吉田豪とあさの☆ひかりがグラビア&アイドル業界の搾取と枕事情を暴露!「愛人コースどう?」と

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
吉田豪とあさの☆ひかりがグラビア&アイドル業界の搾取と枕事情を暴露!「愛人コースどう?」との画像1
『何度か消されかけましたが、こりずに芸能界の裏側ぶっちゃけていいスか!?』(ぶんか社)

 裏ネタ系実話誌やネットで常に取り上げられ続ける、グラビアアイドルの枕営業疑惑や業界の大物との愛人契約の噂。

 そんな黒い噂をエッセイ漫画で暴露し続ける怖いもの知らずのグラドルがいる。2014年に出版した『芸能界の裏側ぶっちゃけていいスか!? 三十路グラドルのつぶやき』(ぶんか社)がヒットし一躍脚光を浴びた、グラドルで漫画家のあさの☆ひかりだ。

 あさのはグラドルとして活動する傍ら09年にマンガ家としてもデビュー。グラドルとしては、その翌年、「ヤンジャンぷるるんクイーン」に選ばれるといった異色の経歴をもつ。

『芸能界の裏側ぶっちゃけていいスか〜』では自身の経験を元ネタに、月200万円で愛人契約をもちかけられたこと、六本木の会員制キャバクラでの裏バイトに手を染めていたエピソード、業界関係者が集まる飲み会でAV女優としてスカウトされたことなどを赤裸々に暴露していた。その生々しさは吉田豪をして「どうせネットのウワサだけで描かれているようなものだろ、ってなめてかかって前作を読んだら、リアリティーが尋常じゃなくて」と言わしめるほどである。

 そんな彼女が最近、新著『何度か消されかけましたが、こりずに芸能界の裏側ぶっちゃけていいスか!?』(ぶんか社)を出版した。前作に引き続き、今作でも通常は表に出ることのないグラドルたちの裏の生活が暴露されている。

 そのなかでもとりわけ強烈なのがFC2のライブ配信で稼いでいたエピソードだ。わいせつ動画投稿で逮捕者も出ているこのサイトだが、同書では彼女がFC2の2ショットチャットで男性の自慰行為を見るなどの裏バイトをし、なんとか生活費を捻出するくだりが出てくる。この件についてあさのは、『何度か消されかけましたが〜』におさめられた吉田豪との対談でこのように語っている。

「F●2のいいところは、顔は見せずに、恥部を見せるだけでお金を稼げるんですよ。だから売れないグラドルの子とかが、バレないようにやっているらしくて。視聴者数さえあれば、2時間で40万円とか普通に稼げたりするんですよ」
「だから私、ホントにお金がなくなった時は、実際それで稼いでいました。(中略)ホントF●2に助けてもらって……総合6時間くらいで、150万円以上稼いでいると思います」

 しかし、彼女たちはなぜこんな危ない橋を渡らなければならないのだろうか。それにはまず、グラドル不況が長く続くこの時代、とにかく仕事がお金にならないことがあげられる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

何度か消されかけましたが、こりずに芸能界の裏側ぶっちゃけていいスか!?

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

吉田豪とあさの☆ひかりがグラビア&アイドル業界の搾取と枕事情を暴露!「愛人コースどう?」とのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。吉田豪新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
9 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
10 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
12 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
18 原発広告に文化人や芸能人が
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画