幻冬舎の依頼で指原莉乃が小説を執筆!? 文壇バーの取材で浮き彫りになった指原と文化人の食い合わせの悪さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
幻冬舎の依頼で指原莉乃が小説を執筆!? 文壇バーの取材で浮き彫りになった指原と文化人の食い合わせの悪さの画像1
フジテレビHPより

幻冬舎の依頼で指原莉乃が小説を書くも、あえなく頓挫

 本日5月11日、又吉直樹の芥川賞受賞後第一作となる小説『劇場』(新潮社)が出版された。又吉の成功を受けてか、今年3月には徳井健太(平成ノブシコブシ)や板倉俊之(インパルス)、福徳秀介(ジャルジャル)といった吉本芸人の短編小説を掲載したムック本『文藝芸人』(文藝春秋)が出版されるなど、出版界は売り上げを見込める新たな芸能人小説家を生み出そうと躍起だ。

 そんな状況に先駆けて、実は、あるアイドルにも小説執筆の依頼が来ていたらしい。そのアイドルとは、HKT48の指原莉乃。それが明らかになったのは今月7日深夜に放送された『真夜中』(フジテレビ)だった。

 この『真夜中』は、リリー・フランキーと指原が銀座の高級クラブや新宿二丁目のゲイバーなど夜の街を散策し、大人の世界のマナーを指原に教えていくという番組だが、この日の舞台は、新宿にある文壇バー・猫目だ。

 その場にいたのは評論家の坪内祐三氏をはじめ、元「en-taxi」(扶桑社)編集長で『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』(扶桑社)の編集を担当した壱岐真也氏、「女子SPA!」(扶桑社)編集長の増田結香氏、「週刊ポスト」(小学館)編集長の飯田昌宏氏、新潮社の金寿煥氏や江木裕計氏といった錚々たるメンツだった。

 そんな出版界の有名人だらけの空間で、リリーがこう切り出したのだ。

「指原もいずれさ、本出すじゃん、絶対。そしてね、お前、本出すとき絶対、幻冬舎から出すと思う」

 店内は大爆笑になったが、それはリリーが名指しした幻冬舎と、AKBグループの総合プロデューサーである秋元康が極めて親密な関係にあるからだ。その関係はたとえば2015年に流出した安倍首相との「組閣ごっこ写真」で、幻冬舎の見城徹社長と秋元氏が安倍首相の左右の脇を固めていたことでも明らかだが、実際、乃木坂46・白石麻衣の『清純な大人』や同じく齋藤飛鳥の『潮騒』といった写真集をはじめ、秋元康プロデュースのアイドルの書籍が多数幻冬舎から出版されている。また、売り上げの見込みが立ちやすい写真集だけでなく、昨年には見城氏自身が高く評価しているNMB48・須藤凜々花による哲学書『人生を危険にさらせ!』といったニッチな本まで幻冬舎から刊行された。

 そうした流れを受けてのリリーの幻冬舎名指しだったわけだ。指原自身はなぜこの発言が大爆笑(しかも皮肉交じりの)を呼んだのかいまいちピンと来ていないようでキョトンとしていたが、逆に、この発言を受けこんな過去を告白し始めた。

「私、5年前に幻冬舎から小説出す予定だったんですよ。毎週、『(笑って)いいとも!』の楽屋に幻冬舎の編集の人が来てて、でも私が書けなくて頓挫させたんです。そのときブログも書いていて、文章を書いていることがすごく多くって」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

幻冬舎の依頼で指原莉乃が小説を執筆!? 文壇バーの取材で浮き彫りになった指原と文化人の食い合わせの悪さのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48指原莉乃文壇新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 室井佑月が立憲・辻元清美に注文連発
2 『ニュース女子』問題で水道橋博士が黒幕を指摘
3 松本が安倍と会食で“田崎スシロー”化
4 ICAN無視の安倍政権に吉川晃司が
5 松本人志「安倍擁護じゃない」どの口が
6 不正入札、リニア新幹線はアベ友利権だ
7 星野源が考える“新しい家族”とは
8 “国会王子”TBSの武田記者がDVで警察に
9 ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
10 富岡八幡宮殺傷事件犯人の日本会議活動
11 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
12 北九州一家殺害事件犯人の息子の証言
13 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
14 松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
15 百田尚樹が沖縄保育園事故を「捏造」と攻撃
16 さんま「戦争に税金使うな」と国税に抗議
17 安倍政権御用ジャーナリスト大賞
18 ICANノーベル賞授賞式を日本マスコミが無視
19 BPOが「ニュース女子」のデマ検証
20 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
1田崎とケントに自民党からカネが!
2さんま「戦争に税金使うな」と国税に抗議
3ICAN無視の安倍政権に吉川晃司が
4安倍が横田早紀江さんを無視している
5ICANノーベル賞授賞式を日本マスコミが無視
6 不正入札、リニア新幹線はアベ友利権だ
7山口敬之氏のスポンサーが逮捕された!
8松本が安倍と会食で“田崎スシロー”化
9昭恵の無神経と籠池夫妻の勾留長期化
10北朝戦争に”NO”を言わない安倍政権
11ペジー社・齊藤容疑者が櫻井よしこと
12生活保護カットで他の低所得者も困窮
13富岡八幡宮殺傷事件犯人の日本会議活動
14ノーベル賞授賞式で被爆者出席も安倍政権が
15富岡八幡宮、祖父は日本会議前身の中心
16百田尚樹が沖縄保育園事故を「捏造」と攻撃
17エルサレム問題で安倍がトランプのポチ
18 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
19大林宣彦「青春は戦争の消耗品ではない」
20BPOが「ニュース女子」のデマ検証

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

ブラック企業被害対策弁護団

連載一覧へ!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」