手塚治虫も性表現への圧力に激怒していた! マンガの神様が逆ギレしてやけっぱちで描いた“エロマンガ”とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
tezukaosamu_160518.jpg
手塚治虫公式WEBサイトより


 大阪府堺市と一部コンビニが共同で始めた成人向け雑誌をめぐる施策が波紋を呼んでいる。3月16日から始まったこの取り組みにより、コンビニ内に陳列されている、いわゆるエロ本やエロマンガ誌などには、高さ12センチの緑色のビニールカバーが腹巻のように巻かれるようになり、店内では立ち読みはもとより表紙すらほとんど見ることができなくなってしまった。これに対し、日本雑誌協会と日本書籍出版協会は「図書を選択する自由を奪い『表現の自由』を侵害する行為。大阪府の青少年健全育成条例も逸脱している」として、この新たな規制に抗議の声を上げている。

 昨年施行された、児童ポルノの単純所持禁止を盛り込んだ改正児童買春・ポルノ禁止法をはじめ、ここ最近「性表現」をめぐる規制やバッシングの波がまた日増しに大きくなっているが、なにが「わいせつ」であり、なにが「有害」なのかは、その時代によって大きく変わっていくものである。

 それを現代の人々に分かりやすく示してくれるのが、手塚治虫だ。いまでは「マンガの神様」として清廉潔白な作品を残したイメージの強い彼だが、実はマンガ家としての手塚治虫のキャリアは、作品中の表現を批判する世間との戦いの歴史でもあった。いまでは考えられないが、手塚治虫の作品が「エロマンガ」と呼ばれていた時代もあったのである。

 赤田祐一氏とばるぼら氏による共著『定本 消されたマンガ』(彩図社)では、その代表的なものとしてまず、1949年に発表された『拳銃天使』が紹介されている。手塚治虫初の西部劇となったこの作品で問題となったのは、登場人物によるキスシーンだった。GHQの勧告により、日本映画でもキスシーンが解禁になったことを受けて描いたと思われるそのシーンが「子どもの敵」との批判を受け、京都のPTA幹部からも激しい抗議を受けたという。

 それから少し時が経った57年には、不買運動にまでつながってしまう騒動も起きる。今度標的とされたのは「脚」の表現だ。『複眼魔人』のなかで、男装したスパイの女性がストッキングを脱ぐシーンを描いたところ、この生足が問題視され、販売を止めた書店が相次いだ。いまの感覚で考えれば、まったく問題となるような描写ではないのだが、当時はそれでも大問題であった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

手塚治虫も性表現への圧力に激怒していた! マンガの神様が逆ギレしてやけっぱちで描いた“エロマンガ”とは?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。圧力新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
10 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
11 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
12 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画