新年特別企画

紗倉まな、女子の貧困、鈴木涼美、夫婦別姓…リテラの2015人気記事ランキング “性”を考える編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
2015seirank_01_160102.jpg

 2016年のスタートにあたって、お送りしているリテラの1年間の人気記事ランキング。
 今回は“性”をキーワードにランキングを集計してみた。AV業界の裏側から、性差別、マタハラ、夫婦別姓や貧困問題といった社会的・政治的な問題もランクインしたこのジャンル。さっそくその内容を見ていこう。

★1位 「14歳でAV女優を志した」さんまもハマったAV女優・紗倉まなが抱える闇

 女子高生が憧れ、なりたくてもなれない職業になってきたAV女優。そのなかで絶大な人気を誇る紗倉まなには芸能人のファンも多く、明石家さんまとの密会デートがフライデーされて話題になった。そんな彼女も、学生時代からAV女優に憧れたうちの一人だった。自伝的エッセイ『高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職』(宝島社)では、デビューに至るまでの心境やAV業界の内情についても語っているが、彼女の明るさとは裏腹に、胸に抱える闇とはどんなものなのか? 気になる詳細は下記リンクからどうぞ。
http://lite-ra.com/2015/01/post-805.html


★2位 元AV女優の社会学者・鈴木涼美が語るセックスワークと貧困…本当の貧困は風俗に入った後に

 昨年の“性”のPVランキングで、「週刊文春」(文藝春秋)に“AV女優歴”を暴かれた元日経記者・鈴木涼美が本サイトに寄稿した記事が1位に選ばれたが、今回は彼女がセックスワーク、なかでも風俗嬢として働く女性にスポットをあてたルポ「女性の貧困最前線」(「週刊東洋経済」東洋経済社/4月11日号)を紹介したこの記事がランクインした。自らの体験と重ねてセックスワークの世界を解明しようとする鈴木の試みと、彼女がアプローチしていくなかで浮かび上がってきた「絶望的な未来」とは?
http://lite-ra.com/2015/05/post-1127.html


★3位 『あさイチ』でイノッチが「夫婦別姓」反対派の主張を一蹴! 安倍首相も日本会議もぐうの音も出ない正論

 12月16日の最高裁では、選択的夫婦別姓を認めないことは違憲ではないという判断が下された。最高裁では、女性が結婚によって男性の姓を名乗ることにかんして「アイデンティティの喪失感など不利益を受ける場合が多いと推認できる」という認識を示しながらも、“国会で論ぜられ判断されるべき事柄”と丸投げ。当の国会では、自民党や安倍晋三首相をはじめとする反対派が「家族の一体感が失われる」などと強く主張するが、それに対し、井ノ原快彦が『あさイチ』で見せた鮮やかな切り返しは、見事としか言いようがなかった。そんな彼の“正論”がこちら。
http://lite-ra.com/2015/11/post-1691.html

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

紗倉まな、女子の貧困、鈴木涼美、夫婦別姓…リテラの2015人気記事ランキング “性”を考える編のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。LGBTランキング編集部貧困の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
13 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
19上念司もケントと同様、加計の客員教授
20セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃