●SMAP報道の舞台裏を改めて検証!芸能記者匿名座談会(後)

『スマスマ』公開処刑の舞台裏とSMAPのこれから…そして芸能マスコミはなぜジャニーズに弱いのか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nakaikimura_160224.jpg
芸能マスコミはジャニーズの支配下から抜け出せるのか?


■検証「SMAP騒動」芸能記者匿名座談会シリーズ→(前編)(中編)(後編)
A/スポーツ紙芸能デスク B/芸能ライター C/スポーツ紙J担記者 D/週刊誌記者


●『スマスマ』キムタクへの感謝の言葉はメリー氏の命令だった

──中編では、『SMAP×SMAP』(フジテレビ)での“生謝罪”にいたるまでの舞台裏とスポーツ紙を中心にした報道合戦について話してきましたが、その“生謝罪”がああいう妙な形になったのはどうしてなんですか。

A 前回も話したように、メリー喜多川副社長から「許す」という言質のないまま、見切り発車的にテレビ謝罪に踏み切ったからじゃない? 17日、中居ら4人がジャニー喜多川氏には会って謝罪したのは事実だけど、メリー氏に会った形跡はいくら取材してもつかめなかった。ジャニーズサイドは、4人がメリー氏にも謝罪したと言い張ってるんだけどね。

D メリー氏は最後まで会おうとしなかった、という見方は根強くあるし、少なくとも存続の許しを出すことはなかったのはたしかだ。むしろ、あの『SMAP×SMAP』の生謝罪自体がメリー氏への謝罪の儀式だった、と。それで、メンバーのセリフもああいう曖昧な言い廻しになった。あの場で下手に「SMAPは解散しない」なんてことをいったら、「誰が続けるのを許可した!」とメリー氏が怒り出しかねないから。

B 『SMAP×SMAP』はまさに儀式だった。4人のメンバーのセリフはもちろんアドリブなんかじゃなくて、番組側とジャニーズが相談して決めたもの。18日の夕方に急遽、『SMAP×SMAP』の放送作家に召集がかけられて、セリフを作ったと聞いている。

C ジャニーズ側が相当、注文をつけたらしいよね。センターにキムタク、という立ち位置もそうだし、他のメンバーが黒のネクタイでキムタクだけが明るい色のネクタイというのも、ジャニーズの注文。さらに、草彅剛が「木村くんがジャニーさんに謝る機会を設けてくれて、僕たちはいまここに立てています」というセリフも直前になって、現場にいたジュリー氏がメリー氏の絶対的意向として、要求してきたといわれている。

A ただ、あのセリフについては、当初、中居が言わされる予定だったのが、拒否したので、草彅がかわりに言ったという話があるが。サンケイスポーツの記事だから、あまりあてにならないかもしれないが(笑)。

D いや、ジャニーズ幹部を情報源にしている「週刊文春」も書いていたから、それは多分事実だろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

『スマスマ』公開処刑の舞台裏とSMAPのこれから…そして芸能マスコミはなぜジャニーズに弱いのか!?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAP座談会の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
4 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
11 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
12 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
13 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画