>  >  > うのが娘のために脱KY宣言も本質は…

神田うのが「KYな母親はダメ」「目立たず控えめに」と娘のために脱KY宣言! でも弱者への配慮のなさは変わらず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kandauno_160707_top.jpg
神田うのオフィシャルブログより


 自由奔放、言いたい放題キャラで知られる神田うのが、まさかの脱“KY”宣言をして話題になっている。

 6月27日に放映された『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日)に出演した神田は自身を「老若男女満遍なく嫌われたKY先生」としたうえで、これまで受けてきた数々のバッシングは空気が読めないからだったと分析、今後はKYを卒業すると言い出したのだ。

 まず、うのは自分がいかに才能豊かで、かつ家庭に恵まれていたかを得々と語り始めた。その後も挫折経験など一度もなく、芸能界デビューもトントン拍子で、セレブ婚を果たしたと言ううの。そのため、言いたいことを口にしてみんなに嫌われても反省することなくそのままの生き方を貫いてきた。

 だが、その心境が一変したのは2015年6月に発覚した「ベビーシッター窃盗事件」がきっかけだったという。

 この一件は当時うのが雇っていたベビーシッターAさん(当時60)が数年に渡ってうのの自宅に置いてあったブランドバッグなどを盗んだというもの。当時神田は被害届を出したうえで、「裏切られた」「子どもに申し訳ない」と号泣会見を開いたのだが、これが裏目に出た。

「家族のように信頼していたベビーシッターに裏切られたことで、人生最大のショックを受けました。そしてこの事件がメディアで報道されると、こんなことになりました」

 そう言って、彼女が出したのが「自慢するなと大バッシング!」というフリップ。確かに、このとき、神田うのは「ベビーシッターを4人も雇い、ブランドバックを大量に持っていることを自慢しているだけじゃないか」と、ネットや女性週刊誌で総攻撃を受けた。どうもこれをきっかけに、うのは自分を変えようと思ったらしい。

 しかも、彼女の口から出てきたのはなんと「家族のため」という言葉だった。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権が“国策映画”計画へ
2 MBAは役に立たない!おサムい実情
3 室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
4 橋下がトランプ擁護“メディアは打ち首”
5 室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
6 安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
7 松潤と井上真央の結婚が白紙に!
8 デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
9 嵐の暴露本第二弾に、櫻井、松潤
10 百田尚樹の「改憲PR映画」がトンデモ!
11 HIROレコ大買収隠しで上戸彩を利用
12 たけしがキムタクとジャニーズを批判!
13 政権が原発被害隠しにDASH村利用
14 浅田舞が真央との不仲は母のせいと告白
15 ドラえもんが原因?藤子不二雄解散の真相
16 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
17 マツコ・デラックスが安倍への毒を連発
18 講談社社員「進撃の巨人」報道の是非
19 関東連合元幹部がIT長者の素顔を暴露
20 本能寺の変を光秀の子孫が解読!
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2黒柳徹子が琉球新報に平和メッセージ
3芸能人「よく言った」5位〜2位、大賞
4安倍政権御用ジャーナリスト大賞
5室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
6安倍の共謀罪法案強行の裏に危険な意図
7トランプのマスコミ排除は日本でも
9原発ムラが新潟県知事にネガキャン!
10デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
11SUGIZOが難民問題で勇気ある発言
12メリルストリープの指摘は日本のことだ
13慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
14安倍政権が国民を騙す「偽装改憲計画」
15『日本会議の研究』出版禁止の不当性!
16政権が原発被害隠しにDASH村利用
17安倍政権が“国策映画”計画へ
18差別主義者のヘイト発言を振り返る!
19安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
20野党が勝てないのは経済政策のせいだ
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」