やせの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
4 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
11 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
14 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
17 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画