安倍内閣の“愛人モラハラ大臣”菅原一秀経産相に、今度は秘書給与ピンハネ疑惑、有権者にカニ・メロンばらまき疑惑!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
安倍内閣の愛人モラハラ大臣菅原一秀経産相に、今度は秘書給与ピンハネ疑惑、有権者にカニ・メロンばらまき疑惑!の画像1
すがわら一秀オフィシャルサイトより


 原発マネー還流問題で、稲田朋美・元防衛相につづき、世耕弘成・前経産相も福井県高浜町の森山栄治・元助役を雇用していた会社の社長から600万円もの献金を受けていたことが発覚した。疑惑解明には国会での徹底追及が求められるが、しかし、そんな最中に、よりにもよって原発行政を所管する経産大臣に、重大スキャンダルが持ち上がった。

 それは、菅原一秀経産相の「有権者買収」と「秘書給与ピンハネ」というダブルの疑惑だ。

 きのう10日発売の「週刊文春」(文藝春秋)によると、菅原氏は選挙区内に居住する有権者に対し、長年にわたって盆暮れに高級メロンやカニ、いくらなどを贈答。贈答品の費用は年間200万円以上に及んでいたというが、そうした支出の大半は政治資金収支報告書には記載されていないという。
 
 さらに、菅原氏の元ベテラン秘書は、こんな衝撃的な告白をおこなっている。

「私が秘書として仕えることになった直後、彼は有権者の集会に顔を出そうとした私に茶封筒の束を渡し、『これ、配ってきて』と言ったのです。中には五千円札。そんなことがずっと続いていたのです」

 記事によると、菅原氏と秘書らは選挙区である練馬区内で催される町会の新年会や自治会の夏祭りなどで5000円を入れた茶封筒を配布してきたことも証言されている。無論、これらも政治資金収支報告書には記載されず、“裏帳簿”で処理していたというのだ。

 選挙区内の有権者に対して贈答品を送ることはもちろん、現金を配布することは、有権者を買収する行為であり、公職選挙法で禁止されている寄附行為にあたる。しかも、こんなことを菅原氏は長年にわたっておこなってきたというのである。

 言っておくが、これは大臣辞任どころか議員辞職に値する重大な問題だ。実際、たとえば小野寺五典・元防衛相は、1999年に選挙区内の有権者宅約500件に名前入りの線香セット(約1000円相当)を配ったことが公選法違反と認められ、議員辞職している。

 しかし、菅原経産相の疑惑はこれだけにとどまらない。なんと、秘書に対して菅原氏は“上納金”をおさめるよう要求していたというのだ。元若手秘書は、こう告発している。

「私設秘書だった私はある日、菅原氏から『公設秘書にしてやる』と言われたのですが、同時に『国からの秘書給料は四十万円程度だ。毎月十万円は事務所に入れなさい』と寄附を要求されました」
 
 また前出の元ベテラン秘書も40万円の寄附をおこなったというが、その後も菅原氏は「うちの事務所の事情わかるでしょ。寄附してくださいよ。領収書も出すから」と言いつづけたのだという。さらにこのベテラン秘書によると、別の若手秘書も、私設秘書から公設秘書になると差額分を支払えと菅原氏から要求され寄附をおこなったというが、それは政治資金収支報告書には記載されなかったという。

「国会議員の秘書の給与等に関する法律」第21条の3には、〈何人も、議員秘書に対して、当該国会議員がその役職員又は構成員である政党その他の政治団体又はその支部に対する寄附を勧誘し、又は要求してはならない〉とある。つまり、秘書に対して寄附を強要した菅原氏の行動は違反行為にあたる。しかも、その寄附を収支報告書に記載せずに“裏金”として処理していたとなれば、政治資金規正法の不記載にあたる可能性もある。

 有権者にカネをばらまき、立場の弱い秘書からはカネを巻き上げる──。そんな人物が原発マネーにメスを入れることなど、できるはずがない。

 そもそも、菅原氏をめぐってはスキャンダルや問題行為が多すぎて、安倍首相が経産大臣に抜擢したこと自体がどうかしているとしか思えない人事だった。

不祥事だらけの菅原一秀 愛人にモラハラ、虚偽申請で海外旅行、秘書へのパワハラ…

 たとえば、2016年の「保育園落ちた日本死ね」と書かれたブログが国会で取り上げられた際には、「誰が書いたんだよ」「匿名だよ、匿名」「ちゃんと本人を出せ」「うざーい」「やめろよ、やめろ」などと自民党議員からヤジがとんだが、そうしたヤジをとばしたひとりが菅原氏だった。第一次安倍政権では厚生労働政務官をつとめるなど待機児童問題の当事者であるというのに、その責任も放り出して卑劣なヤジをとばしていたのである。

 だが、なかでも問題視されてきたのは、同じく2016年に元愛人がモラハラ、セクハラ告発したことだ。この元愛人によると、銀座のクラブでアルバイトをしていた際、そのクラブの常連だった菅原氏に口説かれ男女関係になったが、男女の仲になったとたんに菅原氏の態度が一変。「バカじゃないの」「親の教育が悪い」といった人を見下したような発言を連発したり、お金やコートを投げつけたりとモラハラを連発しはじめたのだという。そして、当時27歳だったこの元愛人に、こんなことまで言い放ったというのだ。

「女は25歳以下がいい。25歳以上は女じゃない」「子供を産んだら女じゃない」

 しかも、このとき菅原氏が告発されたのは女性差別だけでない。元愛人によれば、経済産業副大臣時代の2013年4月27日から5月1日にかけて、菅原氏が「政治経済事情視察」という虚偽の申請をして一緒にハワイ旅行に出かけたというのである。

 こうしたスキャンダルが発覚するなど、菅原氏の“素行の悪さ”は永田町では有名だった。実際、内閣改造後に発売された「週刊新潮」(新潮社)9月26日号では、元秘書や運転手らが菅原氏の“パワハラ”を告発したが、このような動きが出てくることはわかりきった流れだったはず。にもかかわらず、安倍首相は菅原氏を経産相に抜擢したのである。

 安倍新内閣では、萩生田光一文科相の1600万円迂回献金疑惑や、高市早苗総務相の国契約業者からの献金問題、武田良太・国家公安委員長の元暴力団関係者からの献金問題など、さまざまな疑惑・スキャンダルが取り沙汰されているが、いずれもワイドショーはスルーをしてなかったことのようにされている。今回の菅原経産相の公選法違反疑惑も、安倍官邸は無視を決め込むつもりなのだろう。

だが、今回発覚した「有権者買収」問題は不問に付すことなどできない、議員辞職に値する重大な疑惑だ。これ以上、大臣の疑惑を有耶無耶にさせてはいけないだろう。

最終更新:2019.10.11 12:19

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

安倍内閣の“愛人モラハラ大臣”菅原一秀経産相に、今度は秘書給与ピンハネ疑惑、有権者にカニ・メロンばらまき疑惑!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍政権経済産業省編集部菅原一秀週刊文春の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 「桜を見る会」マルチ商法社長の招待は昭恵夫人の事業への資金提供の見返り
2 安倍首相が新型コロナ対応から逃げまくり! 韓国・文在寅大統領との差
3 田崎とケントに自民党からカネが!
4 安倍政権のコロナ基本方針に絶句!検査受けられない体制は続行
5 田崎史郎を時事通が特別扱いした理由
6 百田尚樹がなぜか告発「官邸から仕事、謝礼をもらっている保守論客」って誰?
7 田崎史郎がコロナ問題で「町医者は検査しろ」「熱が出て旅行いくな」
8 DAIGOの父は許永中の片腕だった
9 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
10 安倍政権がクルーズ船の厚労省職員を「感染者が増えるのは嫌」と検査せず
11 クルーズ船死亡者「コロナ感染者かどうかも言えない」は安倍政権の失態隠しか
12 『スシローと不愉快な仲間たち』9 新型コロナであのコピーライターが
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 岩田教授に対する政府の反論は嘘! 橋本岳副大臣の投稿写真にも証拠
15 進次郎よりひどい、安倍首相はクルーズ船乗客に死者が出た日も宴会
16 安倍政権のコロナ対応の遅さに非難殺到! 14 日まで感染症専門家会議設置せず
17 自民党コロナ対策本部がヤバイ、青山繁晴らネトウヨがズラリ、陰謀論も
18 安倍政権の酷すぎる新型コロナ対応!「金がかかる」と検査キットを導入せず
19 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
20 石破茂が安倍応援団メディアを痛烈批判
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄