藤井聡太四段の影で…プロ棋士めざす子どもたちが直面する壮絶な現実! 挫折して精神を病む者、新興宗教に走る者も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
shouginoko_01_170701.jpg
『将棋の子』(講談社文庫)

 藤井聡太四段の勢いが止まらない。デビュー戦から無敗を保ち続け、6月28日には公式戦連勝記録を29にまでのばして30年ぶりに記録を塗り替えた。7月2日には、30連勝の大台をかけた対局が行われる予定で、まだまだこの熱狂は続きそうだ。

 しかし、この天才中学生へのスポットライトの一方で、同じように“天才”“神童”と言われた多くの子どもたちが、途中で挫折し、将棋界を去っていることをご存知だろうか。その過酷さは凄まじく、ときに精神を蝕まれてしまうケースもあるほどだという。

 プロ入りを希望する子どもたちは、まず、奨励会という日本将棋連盟のプロ棋士養成機関に入り、そのなかで昇級昇段していく。そして、三段になったら、1年に2度開かれる奨励会三段リーグに参加することができるようになり、そこで勝ち進んだ上位2名のみが四段に昇格。ここまできてようやくプロとして認められる。つまり、原則的には、1年にたった4人しかプロの棋士は生まれないということになる。

 これだけでも、かなり厳しいハードルだが、彼らを追い詰める決定的なものがある。それは、タイムリミットだ。

〈満23歳(※2003年度奨励会試験合格者より満21歳)の誕生日までに初段、満26歳の誕生日を含むリーグ終了までに四段になれなかった場合は退会となる。ただし、最後にあたる三段リーグで勝ち越しすれば、次回のリーグに参加することができる。以下、同じ条件で在籍を延長できるが、満29歳のリーグ終了時で退会。〉(日本将棋連盟ホームページ記載の奨励会規定より)

 その結果、地元では「神童」や「天才」の名をほしいままにしてきた子どもたちが、年齢制限までに諸条件をクリアすることができず、失意を胸に奨励会を退会せられるということが日常的に繰り返されている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

藤井聡太四段の影で…プロ棋士めざす子どもたちが直面する壮絶な現実! 挫折して精神を病む者、新興宗教に走る者ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新田 樹羽生善治藤井聡太の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
4 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
11 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
12 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
13 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画