ロスジェネ社員が壮絶パワハラを告白 無視や公開叱責も日常茶飯事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
losgene_01_140711.jpg
『ロスジェネ社員のいじめられ日記』(文藝春秋)

 先日の都議会で、妊娠・出産・不妊に悩む女性への支援を訴える塩村文夏都議に対し、「早く結婚したほうがいいんじゃないか」などの野次が飛んだ「セクハラ野次騒動」。あまりに時代錯誤な野次に、多くの反発する声が沸き起こった。悲しいことに、現代社会において、他人の尊厳を傷つけるのはセクハラだけではない。同様に問題視されているのが、パワーハラスメント(以下、パワハラ)である。

 パワハラとは、「職権などのパワーを背景にして、本来の業務の範疇を超えて、継続的に人格と尊厳を侵害する言動」を指す。本音と建前を使い分け、仕事と私生活が地続きになりがちな日本社会では長らく問題になってきた。では、実際にどんな行為がパワハラにあたるのか。金融系ブラック企業におけるパワハラの詳細をつづった、『ロスジェネ社員のいじめられ日記』(山下和馬/文藝春秋)から、日常にはびこるパワハラの実態を見てみよう。

 社会人の常識ともいえる「報(告)・連(絡)・相(談)」。もともとは、部下や現場の意見を吸い上げ、風通しのいい職場を作るために掲げられた造語だが、著者の山下氏が在籍していたブラック企業では、「報告=上司が不快に思う情報は無視される」「連絡=情報共有はあまり重視されていません」「相談=自分で考えろと言われます」と、まったく機能しない。会議議事録や顧客満足度調査をねつ造することが日常茶飯事なため、そもそも風通しのいい職場を作るという発想自体がないといえる。

 パワハラの常套手段とも言えるのが「公開叱責」。山下氏は、他上司がチェック済みの書類に対し、別の上司から20分もの間、公開叱責された経験を持つ。さらには「公開叱責が日常のため特に気を留める人がいない」というのだから、多くの人が精神的に疲弊していたことがうかがえる。

 一番対処に困るのが、上司の思い込みや感情が根本にあるパワハラ。書類に不備があるとして上司から何度も突き返され、見直してもミスが見当たらないと困惑する山下氏。思い切って、「何を間違っていたか教えていただけませんでしょうか」と聞いてみると、返ってきたのは、「分析結果はあってるのだが山下はこの決算書を心の底から理解していない だから突き返したんだ!」という理不尽な言いがかり。日常的にこのような心証をもとにしたダメ出しをされていては、業務に差しさわりが出てくるのではと心配になるほどだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ロスジェネ社員のいじめられ日記

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ロスジェネ社員が壮絶パワハラを告白 無視や公開叱責も日常茶飯事のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ハラスメントブラック企業ロスジェネの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
4 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
10 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
11 財務次官セクハラが海外メディアでも
12 麻生太郎が愛人の店に2360万円
13 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17 雪印告発の社長が中国産野菜告発
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
20 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
17自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!