検証!SMAP騒動とジャニーズの女帝〈後編〉

止まらないメリー喜多川氏の暴走と後継者・ジュリー氏の悪評! このままでは第2、第3のSMAP騒動が…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
shincho_160131.jpg
「週刊新潮」(新潮社)2016年1月28日号より

 SMAP解散騒動を引き起こした元凶“ジャニーズ事務所の女帝”メリー喜多川副社長の実像を検証するこのシリーズ記事も、今回が最後。前回前々回の記事では、メリー氏に数年前から錯乱としか思えないような傾向が出てきており、その被害にあっているのは飯島マネージャーや中居正広だけではなかったことを指摘した。

 娘、藤島ジュリー景子副社長の夫を追放し、幹部社員や可愛がっていたタレントのことまで疑いはじめ、これまで部下に任せていた細かい仕事にどんどん介入し始める。さらには、激昂すると、突然、マスコミに自分から直接電話をかけ、一方的にまくしたてる。こうした暴走に、ジャニーズ事務所の幹部社員も頭を抱えているという。

 メリー氏の常軌を逸した行動はどこからきているものなのか。まず考えられるのは、89歳という年齢だろう。

 高齢になって、猜疑心が過剰になった、家族や知人のことまで疑い始めてトラブルになる、というのはよくある話だ。その反動で、ひとりの人間だけにやたら依存し、信じ込んでしまう、という話も頻繁に耳にする。メリー氏の飯島マネージャーに対する被害妄想や幹部への疑心暗鬼、逆に、近藤真彦に対する異常な執着などは、こうした老人特有の傾向ではないかというのだ。言うことがコロコロ変わったり、感情を抑えられなくなるのも、そう考えると説明がつく。

 実際、昨年1月の「週刊文春」(文藝春秋)に掲載されたインタビューを改めて読み返してみると、メリー氏の発言には支離滅裂な部分がかなりある。質問もテーマはバラエティ番組での共演のことなのに、ダンスの話を始めたり、後継者問題を語っているうちに、近藤真彦の思い出話を延々と語り始め、「私がマッチの面倒を見るのは当たり前だと思う……話しているだけで涙が出てきちゃう」と突然涙を流したり。

 中でも象徴的だったのは、インタビューの最後のくだり。後継者はジュリー氏だと再び強調するために、メリー氏はこんなことを語り始めた。

「当たり前の話。だって、ボートに乗ってて浮輪が一つしかなくてさ、何かあったときに、私は浮輪はジュリーに渡す。ジュリーには逃げなさいと言って。よその子には浮輪はあげられないけど、私、全部抱えて泳ぎますよ」

 実際に、メリー氏がタレントを守るかどうかは別にして、ここまでは比喩としてよくわかる。問題はこの後だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

止まらないメリー喜多川氏の暴走と後継者・ジュリー氏の悪評! このままでは第2、第3のSMAP騒動が…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPジャニーズ時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
4 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
11 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
14 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
17 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画