高市早苗が自民党候補の応援演説で「落選したら、天皇陛下に迷惑がかかる」と露骨すぎる天皇の政治利用! なぜ問題にならないのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
高市早苗が自民党候補の応援演説で「落選したら、天皇陛下に迷惑がかかる」と露骨すぎる天皇の政治利用! なぜ問題にならないのか?の画像1
高市早苗Twitterより


 甘利明氏の自民党幹事長辞任を受け、後任に茂木敏充外相が就くことが決まった。しかし、この人事に噛み付いたのが、ネトウヨ勢。「なぜ高市早苗さんを幹事長にしなかったのか」「最初から高市早苗さんを幹事長にしておけばよかったのに」などと騒いでいる。

 だが、高市政調会長をめぐっては、幹事長への昇格どころか、政調会長の辞任、いや議員辞職級のトンデモ発言をおこなっていたことがわかった。

 というのも、「デイリー新潮」および本日発売の「週刊新潮」(新潮社)によると、高市氏は衆院選で京都4区から立候補していた文部副大臣・田中英之氏の応援で、こう語っていたというからだ。

「いわゆる政務官とはまた違って、大臣と副大臣は天皇陛下の認証を受けます。そういうことになりますと、万が一にも、この京都4区・田中英之が当選しないということになると、大変お忙しい天皇陛下にもう一度別の方を認証して頂かなくてはならない悲惨な事態が発生します」
「天皇陛下にもご迷惑がかかります。なんとか、勝たしてやって下さい」


 天皇に迷惑をかけるから田中氏を当選させろ──。まさしく絶句するほかない、直球の天皇の政治利用、選挙利用ではないか。

 自民党では、2017年に当時防衛相だった稲田朋美氏が都議選の応援演説で「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」という趣旨の発言をおこなったことが自衛隊の政治利用だと問題になったが、今回の高市発言の重大さはその比ではない。

 そもそも、国務大臣・副大臣などの認証官任命式は国事行為であり、憲法は天皇の権能を定めた4条でも〈天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ〉と定められている。

 しかし、高市氏は、その国事行為について“天皇に二度手間をかけてしまう”と言い出して、“迷惑をかけないためにも田中氏の投票を”と呼びかけた。つまり、天皇の権能を政治利用し、国民の代表者を選ぶ選挙よりも天皇の国事行為にプライオリティを置いたのだ。これは民主主義、国民主権の否定であり、さらには天皇を利用したファシズム体質の表れだとしか言いようがない。到底看過できる発言ではないだろう。

 しかも、安倍政権下では、有権者買収や公選法違反などの大臣スキャンダルが週刊誌で報じられ、それが端緒となって河井克行法相や菅原一秀経産相など数々の問題大臣が次々に辞任、そのたびに新たな大臣を立ててきたが、高市氏のこの主張だと、「天皇に迷惑をかけないためにも大臣スキャンダルは見過ごせ」などという暴論をも可能にしてしまう。

天皇政治利用のやり口は、親分・安倍晋三にそっくり! 安倍一派なら何を言っても許される言論状況

 高市氏は天皇について〈国民に敬愛され、世界に向けても日本国民統合の象徴としての天皇陛下が、万世一系の権威と品格を持って存在して下さることの意義は非常に大きい〉(2006年9月6日付ブログ記事)などと述べてきたが、「国事行為は天皇にとって迷惑」というのは天皇を貶める発言でもあり、くわえて選挙戦においてその名を持ち出して投票を呼びかけるというのは悪質極まりない政治利用、選挙利用にほかならない。右翼こそ怒るべき問題だろう。

 だが、これこそが現在の極右政治家の本性だと言うべきであり、実際、高市氏のバックにいる安倍晋三・元首相も、天皇の露骨な政治利用を数々おこなってきた。

 その最たる例が、2013年4月28日に政府主催でおこなわれた「主権回復・国際社会復帰を記念する式典」だ。4月28日は1952年にサンフランシスコ講和条約が発効し、沖縄以外の本土がアメリカの占領から独立した日だが、第二次安倍政権ではこの日を「主権回復の日」とし、政府主催で初めて式典を開いて、天皇と皇后を出席させた(挨拶はなし)。この式典の開催は自民党が野党時代から公約にかかげるなど、安倍首相の強いこだわりがあって実現したものだった。

 そして、式典当日、菅義偉官房長官が閉式の辞を述べ、天皇・皇后が退席しようとしたとき、“事件”が起きる。突然、会場の出席者らが両手を挙げて「天皇陛下万歳!」と叫んだのだ。安倍首相らも壇上でこれに続き、高らかに「天皇陛下万歳」を三唱。天皇と皇后は、足を止め、会場をちらりと見やり、わずかに会釈してから会場を去った。表情は固まったままだった。

 じつは天皇・皇后は事前段階から周辺にこの式典に対し拒絶感を吐露していたと言われ、さらに〈陛下は、式典への出席を求める政府側の事前説明に対し、「その当時、沖縄の主権はまだ回復されていません」と指摘されていた〉という(毎日新聞2017年12月24日付)。これは、サンフランシスコ講和条約で本土から切り捨てられた沖縄を無視してはならないという天皇の気持ちにほかならず、この式典に対し、天皇は沖縄が取り残されたという事実を持ち出し、政府側に反論していたというわけだ。

 だが、沖縄の人びとの心情も顧みず、天皇・皇后を出席させて「天皇陛下万歳!」と三唱することで、当時の安倍首相はまるで戦前のような光景をつくり出したのだ。まさしく天皇の政治利用と言わざるを得ない。

 だが、高市氏の今回の発言は、それよりももっとタチが悪い。何しろ、自身の所属政党の公認候補への支持呼びかけ、つまり党利党略のために天皇を政治利用したからだ。

 ところが、この問題は、「デイリー新潮」および「週刊新潮」やネットニュースが取り上げただけで、新聞もテレビもほとんど取り上げていない。極右勢力やネトウヨに支持されていれば、“国賊的発言”をしても許されるというのが、いまの日本の状況ということなのか。

最終更新:2021.11.04 06:46

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

高市早苗が自民党候補の応援演説で「落選したら、天皇陛下に迷惑がかかる」と露骨すぎる天皇の政治利用! なぜ問題にならないのか?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。天皇陛下安倍晋三政治利用田中英之稲田朋美編集部衆院選高市早苗の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
2 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
3 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
4 維新も統一教会とズブズブ!松井、馬場、音喜多、足立
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 安倍元首相と統一教会の直接的な関係が発覚!「桜を見る会」にも関係者
7 安倍元首相と統一教会の関係に田崎史郎、三浦瑠麗、橋下、東国原、古市らが…
8 「こども庁」名称変更の裏に統一教会!安倍、山谷との関係を物語る内部文書
9 統一教会と自民党の関係をごまかすメディア…民放は有田芳生に発言自粛を要求
10 統一教会「名称変更」めぐり下村博文元文科相の嘘と疑惑が次々発覚
11 検察・国税の元担当記者が明かす癒着
12 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
13 片山さつきは警察に圧力!自民党が隠したい安倍元首相と統一教会の深い関係
14 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
15 未成年飲酒疑惑の手越が日テレW杯番組に
16 テレ朝が萩生田に全面謝罪した背景
17 中山美穂ラブラブ写真に辻仁成は
18 Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
19 テレ東が番組で統一教会信者隠しと捏造
20 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
1 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
2 維新も統一教会とズブズブ!松井、馬場、音喜多、足立
3 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
4 安倍元首相と統一教会の直接的な関係が発覚!「桜を見る会」にも関係者
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄