りゅうちぇるの激論番組での意見が真っ当すぎる! 空気を読んだ保守的主張だらけの中で多様性を肯定し続ける勇気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 カジノについても「ずっと怖いイメージ」と反対を主張。共演していたカジノ推進派の堀江貴文がカジノの誘致先として「沖縄推し」と発言すると、沖縄出身のりゅうちぇるはすぐさま「なんでよー!」と不満そうに抵抗。ホリエモンが沖縄にカジノができるメリットを語るも、「つくるとしたら、無人島、日本の無人島。本当に何かがあったときのこと考えても、何も迷惑をかけない。何もなかったところにポンと建てて、みんなが週末お休みをもらって船とかで行けるような距離感がいいな」と沖縄にカジノはいらないとブレることなく主張した。

 外国人労働者がテーマの回で「日本的な職業は日本人がやるべき!」というアジェンダにも、坂上やブラマヨ吉田が「賛成」を主張するなか、りゅうちぇるはやはり「反対」。「なんか、普通にここにある中華料理店とかイタリア料理店も全然日本人がやってるし、普通においしいし。だから、そういうの(日本的な職業は日本人がやるべきというような考えは)古いと思う」とフラットに意見した。

 この真っ当さ。しかしこうした差別や排除を拒否する、ごくごく当たり前の意見が、批判されるのがいまの世の中だ。当然ながら、りゅうちぇるも「お花畑」「甘い」「バカが思いつきで言ってるだけ」などと批判、炎上にさらされている。

 たとえば、「竹島、半分こ」に対して「お花畑」「じゃあ、ぺこを半分こしてみろ」と批判されたのはもちろん、いじめ加害者の実名報道反対についても「甘い」「いじめの現実がわかっていない」などとかなり激しく批判され、それを報じたネットニュースでも「いじめの認識が甘かったようだ」などとまとめられていた。

 しかし、本当にそうなのだろうか。りゅうちぇるの発言をあらためて丁寧に読み返してみると、いい子ぶってるわけでも、決してただの思いつきで言っているわけでもないことがわかる。

 前述したように、りゅうちぇるの意見は、説教オヤジ・坂上や、『そこまで言って委員会』脳に染まったブラマヨ吉田と、ことごとく対立し、坂上・吉田に支配されるスタジオ全体の空気のなかでも孤立している。いじめ加害者実名報道問題のときなどは、スタジオ全体から激しく反論されていた。そうした空気になったとき、この番組に限らず、その反論に抗えず意見を変えてしまったり、あいまいに終わらせたり、黙ってしまうコメンテーターも多い。しかし、りゅうちぇるは違う。かなりキツい調子で反論されても、孤立しても、意見がブレることはない。しかも、一方的に自分の主張を繰り返すだけでなく、反対派に自分の意見が届くように角度を変えたり、枠組みをずらしたりしながら、さらに丁寧に再反論してみせるのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

りゅうちぇるの激論番組での意見が真っ当すぎる! 空気を読んだ保守的主張だらけの中で多様性を肯定し続ける勇気のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。りゅうちぇるモデル吉田敬坂上忍好きか嫌いか言う時間本田コッペの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 古市憲寿が安倍との会食に失笑言い訳
2 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
3 平昌五輪出席問題で安倍が二枚舌!
4 百田尚樹「朝日読者も日本の敵」発言のヤバさ
5 公取委がタレント独立阻む契約を違法認定
6 安倍首相「沖縄は我慢して受け入れろ」
7 山口敬之が補助金交付関与の新証言
8 ほっしゃんの反差別にウーマン村本が
9 孤立?ももクロ有安を精神分析
10 小倉智明、坂上忍がセクハラ告発を抑圧
11 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
12 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
13 アンゴラ村長「顔や生まれ蔑む笑い」批判
14 葵つかさが「松潤とは終わった」と
15 安倍首相「芸能人との会食」は改憲目的!?
16 吉永小百合、声をあげることへの覚悟
17 安倍「杉原千畝は誇り」発言は帝国主義賛美
18 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
19 辛坊治郎が「土人」発言擁護でデマ!
20 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
1国有地疑惑の日本航空学園“極右教育”
2吉永小百合、声をあげることへの覚悟
3安倍首相「芸能人との会食」は改憲目的!?
4安倍首相「沖縄は我慢して受け入れろ」
5山口敬之が補助金交付関与の新証言
6安倍「杉原千畝は誇り」発言は帝国主義賛美
7加計学園に国民の血税投入の新疑惑!
8河野太郎の「安倍の犬」化が止まらない!
9ほっしゃんの反差別にウーマン村本が
10「SAPIO」反日バッシングの異常
11日立原発支援政策は“お友だち優遇”
12安倍自民が名護市長選で卑劣な札束攻撃
13異常!安倍が慰安婦問題を理由に五輪欠席
14公取委がタレント独立阻む契約を違法認定
15小倉智明、坂上忍がセクハラ告発を抑圧
16百田尚樹「朝日読者も日本の敵」発言のヤバさ
17松本人志が黒塗り問題で逃げと責任転嫁
18古市憲寿が安倍との会食に失笑言い訳
19 浅田真央ブームとネトウヨ増殖の関係
20社内メールの語尾に“ござる”で解雇!

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

ブラック企業被害対策弁護団

連載一覧へ!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」