釈放されてもやまない「高畑裕太=発達障害」説にひそむ偏見…発達障害は犯罪予備軍などではない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
takahata_160825_top.jpg
YouTube「ANNnewsCH」より


 強姦致傷容疑で逮捕された高畑裕太が、昨日、不起訴処分となり釈放された。裕太の弁護士は書面によるコメントで〈違法性の顕著な事件ではない〉〈裁判になっていれば、無罪主張をした〉と発表しているが、検察は不起訴の理由を公表していないため、釈放にいたった詳細は不明なままだ。

 弁護士側の書面が事実なら逮捕そのものが冤罪だった可能性もあるし、一方では、その「合意だと考えていた」という高畑サイドの主張がセカンドレイプではないのか、という指摘もある。

 しかし、今回の報道については、事件の真相とは別に気になることがあった。それはあたかも高畑裕太の今回の事件が、彼が「発達障害」だったため起きたかのような報道がなされていることだ。

 事実、釈放された際も、裕太が報道陣に対して謝罪した際の様子が「異様」だったとして、ネット上ではこんな声があがっている。

〈空気を読まないで叫んだり、長く頭を下げたり、思わず記者を睨み付けるような表情になったりしてたが、これらも発達障害の特徴だろう〉
〈この顔つき、発達障害児のそれですよ〉

 こうした「高畑裕太=発達障害」という見方は、逮捕後にワイドショーやスポーツ紙がこぞって「空気が読めなかった」「子どものころから問題児だった」「他人との距離感がつかめていなかった」などと騒ぎ立てるなかで広がっていた。

 そんななかでも、今週発売の「女性セブン」(小学館)は「高畑淳子 アトピー ぜんそく 発達障害 息子の呪縛22年の落とし穴」と題し、発達障害と今回の事件をつなげて記事にしていた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

釈放されてもやまない「高畑裕太=発達障害」説にひそむ偏見…発達障害は犯罪予備軍などではない!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。あさイチセカンドレイプ田岡 尼発達障害高畑裕太の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
9 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
10 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
12 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
18 原発広告に文化人や芸能人が
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画