ノーベル賞受賞、カズオ・イシグロが評論家の“ネタバレ自粛”に疑義!「私の作品はミステリーではない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
bungakukai_01_171209.jpg
「文學界」(文藝春秋)2017年12月号

 明日10日はノーベル賞の授賞式だが、日本では文学賞を受賞したカズオ・イシグロがブームだ。書店では過去の作品の品切れが相次ぎ、さまざまなメディアでもカズオ・イシグロ特集が組まれている。

 そんなカズオ・イシグロだが、「文學界」(文藝春秋)2017年12月号掲載のインタビュー(「文學界」06年8月号からの再録)で興味深いことを語っていた。

 小説における「ネタバレ」に関する提言である。

 2005年に出版され、10年にはアンドリュー・ガーフィールドやキーラ・ナイトレイらの出演で映画化、そして、昨年には綾瀬はるか主演によりTBSでドラマ化されている『わたしを離さないで』(早川書房)。

 この作品は人間の臓器移植のために作られたクローン人間を描いた近未来SFだが、主人公たちがクローン人間であることは物語の途中まで明らかにされない構造となっている。

 そういった物語の構成をもっているがゆえに、メディアではその「種明かし」が作品の肝であるかのように誤解されてしまった。実際、日本の書評やプロモーション記事では主人公たちがクローン人間であることなどは徹底して隠されていた。

 また、ノーベル賞受賞の報を受けて、彼の代表作のひとつとして『わたしを離さないで』を紹介したニュース番組もいくつかあったのだが、そこで「クローン人間」という言葉を使った番組がネットで叩かれるといった事態も起きている。出版から10年以上の時が経っているのにも関わらず、である。

 しかし、このような読まれ方はカズオ・イシグロの本意ではなかった。彼は「文學界」のインタビューで記者から『わたしを離さないで』の構成について、「途中で、読者に種明かしをしますが、いつそれをするかが、かなり重要だと思います。いつ種明かしするかについてどれほど熟考しましたか」と質問されると、このように答えた。

「私はそれほど意識的にそのことを考えませんでしたね。自分にとってはそれほど重要ではなかったからです。これは、慎重に隠さなければいけない決定的な情報がある、殺人ミステリーではありません。本を出版して初めて、多くの読者がミステリアスだと思ったことに気づいたのです。特に書評家が、書評を書くときに、どれだけ明かしたらいいのか、悩んだことに気づいたのです」

 そして彼は「サスペンス性がそれほど大きな問題になることがわかっていたら、もっと最初の方で事実の部分を明かしていたかもしれません」とまで語る(実際、映画化された際は、映画の冒頭でクローン人間であることはあらかじめ明かされている)。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ノーベル賞受賞、カズオ・イシグロが評論家の“ネタバレ自粛”に疑義!「私の作品はミステリーではない」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。カズオ・イシグロノーベル賞文学町山智浩編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 日大附属アメフト部出身のオードリー沈黙の理由
2 「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
3 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
4 高プロ法案の強行採決を許すな!
5 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
6 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
7 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
8 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
9 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
10 「不倫学」が教える防止策とは?
11 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
12 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
13 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
14 日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
15 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
16 『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
19 愛川欽也が「安倍に殺される」と
20 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3安倍の加計との面会否定が信じられない理由
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
6産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
8NHK岩田、櫻井よしこが「良い独裁もある」
9 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
10のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
11安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
12日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
13安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
14星田、村本、博士がデモ批判に反論
15山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
16高プロ法案の強行採決を許すな!
17石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
18弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19柳瀬秘書官の参考人招致は嘘と詭弁だらけ
20「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?