言論弾圧発言したあの安倍チルドレン議員は“DV男”だった! 元愛人が暴行を告発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
inouetakahiro_150719.jpg
井上たかひろ公式サイトより


「マスコミを懲らしめろ」「スポンサーにならないのが一番」「経団連に働きかけをしてほしい」

 自民党の勉強会「文化芸術懇話会」で飛び出した言論弾圧発言は、いま、読み返しても、愕然とさせられるものだが、その発言者のひとりが福岡一区選出の井上貴博衆議院議員。安倍首相の強い推薦で2012年の総選挙に初出馬した典型的な安倍チルドレンだ。井上議員は同会で大西英男議員の「マスコミを懲らしめる」「経団連に働きかけをしてほしい」発言を受けて、意気揚々とこう語っている。

「福岡の青年会議所理事長のとき、マスコミをたたいたことがある。日本全体でやらなきゃいけないことだが、スポンサーにならないことがマスコミはいちばんこたえる」

 さすが、こんな発言を平気でするだけあって、ここにきてその井上議員に次々とスキャンダルが浮上している。

 まずは、政治資金問題。井上議員が衆議院議員として初当選した12年、寄付金1300万円を収支報告書に記載していなかったことが判明し政治資金オンブズマンのグループから、公選挙法違反容疑で福岡地裁に告訴状を提出された。

 さらに、追い打ちをかけたのが、元愛人の告発だった。

「確かに私は貴博さんの愛人でした」

 こんな衝撃の告白したのは井上議員の元愛人の「真央さん」だ。真央さんは現在、福岡市でホステスをつとめる現在40代前半の女性だが、言論弾圧事件を受けるかたちで「週刊新潮」(新潮社)7月16日号の取材に応じ、15年前の井上議員との愛人関係を赤裸々に語っている。しかもそれはDVも伴う壮絶なものだった。

 1994年、博多で芸妓をしていた真央さんは、とあるパーティで井上議員(出馬以前で、当時は福岡青年会議所理事)と出会ったという。妻子がいた井上議員だが、真央さんと何度かデートを重ねた後「俺と付き合っちゃらん?」と言われ愛人関係になった。

「逢瀬の場所は博多湾に面した高級ホテル。多い時は週に4、5回は泊まっていたと言う」(週刊新潮より)

 井上議員は祖父、父ともに政治家であり、地元では名家として知られる一族の御曹司。当時から羽振りの良さが窺えるが、しかし2人の関係はほどなく妻の知るところとなり、修羅場となったという。

「ある日の朝、ホテルの部屋の電話が鳴りました。貴博さんが出たら、何と奥様」(同前)

 井上議員がホテル使用の際、カードを使用していたが、その明細で妻バレしてしまったのだ。そのことで喧嘩も頻繁になり、井上議員に平手で殴られた真央さんは井上の実家に電話、2人は実家に呼び出され、井上議員は父親から殴る蹴る制裁を加えられ、真央さんは800万円の小切手と誓約書を書かされたという。

 妻に関係がバレると愛人に暴力を振るう。そのことで実家に呼び出され父親に叱責される――。当時、井上議員は30歳過ぎだったが、呆れるほどのドラ息子ぶりだ。しかも2人はその後も別れず、こっそりと市内のマンションを借りて不倫関係を続けたが、関係は悪化の一途を辿ったようだ。

「だんだん家賃の支払いが遅くなり、そのことを言うと“なんで金のことばっかり言うとか!”とまた暴力。あるときなんかは、殴られたあと顔を踏みつけられもしました。顔に大きな痣が出来て、しばらくは買い物にも行けなかった」(同前)

 その後の 2000年4月に井上議員は福岡県議会選挙に出馬することを理由に真央さんに別れ話を切り出し、真央さんはそれを了承したという。

 なんという身勝手で横暴で下劣な男なのだろう。おまけにDVとは……。マスコミの批判を封じ込めたいと言ったのは、自分自身がこうした「すねにある傷」をつつかれたくなかったからといわれもしようがないだろう。

 しかも、これはけっして井上議員だけの問題ではない。“安倍チルドレン”と呼ばれている若手議員の中には、同じような下劣な体質をもっている政治家が決して少なくない。自分の恵まれた立場になんの疑問も持たず、他人を平気でモノ扱いし、知性も教養もなく、民主主義のことなど何もわかっていない。そんな連中が世襲特権に乗っかって、我が物顔で永田町をのし歩き、民主主義の根幹である言論の自由や日本が戦後、守ってきた平和憲法を潰しにかかっているのだ。日本はほんとうにとんでもない国になったと言うしかない。
(伊勢崎馨)

最終更新:2015.07.20 09:58

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

言論弾圧発言したあの安倍チルドレン議員は“DV男”だった! 元愛人が暴行を告発のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。伊勢崎馨愛人自民党の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
2 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
3 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
6 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
7 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
8 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
9 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
10 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
11 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
12 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
13 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
14 竹中平蔵が「収入が上がらない」という悩みに童貞差別的説教
15 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
16 菅首相=権力快感おじさんを証明する発言と実例総まくり
17 菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
18 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
19 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
20 オリラジの吉本興業退所でマスコミが触れない松本人志をめぐる圧力
1 菅首相が官房機密費87億円を自分に支出 総裁選出馬前日に9000万円
2 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
3 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
5 感染者560人! 吉村知事の「感染拡大が抑えられている」に非難殺到
6 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
7 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
8 菅義偉首相の言い訳がホラー「専門家が年末年始に感染者が少なくなると」
9 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
10 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
11 菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
12 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄