ただの下ネタ『ドキュメンタル』を「本物の笑い」という松本人志、宮迫博之、フジモンの勘違いぶり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
documental_180408_top.jpg
アマゾンプライム・ビデオHPより

 アマゾンプライム・ビデオで配信されている『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』。現在は昨年12月に公開されたシーズン4が最新シーズンとなっているが、これまでだいたい4カ月〜5カ月のスパンで更新されていることから、そろそろシーズン5が配信されるのではとファンからは期待を寄せられており、その熱は、パチンコ店でのイベントに出演した狩野英孝が『ドキュメンタル』のTシャツを着ていたというだけで、「シーズン5の出演者には狩野英孝がいるのでは?」とネットで話題となったほど加熱している。

 そんななか、「CUT」(ロッキング・オン)2018年4月号が『ドキュメンタル』特集を展開。シーズン1、2、4に出演した藤本敏史(FUJIWARA)と、シーズン4に出演した宮迫博之(雨上がり決死隊)がインタビューに応えている。

 そのなかで宮迫は、地上派のテレビではMCを担当するような地位にいるのにも関わらず敢えて『ドキュメンタル』に参戦したのは、「たまにTwitterとかで『ネタもやらずに……』みたいな、心ない書き込みがあるんですよ」といった自身の置かれている状況に一石を投じるためであるとしながら、このように思いを語っている。

「デビュー当時から戦って戦って今があるっていう歴史があるんやって、ちょっと見返したい気持ちもありました。面白くないやつがバラエティの司会にはなれないですからね」

 藤本もまた『ドキュメンタル』について、「あそこではほんとにお笑いやってるっていうのを感じる」「自分の今まで培ったお笑い力をそこで全部ぶつけるって言っても過言ではない感覚がありますよ」と自信をのぞかせつつ、『ドキュメンタル』こそが、いま現在最も芸人の真価を届けることのできるバラエティ番組であると述べる。

「ちょっと攻めたバラエティ番組はどんどん肩身が狭くなってる中で、『ドキュメンタル』は、ほんとのお笑いの力が如実に表れるのが面白いなぁと思います」

 2人とも、なにか『ドキュメンタル』こそが「本物のお笑いを追求する場所」みたいな言い方をしているが、これ、そんな上等なものなのか。実際に番組を見たら、松本が後輩たちに体を使った“下ネタ”を強要するホモソーシャル丸出しの体育会宴会芸としか思えない。

 しかも、その下ネタがえぐすぎるものだ。たとえば、シーズン2では、裸になった小峠英二(バイきんぐ)が掃除機に男根を吸わせて悶絶。シーズン3ではさらに過激化し、春日俊彰(オードリー)が局部の皮を伸ばしてそのなかに人形を入れたり、性感マッサージ嬢に扮した秋山竜次(ロバート)がケンドーコバヤシのパンツのなかに手を入れて局部をしごいたりというようなネタまで放送された。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ただの下ネタ『ドキュメンタル』を「本物の笑い」という松本人志、宮迫博之、フジモンの勘違いぶりのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ドキュメンタル宮迫博之松本人志編集部藤本敏史の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
7 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
11 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20 財務次官セクハラが海外メディアでも