“床オナ”は危険、射精障害に? 泌尿器科医が警告する間違いだらけの男のオナニー、そしてTENGAは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
otokornosei_01_51219.jpg
『泌尿器科医が教える オトコの「性」活習慣病』(中公新書ラクレ)

 “草食系男子”などという言葉が定着している昨今の日本社会。セックスに積極的ではない男性が増えている現実があるようだが、その一方で性機能障害によって、上手くセックスができずに悩む男性も増加中だという。

 性機能障害といえば、いわゆるEDと呼ばれる勃起障害がよく知られるところだ。神経や血管の機能不全や心因的な理由で勃起できなくなるのがEDだが、最近はそれ以外に、勃起はできるのだが射精がうまくいかないという「射精障害」の症例が増えている。

 獨協医科大学越谷病院に勤務する泌尿器科医の小堀善友氏は、著書『泌尿器科医が教える オトコの「性」活習慣病』(中公新書ラクレ)のなかで、

「性機能障害、不妊症を専門として働いているドクターはそれほど多くありませんので、学会などでいつも意見交換しています。最近、われわれの共通した意見の一つとして、『射精ができない患者さんが増えてきている』ということがあります」(同書より、以下同)

 と、綴っている。そして、なかでも多いのが「膣内射精障害」と呼ばれるものだ。勃起はできて、女性器への挿入も可能で、“中折れ”することもないのだが、それでもまったくイケない、という症例で、多くの場合はオナニーでの射精は可能だという。同書によれば、膣内射精障害の患者は、小堀氏が診ただけで「カルテベースで年間新患100人以上」にのぼるというのだ。

 では、どういう原因で膣内射精障害が引き起こされるというのだろうか。小堀氏によると「間違った方法のオナニー」が重要なリスクファクターになっているとのことだ。

 間違った方法のオナニーの代表例として、小堀氏が挙げているのが「床オナ」だ。「床オナ」とは、ペニスを床や畳、ベッドなどに押し付けたり、こすり付けたりしてするオナニーのことだが、こういった特殊な方法のオナニーに耽ることで、女性とのセックスでイケなくなる体になってしまうと指摘している。そして、その理由について、小堀氏はこう解説する。

「床オナでは、ペニスを床に押し付け、その圧迫に快感を覚えて射精します。十分に勃起しないまま、射精に至るケースもあります。でもそれは、柔らかく潤った女性の膣に挿入し、ピストン運動をすることによって得られる刺激とは、まったくの別物。同じ『創意工夫』でも、コンニャクが女性器の感触を模したものであるのとは、対照的です」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

泌尿器科医が教える - オトコの「性」活習慣病 (中公新書ラクレ)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

“床オナ”は危険、射精障害に? 泌尿器科医が警告する間違いだらけの男のオナニー、そしてTENGAは…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。不妊医療田中ヒロナの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
13 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
19上念司もケントと同様、加計の客員教授
20セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃