小泉純一郎が3.11に際して安倍首相の原発政策を批判! 元首相を「原発ゼロ」に駆り立てる本当の理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
koizumi_01_151217.jpg
首相官邸HPより小泉純一郎プロフィール


 福島原発事故から5年目。小泉純一郎は「原発ゼロ」をまったくあきらめる気はないらしい。3月9日には、福島市公会堂の「ふくしま自然エネルギー基金」設立イベントで講演。明らかに安倍首相を想定して「原発事故から学ぼうという姿勢がなくなっている」「汚染水はアンダーコントロールされているとか日本の安全基準は世界一とデタラメなことを言っている」と、手厳しい批判を浴びせた。

「日刊ゲンダイ」によれば、小泉氏は講演後の会見でも、安倍首相に対して「どうしてこんな簡単なことがわからないのか」と苛立ちとも言える言葉まで口にしたという。

 9日の講演だけではない。2月にも、いわき市の講演で「原発ゼロの社会は夢があるが、空想でも幻想でもない。日本は原発ゼロでも2年間やってきた。事実が証明してくれる」と熱く語った。

 官邸は小泉氏のこうした反原発への激しい動きの裏にいったい何があるのか、つかみあぐね、困惑を隠しきれないでいるようだが、実は小泉氏には裏も何もなく、「原発ゼロ」実現に対して完全に「本気」らしい。

 そのことがよくわかるのが、最近、出版された『小泉純一郎、最後の闘い ただちに「原発ゼロ」へ!』(筑摩書房)だ。著者の冨名腰隆氏と関根慎一氏は朝日新聞の政治部記者で、いずれも小泉首相の“番記者”だった。昨年9月、首相退任以来、メディアの取材に応じていなかった小泉の退任後初の単独インタビューをものにしたことでも知られている。

 そんな小泉氏と近い記者が書いたこの本には、今まで語られてこなかった、小泉氏の反原発の原点が明かされている。

 小泉の「原発ゼロ」姿勢を決定づけたのはフィンランドにある使用済み核燃料の最終処分場「オンカロ」の視察だったことはよく知られている。2013年夏のことだ。3.11以降、脱原発寄りの発言を続けていた小泉をなんとか懐柔しようと、三菱重工業、東芝、日立製作所の原発担当幹部とゼネコン幹部が連れ出したのだ。ところが、その目論見はみごとにハズレる。オンカロを見た小泉は、核燃料の最終処分の難しさを痛感し、「原発ゼロ」を確信するようになったという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

小泉純一郎が3.11に際して安倍首相の原発政策を批判! 元首相を「原発ゼロ」に駆り立てる本当の理由とは のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。原発安倍晋三小泉純一郎福島原発野尻民夫の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
4 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
10 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
11 財務次官セクハラが海外メディアでも
12 麻生太郎が愛人の店に2360万円
13 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17 雪印告発の社長が中国産野菜告発
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
20 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
17自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!