幻冬舎の依頼で指原莉乃が小説を執筆!? 文壇バーの取材で浮き彫りになった指原と文化人の食い合わせの悪さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
幻冬舎の依頼で指原莉乃が小説を執筆!? 文壇バーの取材で浮き彫りになった指原と文化人の食い合わせの悪さの画像1
フジテレビHPより

幻冬舎の依頼で指原莉乃が小説を書くも、あえなく頓挫

 本日5月11日、又吉直樹の芥川賞受賞後第一作となる小説『劇場』(新潮社)が出版された。又吉の成功を受けてか、今年3月には徳井健太(平成ノブシコブシ)や板倉俊之(インパルス)、福徳秀介(ジャルジャル)といった吉本芸人の短編小説を掲載したムック本『文藝芸人』(文藝春秋)が出版されるなど、出版界は売り上げを見込める新たな芸能人小説家を生み出そうと躍起だ。

 そんな状況に先駆けて、実は、あるアイドルにも小説執筆の依頼が来ていたらしい。そのアイドルとは、HKT48の指原莉乃。それが明らかになったのは今月7日深夜に放送された『真夜中』(フジテレビ)だった。

 この『真夜中』は、リリー・フランキーと指原が銀座の高級クラブや新宿二丁目のゲイバーなど夜の街を散策し、大人の世界のマナーを指原に教えていくという番組だが、この日の舞台は、新宿にある文壇バー・猫目だ。

 その場にいたのは評論家の坪内祐三氏をはじめ、元「en-taxi」(扶桑社)編集長で『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』(扶桑社)の編集を担当した壱岐真也氏、「女子SPA!」(扶桑社)編集長の増田結香氏、「週刊ポスト」(小学館)編集長の飯田昌宏氏、新潮社の金寿煥氏や江木裕計氏といった錚々たるメンツだった。

 そんな出版界の有名人だらけの空間で、リリーがこう切り出したのだ。

「指原もいずれさ、本出すじゃん、絶対。そしてね、お前、本出すとき絶対、幻冬舎から出すと思う」

 店内は大爆笑になったが、それはリリーが名指しした幻冬舎と、AKBグループの総合プロデューサーである秋元康が極めて親密な関係にあるからだ。その関係はたとえば2015年に流出した安倍首相との「組閣ごっこ写真」で、幻冬舎の見城徹社長と秋元氏が安倍首相の左右の脇を固めていたことでも明らかだが、実際、乃木坂46・白石麻衣の『清純な大人』や同じく齋藤飛鳥の『潮騒』といった写真集をはじめ、秋元康プロデュースのアイドルの書籍が多数幻冬舎から出版されている。また、売り上げの見込みが立ちやすい写真集だけでなく、昨年には見城氏自身が高く評価しているNMB48・須藤凜々花による哲学書『人生を危険にさらせ!』といったニッチな本まで幻冬舎から刊行された。

 そうした流れを受けてのリリーの幻冬舎名指しだったわけだ。指原自身はなぜこの発言が大爆笑(しかも皮肉交じりの)を呼んだのかいまいちピンと来ていないようでキョトンとしていたが、逆に、この発言を受けこんな過去を告白し始めた。

「私、5年前に幻冬舎から小説出す予定だったんですよ。毎週、『(笑って)いいとも!』の楽屋に幻冬舎の編集の人が来てて、でも私が書けなくて頓挫させたんです。そのときブログも書いていて、文章を書いていることがすごく多くって」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

幻冬舎の依頼で指原莉乃が小説を執筆!? 文壇バーの取材で浮き彫りになった指原と文化人の食い合わせの悪さのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48指原莉乃文壇新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権がデタラメ「働き方」法案強行採決
2 “日本大学のドン”の闇社会、警察人脈
3 日大附属アメフト部出身のオードリー沈黙の理由
4 日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
5 指原莉乃がセクハラをハニトラと
6 石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
7 高プロ法案の強行採決を許すな!
8 「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
9 幼稚園を突然クビに!理由なき解雇との戦い
10 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
11 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
12 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
13 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
14 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
15 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
16 前川喜平が安倍政権の愛国教育を批判
17 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
18 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
19 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
20 星田、村本、博士がデモ批判に反論
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3安倍の加計との面会否定が信じられない理由
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
6産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
8 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
9のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
10安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
11日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
12高プロ法案の強行採決を許すな!
13安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
14安倍政権がデタラメ「働き方」法案強行採決
15星田、村本、博士がデモ批判に反論
16山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
17石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
18弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
20“日本大学のドン”の闇社会、警察人脈
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?