>  >  > AKB卒業の高城亜樹とナベプロの嘘

AKB卒業の高城亜樹を元所属事務所ナベプロと「週刊女性」がバッシングで、逆に「ツイッター乗っ取り」発表の嘘が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
takajoaki_01_160528.jpg
高城亜樹オフィシャルブログより


 高橋みなみがAKB48 卒業早々、15歳年上のIT関連企業に務める男性との熱愛を「女性セブン」(小学館)6月2日号で報じられ話題になったが、もう一人、2月にAKBを卒業し5月1日には所属事務所からの独立を発表したばかりの高城亜樹にも親しい男性との親密デートがツーショット写真付きで報じられている。

 高城の熱愛デートを報じたのは「週刊女性」(主婦と生活社)6月7日号。記事によると5月12日、高城は20代くらいのスーツ姿の男性と都内のカフェに来店、まるで恋人同士のような雰囲気で過ごした後、男性の車に乗って千葉方面に走り去ったという。

 AKB卒業待っていましたとばかりの元AKBメンバーの熱愛発覚だが、たかみなの熱愛は“ラブラブで微笑ましい”トーンなのに比べ、高城の方はといえば過去のスキャンダルを蒸し返し、引退さえ臭わせるネガティブなものだった。

 例えば14年6月にTwitterでプロ野球選手たちと食事をしたことをつぶやき、合コンだと指摘されるや乗っ取り被害を主張したことや、AKB卒業を目前に控えた昨年12月に「週刊文春」(文藝春秋)でJリーグコーチとのお泊まり愛を報じられたことに触れ、2度も恋愛禁止の掟を破ったことでさすがに事務所もかばい切れず、その結果、事務所を辞めざるを得なかったと指摘したのだ。

「もちろん今回のネガティブ記事は、高城がつい先日まで所属していたワタナベエンターテインメントからのリークでしょう。能年玲奈もそうですが大手事務所から独立するとネガティブ記事を書かれるケースはよくあります。なかでもナベプロはこれまでも事務所を独立したタレントに対して、制裁的にスキャンダルやネガティブな情報を流すことで有名ですからね」(ワイドショー関係者)

 加えてナベプロのO取締役は「週刊女性」とは極めて太いパイプがある。たとえば13年に勃発した元モーニング娘。の矢口真里の不倫騒動などその典型例だ。

「この騒動の際、『週女』は夫婦しか知り得ない詳細な情報を何度もスクープしていますが、これは0取締役とのルートといわれています。0取締役は矢口を“浮気した性悪女”として一方的に仕立て、夫だったナベプロ所属の中村昌也を“裏切られた被害者”として最大限売り込もうとしたのです。O取締役は矢口記事に関し『週女』の編集会議にまで同席していたらしいですからね」(週刊誌関係者)

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
2 吹石一恵の音痴エピソード
3 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
4 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
5 保護なめんなジャンパーは氷山の一角
6 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
7 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
8 室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
9 デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
10 北原みのり逮捕の原因は安倍批判?
11 「不倫学」が教える防止策とは?
12 佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
13 トランプ以前から米は日本を守る気ない
14 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
15 M1準優勝・ハリガネロック解散の真相
16 キムタク最大のタブーとは?
17 今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
18 室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
19 池田大作の「代筆」を元職員が実名告発
20 安倍政権が“国策映画”計画へ
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2黒柳徹子が琉球新報に平和メッセージ
3室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
4安倍の共謀罪法案強行の裏に危険な意図
5トランプのマスコミ排除は日本でも
7アパホテルのトンデモ極右思想の正体
8原発ムラが新潟県知事にネガキャン!
9デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
10安倍政権が“国策映画”計画へ
11今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
12SUGIZOが難民問題で勇気ある発言
13メリルストリープの指摘は日本のことだ
14慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
15『日本会議の研究』出版禁止の不当性!
16アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
17政権が原発被害隠しにDASH村利用
18佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
19DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
20安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」