吉川晃司がICAN無視の安倍政権を真っ向批判! 核兵器禁止条約に反対する暴挙に「戦争はまだ終わっていない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
吉川晃司がICAN無視の安倍政権を真っ向批判! 核兵器禁止条約に反対する暴挙に「戦争はまだ終わっていない」の画像1
吉川が核廃絶を訴えた『NNNドキュメント'17』(HPより)


 日本時間12月10日夜、ノルウェー・オスロで行われた核兵器禁止条約締結の推進役となった国際NGO・核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のノーベル平和賞授賞式。広島での被曝体験を語り継いできたサーロー節子さんによる「核兵器は必要悪ではありません。絶対悪なのです」との演説に、世界中で改めて共感と感動の声が上がった。

 しかし、世界で唯一の被爆国である日本は違った。本来であれば、ICANの活動を応援し、核兵器廃絶を推進する役割を担うべきであるが、現在の日本政府はそれとは真逆の方向へ突き進んでいる。

 実際、カズオ・イシグロ氏の文学賞受賞にはお祝いコメントをすぐさま出した安倍首相は、一転、ICANの平和賞受賞には、一切の祝福コメントを出していない。

 さらに、11日の定例記者会見でICANの受賞について質問が及んだ菅義偉官房長官は、核兵器禁止条約について「我が国のアプローチと異なるものであり、署名、批准は行わない考え」と強調。サーロー節子さんが訴えた「あなたたちの行動こそ重要であることを知りなさい」という言葉に、耳を傾ける姿勢をまったく見せなかった。

 こうした日本政府の対応には世界中から多くの非難が寄せられたが、日本の多くのメディアはほとんど批判していない。それどころか、安倍政権を忖度してこの話題を徹底的に無視している始末だ。

 しかし、そんななか、安倍政権の核廃絶に逆行する姿勢に対し、かねてより怒りを表明しているミュージシャンがいる。

 それは、吉川晃司だ。吉川といえば、俳優として活躍中の一方、ミュージシャンとしても大きな存在感を示し続けており、本日放送される『2017 FNS歌謡祭 第2夜』(フジテレビ)では、世良公則とコラボでパフォーマンスする特別企画に参加。話題を呼んでいる。

 そんな吉川だが、政治的な問題にも踏み込む発言をたびたびしてきた。そのひとつが、8月6日深夜に放送された『NNNドキュメント 4400人が暮らした町~吉川晃司の原点・ヒロシマ平和公園~』(日本テレビ)での「核兵器禁止条約」に関する発言だろう。先述のとおり「核兵器禁止条約」はICANや広島・長崎の被爆者たちが締結に向け推進役を担っていたものだが、2016年10月国連総会第1委員会において「核兵器禁止条約」に向けた交渉を2017年にスタートさせる決議が賛成多数で採択された。にもかかわらず、唯一の戦争被爆国である日本の安倍政権はこの議決に米露英仏の核保有国などとともに反対。この核廃絶を妨害するような安倍政権の対応を、吉川は真っ向批判したのである。このように怒りをぶちまけていた。

「やっと世界中が核に対してね、『ノーと言おうよ』って手をあげたなかで、なぜ日本はそうしないのかという。だから、『戦争終わってないよね』と思っちゃうわけですよ」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

吉川晃司がICAN無視の安倍政権を真っ向批判! 核兵器禁止条約に反対する暴挙に「戦争はまだ終わっていない」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ICANノーベル平和賞反核吉川晃司新田 樹核禁止条約の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 ほっしゃんの反差別にウーマン村本が
2 安倍「杉原千畝は誇り」発言は帝国主義賛美
3 吉永小百合、声をあげることへの覚悟
4 小倉智明、坂上忍がセクハラ告発を抑圧
5 孤立?ももクロ有安を精神分析
6 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
7 松本人志が黒塗り問題で逃げと責任転嫁
8 異常!安倍が慰安婦問題を理由に五輪欠席
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
11 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
12 社内メールの語尾に“ござる”で解雇!
13 ICAN無視の安倍政権に吉川晃司が
14 X JAPAN、TAIJIの死の謎
15 「SAPIO」反日バッシングの異常
16 黒柳徹子が琉球新報に平和メッセージ
17 安倍自民が名護市長選で卑劣な札束攻撃
18 西原理恵子が高須院長とヘイトデモ応援
19 国有地疑惑の日本航空学園“極右教育”
20 ウーマンが『THE MANZAI』で怒涛の政治ネタ
1元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
2国有地疑惑の日本航空学園“極右教育”
3NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
4安倍と会食した三橋貴明がDVで逮捕!
5吉永小百合、声をあげることへの覚悟
6ビートたけしも安倍の接待番組
7安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
8安倍がネットでヘイト女性と意気投合
9西原理恵子が高須院長とヘイトデモ応援
10加計学園に国民の血税投入の新疑惑!
11「SAPIO」反日バッシングの異常
12安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
13安倍「杉原千畝は誇り」発言は帝国主義賛美
14日立原発支援政策は“お友だち優遇”
15『相棒』が安倍官邸の謀略体質を批判
16安倍自民が名護市長選で卑劣な札束攻撃
17ダウンタウン『笑ってはいけない』黒塗り擁護の嘘
18異常!安倍が慰安婦問題を理由に五輪欠席
20ほっしゃんの反差別にウーマン村本が

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

ブラック企業被害対策弁護団

連載一覧へ!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」