ハロコンからつんく♂楽曲が激減! アップフロントによる「つんく♂切り捨て」の動きはやはり事実だったのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
tsunku_170108.jpg
『だから、生きる。』(新潮社)

 毎年、年始と初夏に行われているハロー!プロジェクトメンバー総出演のコンサートツアー、通称「ハロコン」。今年も、1月2日に中野サンプラザで行われた「Hello! Project 2017 WINTER ~Crystal Clear~」を皮切りにスタートした。

 嗣永桃子にとってハロプロ卒業&芸能界引退前最後、そして、ハロプロリーダーに和田彩花(アンジュルム)が就任してから初めてのハロコンであり、モーニング娘。’17は13期生が入っての新体制でパフォーマンスしたりと話題には事欠かない幕開けとなった。しかし、その一方で、このハロコンに関し、ひとつ残念なニュースが駆け巡っている。

 セットリストからつんく♂が関わった曲が急激に減っているというのだ。

 例年通り、今回のハロコンも公演内容は2パターン用意されている。ひとつは初日公演に選ばれた「Hello! Project 2017 WINTER ~Crystal Clear~」、そしてもうひとつがメドレーを中心に構成された「Hello! Project 2017 WINTER ~Kaleidoscope~」だ。

 現在、このうち「Hello! Project 2017 WINTER ~Crystal Clear~」のセットリストをめぐってファンからブーイングが起きている。この公演では全部で26曲歌われるのだが、そのうちつんく♂曲はたった8曲なのである。その情報を受けてネットにはこのような言葉が次々に書き込まれた。

〈これはもはやハロプロではない〉
〈そのうちつんく曲は1曲もなくなるんだろなぁ〉
〈俺はもう情けなくて涙も出てこんわ どいつもこいつもつんくの恩を忘れやがって〉

 実はこの動き、今年になっていきなり始まったものではない。その前から着々とその傾向は進んでいた。1年前の冬ハロコン「Hello! Project 2016 WINTER ~DANCING!SINGING!EXCITING!~」(この年は例外的に公演内容は1つしか用意されていない)では、回によって替わるシャッフル曲やダンス曲などを除いた27曲中、つんく♂が関わった曲はわずか14曲だった。

 つんく♂がハロプロの総合プロデューサーを退いたのは2014年の10月だが、それからまだ何年も経っていないにも関わらず、この激減っぷりにはなにか裏の思惑があるのではと思わずにはいられない。

 確かに、彼が総合プロデューサーを退いてからは外部の作詞家や作曲家の起用が盛んに行われ、現在のハロプロはつんく♂だけが楽曲提供を行うといった環境ではない。新曲中心にセットリストを組もうとするとつんく♂楽曲の割合が減るのは当然のことではあるが、それでも昨年だけでも彼はJuice=Juice(NEXT YOU)、モーニング娘。’16、アンジュルム、℃-uteにそれぞれ楽曲を提供している。ここまで急激に曲数が減るのは不可解だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ハロコンからつんく♂楽曲が激減! アップフロントによる「つんく♂切り捨て」の動きはやはり事実だったのかのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。つんく♂アップフロントハロープロジェクト新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
3 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
7 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 麻生太郎が愛人の店に2360万円
11 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
12 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
13 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 財務次官セクハラが海外メディアでも
17 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
18 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
19 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 財務次官セクハラが海外メディアでも