「介護マンションに入りたい」リリー・フランキーが鬱状態?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
lilyfranky_01_140709.jpg
「映画『そして父になる』公式サイト」より


 最近は作家というより、俳優として大活躍のリリー・フランキー。そのいい具合に枯れた演技が大好評で、テレビや映画、CMでも引っ張りだこになっている。

 ところが、そんなリリーが最近、月刊誌「婦人公論」(中央公論新社)のインタビューで、「介護マンションに入りたい」となんとも弱気な発言をして、周囲を驚かしている。

「(前略)家を持つほど落ち着きがないのが現実で。そこで考えているのが、ケア付きマンションに住むこと。施設によって55歳以上とか60歳以上とか、年齢制限があるから、その年齢に達したらすぐに入居し、絶対もとをとるべく、できるだけ長く住む」(「婦人公論」2014年6/22号)

 リリーは昨年、50歳になったばかり。「自分の中では50って、明確に“じいさん”なんですよ」と語るリリーだが、介護マンションというのはちょっと早すぎではないだろうか。たしかにリリーは独身で家族もいないが、メディアからは引っ張りだこで女性からもモテモテ。そんな人もうらやむ51歳が隠居を考えているというのは、いくらなんでも弱気すぎる気がするのだ。

 実は、こうした言動に、リリーをよく知る人たちの間では「また鬱になるんじゃないか」と心配の声があがっているという。

 リリーはこれまでも、何回か鬱状態になった事がある。 吉田豪が“サブカル男子は40歳で鬱になる”をテーマに出版したインタビュー集『サブカル・スーパースター鬱伝』(徳間書店)でも、リリーは一時、本格的に鬱々とした状態になり、睡眠障害や味覚障害におちいったことを認めている。

 同書をもとに推測すると、リリーがひどい鬱になったのは2回。1回目は、コラムニストとして売れっ子になった頃、「おもしろコラム」を書くのがうっとうしくなって、「『あいつはもう終わった』とか言われたい」としきりに言い始めたという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

「介護マンションに入りたい」リリー・フランキーが鬱状態?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。リリー・フランキー介護の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
4 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
10 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
11 財務次官セクハラが海外メディアでも
12 麻生太郎が愛人の店に2360万円
13 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17 雪印告発の社長が中国産野菜告発
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
20 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
17自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!