『SMAP×SMAP』最終回、SMAP最後の日に捧ぐ

この寂しい最後こそSMAPの誠実さだ! 他の“ビジネス仲良しグループ”とは違った5人の本物の関係、そして…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
smap_01_160118.jpg
“SMAP”としての5人を見ることが出来るのは、今日で最後


 本日、ついに『SMAP×SMAP』(フジテレビ)が20年9カ月の幕を下ろす。SMAPは『NHK紅白歌合戦』への辞退を発表しており、きょうの放送が事実上、SMAP最後の姿となる。

 しかも、きょうの『SMAP×SMAP』では生放送パートはなし、さらにはラストメッセージさえもないとスポーツ紙は報道。12月1日収録で「世界に一つだけの花」を歌唱したといい、歌い終わると中居正広が肩をふるわせて号泣したと伝えられているが、これがきょうのラスト、SMAPの最後を飾る可能性は高い。

 国民的アイドルグループとして芸能史を変えた彼らが打つ終止符と考えると、あまりに寂しすぎる最後──。だが、木村拓哉以外の4人にとって、これが嘘偽りのないSMAPのいまのかたちであり、「SMAPのドキュメント番組」でもあった『SMAP×SMAP』の最後にふさわしいはずだ。

 というのも、彼らはビジネスで「仲の良いふり」をしているグループとはまったく違い、ほんとうに「仲が良かった」ゆえに、演技して関係を取り繕うことができないからだ。

 たとえば、現在は嵐を筆頭に男性アイドルグループにとって「仲の良さ」を押し出すことは必須であり、バラエティ番組などではこれ見よがしにじゃれ合う。こうした“戦略”が生まれた原点こそが、『SMAP×SMAP』における5人の振る舞いだ。

 SMAPの魅力のひとつには、メンバー間の忌憚のなさがある。中居が音痴であることや稲垣が一向に踊れないことなど「アイドルのタブー」をギャグにしたのはSMAPが最初だが、SMAPはそうやって互いが互いをいじったり、言いたいことを言い合うことでキャラクターを際立たせてきた。それが『SMAP×SMAP』を通して、世間に広く「仲が良いグループ」として認知され、微笑ましいものとして受け入れられたのだ。

 タモリは以前SMAPのことを「アイドルグループの歴史を変えた」と称賛した際、「5人の個性がバラバラ」であることを要因としたが、そもそもSMAP以前はこの“キャラ立ち”という評価がアイドルグループに求められることもなかった。このSMAPのメンバーそれぞれのキャラを確立させたのは、それがSMAPの魅力になると確信していた飯島三智元マネージャーの手腕であるが、キャラ立ちの必要性だけではなく、仲の良い様子を見せることが人気につながるという「アイドルグループの掟」をもSMAPは確立したのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

この寂しい最後こそSMAPの誠実さだ! 他の“ビジネス仲良しグループ”とは違った5人の本物の関係、そして…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAP大方 草の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
6 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
11 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
12 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
13 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
17 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
18 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
19 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
20 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画