世間の“ツイッター離れ”で幹部が次々と退職! でも創設前夜からCEOが嘔吐するほどの内紛、クーデターの連続だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
twitterjack_01_160125.jpg
ツイッター社のジャック・ドーシー現CEO(ドーシー氏のツイッターアカウントより)


 ツイッターといえば、いまや一番身近なSNSのひとつ。女子高生から大統領まで多種多様な人々が活用しているが、しかし、そんな世界に名だたる大企業・米ツイッター社でいま、“主要幹部の退職騒動”が勃発している。

 ロイター通信によれば、同社のメディア部門やエンジニアリング部門のトップなど幹部が次々と退職する見込みだという。昨年の決算時、同社の共同創業者であるジャック・ドーシーCEOは〈才能のある人材の採用や投資、大胆な考え方の必要性を強調〉(ロイターより)していたが、昨年も広報部門トップなどが相次いで社を去るなど、事態は深刻だ。

 背景のひとつは、利用者数の伸び悩み。アクティブユーザー数の成長率は右肩下がりの一途をたどり、広告収入は不調、株価も下落している。日本でも最近、ツイッター最大の特徴である“140文字制限”が撤廃されるのではないかという報道があったが、世間の反応は否定的。同社の“迷走”を印象づけた。

 だが、そもそもツイッター社の歴史は“内紛の連続”だった。とりわけ、ジャック・ドーシー氏と他の3人の共同創業者らの間には、まさに昼ドラも真っ青のドロドロの人間模様が繰り広げられていたのだ。ときに嘔吐までするほどの謀略、情報戦、切り崩し、裏切り、クーデター、追放劇の数々……。

 本サイトはかつて、そのツイッター社の“吐瀉物にまみれた創業物語”を紹介したことがある。以下に再録するので、この機会に是非読んでみてもらいたい。
(編集部)

********************

 一文無しの野宿者がわずかな時間で億万長者となることも夢ではないベンチャービジネス。しかし、その偉大なる創業者たちが、内部抗争の結果、追放されたり隔絶させられたりすることも珍しくない。Appleのスティーブ・ジョブズや、Facebookのエドゥアルド・サベリンなどが有名所だが、あのTwitterでも内紛による追放劇があったのをご存知だろうか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ツイッター創業物語 金と権力、友情、そして裏切り

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

世間の“ツイッター離れ”で幹部が次々と退職! でも創設前夜からCEOが嘔吐するほどの内紛、クーデターの連続だった!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。スマホ編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
4 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
14 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 原発広告に文化人や芸能人が
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
19 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
20 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画