『5時に夢中!』はタブーと戦うのをやめた? 大川貴史Pが「忖度しないと生きていけないなら、忖度もする」と発言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
『5時に夢中!』はタブーと戦うのをやめた? 大川貴史Pが「忖度しないと生きていけないなら、忖度もする」と発言の画像1
TOKYO MX公式HPより


「言論の自由」を番組テーマに掲げ、いまやTOKYO MXの看板番組ともなった『5時に夢中!』。

 マツコ・デラックスやミッツ・マングローブといった毒舌タレントをテレビの世界に引っ張り出した番組としても知られており、もしも『5時に夢中!』という番組が存在しなかったら、いまのテレビ業界の分布図はまったく違うものになっていただろうとも評されている。

 そんな『5時に夢中!』の立ち上げプロデューサーである大川貴史氏がTOKYO MXの制作局長に昇進。「TV Bros.」(東京ニュース通信社)2017年7月15日号には、出世を記念しての大川氏へのインタビューが掲載されているのだが、それを読んでみると、「言論の自由」を掲げる番組のトップとは思えぬ、いささか残念な発言のオンパレードなのであった。大川氏はこのように語る。

「若い頃は純粋で、クリアで、そのものズバリ核心を突いてどうにかしようとするけど、でもそれでは変えられない。だから俺は社会正義を持って、忖度しないと生きていけないなら、忖度もするガハハ」
「結局さ、ルールに則っていないとやりたいこともできないんだよ。若い頃はこのルールを知らなかった。今なら知ってる…とは言い切れないけど、なんとなく感じることができるようになった」

 この発言だけでもう「変わっちまったな……」といった感じだが、大川氏の発言はまだまだ止まらない。

『5時に夢中!』の魅力といえば、下世話さだ。他のワイドショーであればそもそも取り扱わなかったり、取り扱ってもコメンテーターは穏便な発言で済ませるようなゴシップネタにも、『5時に夢中!』は堂々と斬り込んでいく。そこだけは変わらないでほしかったのだが、大川氏はこのように語っている。

「そもそもアグレッシブさって何だ?って話なんだよ。安易なゴシップに首を突っ込んでいた人たちもみんなそれぞれ大人になるわけで、ゴシップだけが楽しいとはならなくなるよね」
「周囲を取り巻く状況も変わっていく中で、自分の考えも、求められることも変わっていくし、それにだんだんできることと、できないことがわかってくる。悲しいかな、分別がついちゃう」
「背負ってるものも、12年前とは全然違うんだもの。これで食ってる人だっているんだから。今の自分は『番組が明日からなくなっていーや』にはならない。長く続けていくことに意味を感じている」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

『5時に夢中!』はタブーと戦うのをやめた? 大川貴史Pが「忖度しないと生きていけないなら、忖度もする」と発言のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。5時に夢中5時に夢中!TOKYO MXマツコデラックス大川貴史編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
4 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
14 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 原発広告に文化人や芸能人が
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
19 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
20 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画