SMAPベストアルバム発売が決定! メンバーは抵抗するも、利益をしゃぶり尽くすジャニーズ事務所の商魂

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
smap_01_151231.jpg
どこまでも自分たちの都合しか考えず、SMAPや周りを振り回すジャニーズ事務所


 今年いっぱいでの解散が決定したSMAPだが、新たな情報が飛び込んできた。解散を目前に控えた12月21日にSMAPのベストアルバム、さらに28日にはPV集の発売が決定したのだ。

「明日9月21日にも正式発表される予定ですが、ベストアルバムのタイトルは『SMAP 25years』というもので、ファンのリクエストで収録曲を決定するというふれこみです。その翌週にはPV集も発売するのですが、PVがない楽曲に関してはライブ映像などを収録するようです」(レコード会社関係者)

 今年1月の解散騒動勃発以降、SMAPは例年出演していた音楽特番にも一切出演せず、また予定されていた結成25周年コンサートツアー、新曲リリースもなし。紅白出場も未定という状況下にあるが、メンバーたちが稼働する必要もほとんどないベストアルバムやPV集なら実現するのは可能だろう。

 ファンにとっては大きな朗報には違いないが、しかし実はこのベストアルバムとPV集もギリギリまでリリースが危ぶまれる事態が続いていたという。

「メンバーが発売を嫌がり、なかなか了承がとれなかったのです。先週になってようやく了解にこぎつけた」(芸能事務所関係者)

 それも当然といえば当然だ。そもそもSMAPを解散に追い込んだのはジャニーズ事務所の実権を握るメリー喜多川副社長だ。SMAPを独自の手腕で育てあげジャニーズ事務所を大きくした功労者である飯島三智マネージャーを、メリー氏はパワハラ紛いの恫喝でSMAPごと追い出そうと画策。いざ独立が成立しそうになると、SMAP利権が惜しくなり土壇場でキムタクを裏切らせて、SMAPを修復不能な分裂状態に陥らせた戦犯だ。

 さらに、独立騒動以降は、中居正広、香取慎吾ら独立組4人のネガティブ情報をマスコミにリーク、それは解散が決定した現在でも続いている。

 そんなメリー副社長率いるジャニーズ事務所が“解散前”に一儲けを狙ってアルバムやらPV集を出すことに抵抗がないはずがない。

「しかし事務所とレコード会社ビクターエンタテインメントが何度もメンバーを説得、半ばゴリ押しに近い形でようやく実現したのです」(同前)

 その背景にもジャニーズ事務所のSMAPを最後までしゃぶりつくそうという商魂があった。

 それが独立騒動後に起こった『世界に一つだけの花』の購買運動だ。解散を阻止しようとファンたちが起こした購買運動だが、それは8月の解散決定以降も加速していった。8月18日の「オリコン・デイリーランク」で1位を獲得し、9月にはついに300万枚を突破するという異例の快進撃を続け、また9月19日放映の『30周年記念特別番組 MUSIC STATION ウルトラFES 2016』(テレビ朝日)で発表された「日本に影響を与えた曲ベスト100」でも1位にランキングされた。

 SMAPは通常のツアーでも動員100万人、総売上200億円と言われるグループだ。もし結成25周年ツアーとなればそれ以上の収益が見込まれていた。しかし、結局ツアーが行われることはなかった。

「事務所としては解散前にその代償としてベストアルバムとPV集の売り上げが是が非でも欲しかったのでしょう」(同前)

 国民的アイドルSMAPを解散に追い込んだ張本人であるジャニーズ事務所の浅ましい商魂。解散に追い込んでおきながら、彼らが生み出す利益だけは本人たちの意思に反し最後の最後までしゃぶり尽くすつもりのようだ。
(林グンマ)

最終更新:2017.11.12 02:47

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

SMAPベストアルバム発売が決定! メンバーは抵抗するも、利益をしゃぶり尽くすジャニーズ事務所の商魂のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPジャニーズ中居正広林グンマ香取慎吾の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
2 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?
3 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
4 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
5 高橋洋一ら安倍応援団が特区ビジネス
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
8 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
9 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
10 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
11 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
12 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
13 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
14 外務省「旭日旗」正当化のインチキ!
15 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
16 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
17 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
18 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
19 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
20 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
1 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
5 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
6 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
8 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
9 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
10 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
11 河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
12 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
13 高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
14 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
15 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄