AKB卒業の高城亜樹を元所属事務所ナベプロと「週刊女性」がバッシングで、逆に「ツイッター乗っ取り」発表の嘘が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
takajoaki_01_160528.jpg
高城亜樹オフィシャルブログより


 高橋みなみがAKB48 卒業早々、15歳年上のIT関連企業に務める男性との熱愛を「女性セブン」(小学館)6月2日号で報じられ話題になったが、もう一人、2月にAKBを卒業し5月1日には所属事務所からの独立を発表したばかりの高城亜樹にも親しい男性との親密デートがツーショット写真付きで報じられている。

 高城の熱愛デートを報じたのは「週刊女性」(主婦と生活社)6月7日号。記事によると5月12日、高城は20代くらいのスーツ姿の男性と都内のカフェに来店、まるで恋人同士のような雰囲気で過ごした後、男性の車に乗って千葉方面に走り去ったという。

 AKB卒業待っていましたとばかりの元AKBメンバーの熱愛発覚だが、たかみなの熱愛は“ラブラブで微笑ましい”トーンなのに比べ、高城の方はといえば過去のスキャンダルを蒸し返し、引退さえ臭わせるネガティブなものだった。

 例えば14年6月にTwitterでプロ野球選手たちと食事をしたことをつぶやき、合コンだと指摘されるや乗っ取り被害を主張したことや、AKB卒業を目前に控えた昨年12月に「週刊文春」(文藝春秋)でJリーグコーチとのお泊まり愛を報じられたことに触れ、2度も恋愛禁止の掟を破ったことでさすがに事務所もかばい切れず、その結果、事務所を辞めざるを得なかったと指摘したのだ。

「もちろん今回のネガティブ記事は、高城がつい先日まで所属していたワタナベエンターテインメントからのリークでしょう。能年玲奈もそうですが大手事務所から独立するとネガティブ記事を書かれるケースはよくあります。なかでもナベプロはこれまでも事務所を独立したタレントに対して、制裁的にスキャンダルやネガティブな情報を流すことで有名ですからね」(ワイドショー関係者)

 加えてナベプロのO取締役は「週刊女性」とは極めて太いパイプがある。たとえば13年に勃発した元モーニング娘。の矢口真里の不倫騒動などその典型例だ。

「この騒動の際、『週女』は夫婦しか知り得ない詳細な情報を何度もスクープしていますが、これは0取締役とのルートといわれています。0取締役は矢口を“浮気した性悪女”として一方的に仕立て、夫だったナベプロ所属の中村昌也を“裏切られた被害者”として最大限売り込もうとしたのです。O取締役は矢口記事に関し『週女』の編集会議にまで同席していたらしいですからね」(週刊誌関係者)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

AKB卒業の高城亜樹を元所属事務所ナベプロと「週刊女性」がバッシングで、逆に「ツイッター乗っ取り」発表の嘘がのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
4 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
9 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
10 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
11 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
12 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
13 原発広告に文化人や芸能人が
14 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
20 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画