神田うのが「KYな母親はダメ」「目立たず控えめに」と娘のために脱KY宣言! でも弱者への配慮のなさは変わらず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kandauno_160707_top.jpg
神田うのオフィシャルブログより


 自由奔放、言いたい放題キャラで知られる神田うのが、まさかの脱“KY”宣言をして話題になっている。

 6月27日に放映された『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日)に出演した神田は自身を「老若男女満遍なく嫌われたKY先生」としたうえで、これまで受けてきた数々のバッシングは空気が読めないからだったと分析、今後はKYを卒業すると言い出したのだ。

 まず、うのは自分がいかに才能豊かで、かつ家庭に恵まれていたかを得々と語り始めた。その後も挫折経験など一度もなく、芸能界デビューもトントン拍子で、セレブ婚を果たしたと言ううの。そのため、言いたいことを口にしてみんなに嫌われても反省することなくそのままの生き方を貫いてきた。

 だが、その心境が一変したのは2015年6月に発覚した「ベビーシッター窃盗事件」がきっかけだったという。

 この一件は当時うのが雇っていたベビーシッターAさん(当時60)が数年に渡ってうのの自宅に置いてあったブランドバッグなどを盗んだというもの。当時神田は被害届を出したうえで、「裏切られた」「子どもに申し訳ない」と号泣会見を開いたのだが、これが裏目に出た。

「家族のように信頼していたベビーシッターに裏切られたことで、人生最大のショックを受けました。そしてこの事件がメディアで報道されると、こんなことになりました」

 そう言って、彼女が出したのが「自慢するなと大バッシング!」というフリップ。確かに、このとき、神田うのは「ベビーシッターを4人も雇い、ブランドバックを大量に持っていることを自慢しているだけじゃないか」と、ネットや女性週刊誌で総攻撃を受けた。どうもこれをきっかけに、うのは自分を変えようと思ったらしい。

 しかも、彼女の口から出てきたのはなんと「家族のため」という言葉だった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

神田うのが「KYな母親はダメ」「目立たず控えめに」と娘のために脱KY宣言! でも弱者への配慮のなさは変わらずのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
2 国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
3 鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
4 『ラ・ラ・ランド』に論争勃発
5 義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
6 オリラジ中田が日馬富士事件で松本批判?
7 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
8 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
9 安倍首相のFacebookのヘイトがひどい
10 「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
11 マツコが小池百合子にNG発言の理由
12 加計学園で設置審委員が内情暴露!
13 星野源が考える“新しい家族”とは
14 『シン・ゴジラ』の3・11暗喩に園子温が
15 鶴田真由と昭恵夫人は日ユ同祖論の同志
16 JASRACが坂本龍一を騙しうち!
17 日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
18 萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
19 中居ジャニーズ残留とキスマイ
20 希望に翻弄された!? 嘉田氏に直撃!
1佐野元春がトランプ批判の楽曲を発表!
2加計が留学生募集!四国の獣医不足は?
3加計学園で設置審委員が内情暴露!
4トランプ来日の目的は武器売りつけ
6直撃!前川前次官が加計認可の動きを批判
7日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
8テレビが封印した安倍とトランプの映像
9横田さんはトランプに戦争しないでと伝えたいのに安倍が
10国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
11義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
12萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
13欧米で安倍と訪日トランプに嘲笑の嵐
14マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
15沖縄タイムス記者が官邸と百田に反撃
16トランプ来日を歓迎するマスコミの異常
17山口敬之めぐり文春vs新潮がバトル
18安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
19「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
20トランプの精神障害を疑うのは当然だ! 

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」