>  >  > 川島なお美が近藤誠の診断を告発

川島なお美が遺著で近藤誠医師のセカンドオピニオンを告発していた!「あれは何だったの」「がんを放置しないで」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kawashima_151001_top.jpg
川島なお美オフィシャルブログ「『なおはん』のほっこり日和」より


〈抗がん剤や放射線治療に見向きもしなかったのも先生の影響かもしれません。でも、がんは放置さえすれば本当にいいのでしょうか?〉

 今年2015年9月に54歳と若くして胆管がんで亡くなった川島なお美が、ベストセラー『患者よ、がんと闘うな』などの著書をはじめ“がん放置療法”で知られる近藤誠医師を批判していたことがわかった。

 たしかに、川島は近藤医師からセカンドオピニオンを受けており、そのことが論議を呼んでいた。もともとは近藤医師自身が「文藝春秋」11月号で川島が2年前に近藤医師の外来を訪れ、がん治療のセカンドオピニオンを受けていた事実を明らかにしたのだが、その近藤医師のセカンドオピニオンの内容に対して医学界から「近藤氏の診断のせいで、手術を遅らせ、治るチャンスを逸してしまった」という批判の声が上がったのだ。

 だが、川島自身も近藤医師の診断に怒りをもっていたようだ。12月に発売された川島の遺作『カーテンコール』(川島なお美・鎧塚俊彦/新潮社)は闘病中の手記をまとめたものだが、近藤医師のセカンドオピニオン外来を受診した様子も克明に描かれているのだ。

 13年8月の精密検査で腫瘍が見つかった川島が近藤医師のもとを訪れたのは、翌月の9月のこと。

〈この人だったら命を預けてもいい、そう思える医師に出会えるまで手術はしないと決めて、納得するまでセカンドオピニオンを受け続け〉ることにした川島は近藤医師のセカンドオピニオン外来も予約する。

 近藤医師の著書を読んでいた川島は、その理由をこう書いている。

〈そもそも先生の著書で目からウロコだったのは、「ほとんどのがんはがんもどき。早期発見などで慌てて切るとロクなことはない。生活に支障なく元気ならば様子を見る、放置する、余命3カ月と言われた患者さんも、無駄な治療をせず放置して、何年も長生きしたケースを見てきた」というもの。こういう考え方もあるんだと、感心しました。そしてすぐさま先生に「ご意見を伺いたい!」とアポを取ったのでした〉

 しかし、近藤医師の診断は予想とはまったくちがうものだった。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山本太郎が安倍にガリガリ君問題を追及
2 痴漢行為Hey!Say!中島のドラマが
3 「#自民党に質問」で質問無視のヤラセ
4 乙武別居で障碍者への偏見報道が
5 安倍も政治資金の公私混同が次々判明
6 大手メディア参院選情勢調査の結果は
7 上原亜衣は? AV女優の引退後
8 さんまもハマったAV女優紗倉まなの闇
9 フジロックに政治を持ち込むなというバカ
10 安倍がFacebookで報ステ党首討論攻撃
11 蒼井そらが「AV出演強要逮捕は冤罪」
12 党首討論で古市、橋本が安倍びいき司会
13 護憲派の天皇皇后が安倍政権に危機感
14 20代の半分が童貞?歴史上の偉人も
15 宇野常寛が舛添イジメ批判
16 安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
17 キムタク最大のタブーとは?
18 安倍のPR動画パロディを自民党が削除
19 松本人志が16億土地転がしを否定も…
20 報ステ党首討論で安倍が逆ギレ、詭弁
PR
PR
1宇野常寛が舛添イジメ批判
2安倍も政治資金の公私混同が次々判明
3フジロックに政治を持ち込むなというバカ
4安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
5文春が東京五輪を!電通元専務に金
6報ステ党首討論で安倍が逆ギレ、詭弁
7議事録改ざん繰り返す安倍政権の危険性
8安倍首相が遊説でSEALDsから逃亡
9NHKディレクターが語る原発報道圧力
10安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
11党首討論で古市、橋本が安倍びいき司会
12大手メディア参院選情勢調査の結果は
13山本太郎が安倍にガリガリ君問題を追及
14「#自民党に質問」で質問無視のヤラセ
15舛添よりヒドい安倍の政治資金第二弾!
16百田尚樹は田母神を応援した責任をとれ
17安倍がFacebookで報ステ党首討論攻撃
18安倍のPR動画パロディを自民党が削除
19日本会議の抱える“後ろめたさ”とは?
20日本企業のタックスヘイブンが激増!
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」