自民党の教師密告フォームの効果が早くも…「与党2/3で改憲」「戦争に行くことも」と発言した教師が追及され謝罪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
jimin_01_160709.jpg
自由民主党公式サイトより「学校教育における政治的中立性についての実態調査」のページ(削除済み)


 先日、本サイトでは、自民党がホームページで「子供たちを戦場に送るな」と言う教員を取り締まる“密告フォーム”を設置していたことを伝えたが、どうやら安倍政権はまったく反省の色もなく、“御用新聞”を使ってこの戦前ばりの密告社会を推し進めていくらしい。

 念のためおさらいしておくと、問題の“密告フォーム”は、7月に自民党のホームページに設けられた「学校教育における政治的中立性についての実態調査」なるタイトルのページのことだ。

 このなかで自民党は、〈「子供たちを戦場に送るな」と主張し中立性を逸脱した教育を行う先生方がいる〉と書き、〈偏向教育〉だとして通報させる“密告”のための入力フォームを設置したのだ。しかもそこで「いつ、どこで、だれが、何を、どのように」などと具体的な情報を記入するよう求めるなど、完全に教育を統制しようとしているのが丸見えだ。

 つまりこの国の政府与党は、教員が「子供たちを戦場に送るな」という当たり前のことすら糾弾し、監視によって教育現場を統制しようというのである。もはや完全に戦前の発想だろう。

 当然、この“密告フォーム”にはネットを中心に批判が殺到したわけだが、騒ぎが大きくなったのを見た自民党は、一度ページの閲覧ができないようにし、なんのアナウンスもなく問題の〈「子供たちを戦場に送るな」と主張し〜〉の箇所を〈「安保法制は廃止にすべき」と主張し〜〉にこっそり変更するという手段に出た。

 しかし、安保法は戦後日本の安全保障を180度変え、集団的自衛権の名の下、積極的に自衛隊を戦地へ送るようにした法制だ。子どもたちが将来的に戦場に送られる可能性が増えるのだから、教育者がその本質を伝えることにはなんの問題もない(というか、仮に「安保法制は最高です!」などと子どもたちの前で言う教師がいたとしても、絶対に自民党は「偏向教育」とは批判しないだろう)。自民党はその後、安保法制についての文言も削除した。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

自民党の教師密告フォームの効果が早くも…「与党2/3で改憲」「戦争に行くことも」と発言した教師が追及され謝罪のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。憲法教育編集部自民党の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 室井佑月が前川前事務次官に加計問題を訊く
2 安倍が国連演説で北朝鮮を煽りまくり
3 痛快!SMAP3人の奴隷解放宣言
4 田中慎弥が看破した安倍マッチョの正体
5 東京五輪買収は決定的と海外で報道
6 Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
7 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
8 総選挙直後に加計獣医学部を認可の情報
9 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
10 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
11 安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
12 葵つかさが「松潤とは終わった」と
13 東山紀之がキャスター就任で反差別表明
14 華原朋美が告白!男との壮絶過去
15 フジ社長とんねるず打ち切りは本気?
16 あさイチ紹介、高橋一生の本棚に驚愕
17 水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
18 須藤凜々花の消された暴露トーク
19 坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
20 安倍内閣の新農水相に暴力団との癒着
1坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
2東山紀之がキャスター就任で反差別表明
3安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
4水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
5安倍御用・山口敬之の不起訴はおかしい
6 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
7Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
8卑劣!官邸と産経が望月記者攻撃を煽動
9 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
10東京五輪買収は決定的と海外で報道
11安倍が国連演説で北朝鮮を煽りまくり
12財務省と森友、口裏合わせの新証拠音源
13田中慎弥が看破した安倍マッチョの正体
14西村京太郎「日本に現代戦は無理」
15安倍の親書を秘書官が勝手に書き換え
16NHK岩田が安倍に反旗は大ウソ!
17痛快!SMAP3人の奴隷解放宣言
18沖縄に大量の核兵器が配備されていた
19原発攻撃対策ないまま柏崎刈羽も再稼働へ
20再審却下の飯塚事件に冤罪の新証拠が

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」