>  >  > 芥川賞・本谷有希子のキチクぶり

祝・芥川賞受賞! 本谷有希子、劇団でのキチクぶりがスゴい! 役者が血尿、電車に飛び込みそうに…これも作家の狂気?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
motoyayukiko_1160119.jpg
『異類婚姻譚』(講談社)

 つい先ほど発表された、第154回芥川賞に『異類婚姻譚』(講談社)の本谷有希子が選ばれた。『死んでいない者』(文藝春秋)の滝口悠生とのダブル受賞である。

 本谷有希子といえば、ご存知の通り、2011年に『ぬるい毒』(新潮社)で野間文芸新人賞、13年に『嵐のピクニック』(講談社)で大江健三郎賞、14年に『自分を好きになる方法』(講談社)で三島由紀夫賞を受賞と、キャリアを重ねた小説家で、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』(講談社)は監督・吉田大八、主演・佐藤江梨子で映画化もされている。

 そんな本谷だが、もともとは小説家ではなく、劇作家・演出家としてキャリアをスタートさせた。00年には、当時20歳という若さで「劇団、本谷有希子」を創立。07年には『遭難、』で鶴屋南北戯曲賞を、09年には『幸せ最高ありがとうマジで!』で岸田國士戯曲賞を受賞するなど高い評価を受けている。

 小説家としても、「劇団、本谷有希子」としても、まさに華々しいばかりの成功をおさめてきた本谷だが、この「劇団、本谷有希子」での彼女、実はかなりの“キチク”な所業を重ねていたようなのだ。

 劇団旗揚げのための資金は祖母からせびり、その後もことあるごとにお金を出させた。しかし、そのように祖母をパトロンにする一方、劇団員へのギャラはなんと0円。しかも、本谷は「何であげなきゃいけないの?」とまで言い放っている。

 その「キチク」っぷりは、稽古の時にも遺憾なく発揮。スパルタ過ぎる演出で役者が血尿出したり、円形脱毛症で髪が抜けたりするのはザラ。しごきまくった俳優に「しんどくて電車に飛び込みそうになりました」と言われたことまであると言う。ただ、そのような言葉を受けて反省するかと言えばそんなことはない。彼女にとって役者は「人」でなく「モノ」。「最初、役者を人として見てないんだよね。演出家って嫌な人多いのかも(笑)」と恐ろしい発言も残している。

 もしも自分がその劇団の役者だったら……、と想像するだけでも鳥肌が立つような話だが、常人には理解し難い、そのような「狂気」を孕んだ人格だからこそ、人々を魅了する芸術をつくりあげることができるのかもしれない。

 当サイトではかつて、そんな本谷有希子のキチクっぷりについて記事にしたことがある。芥川賞受賞記念に再録するので、是非とも読んでみてほしい。
(編集部)

********************

 昨年、『自分を好きになる方法』(講談社)で三島由紀夫賞を受賞した作家の本谷有希子。アニメ『彼氏彼女の事情』で声優デビューしたり、『本谷有希子のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)でブレイクするなどマルチ活躍で知られるが、もともとは劇作家・演出家。2000年に、20歳という若さで、専属の俳優を持たず、毎回役者が全て入れ替わるというユニット形式の「劇団、本谷有希子」を旗揚げして注目を集めた。

 その本谷が、『新潮45』(新潮社)1月号で、やはり劇団「鉄割アルバトロスケット」を主宰する戌井昭人と対談。劇団立ち上げの頃の思い出話を語っているのだが、そのキチクっぷりがちょっとした話題になっている。

この記事に関する本・雑誌

異類婚姻譚

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
2 吹石一恵の音痴エピソード
3 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
4 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
5 保護なめんなジャンパーは氷山の一角
6 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
7 デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
8 室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
9 佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
10 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
11 トランプ以前から米は日本を守る気ない
12 今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
13 キムタク最大のタブーとは?
14 北原みのり逮捕の原因は安倍批判?
15 「不倫学」が教える防止策とは?
16 M1準優勝・ハリガネロック解散の真相
17 安倍政権が“国策映画”計画へ
18 室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
19 盛り土で慎太郎の責任にテレビが沈黙
20 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2黒柳徹子が琉球新報に平和メッセージ
3室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
4安倍の共謀罪法案強行の裏に危険な意図
5トランプのマスコミ排除は日本でも
7原発ムラが新潟県知事にネガキャン!
8デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
9アパホテルのトンデモ極右思想の正体
10安倍政権が“国策映画”計画へ
11SUGIZOが難民問題で勇気ある発言
12今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
13メリルストリープの指摘は日本のことだ
14慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
15安倍政権が国民を騙す「偽装改憲計画」
16『日本会議の研究』出版禁止の不当性!
17政権が原発被害隠しにDASH村利用
18アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
19佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
20安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」