>  >  > 川島なお美が近藤誠の診断を告発

川島なお美が遺著で近藤誠医師のセカンドオピニオンを告発していた!「あれは何だったの」「がんを放置しないで」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kawashima_151001_top.jpg
川島なお美オフィシャルブログ「『なおはん』のほっこり日和」より


〈抗がん剤や放射線治療に見向きもしなかったのも先生の影響かもしれません。でも、がんは放置さえすれば本当にいいのでしょうか?〉

 今年2015年9月に54歳と若くして胆管がんで亡くなった川島なお美が、ベストセラー『患者よ、がんと闘うな』などの著書をはじめ“がん放置療法”で知られる近藤誠医師を批判していたことがわかった。

 たしかに、川島は近藤医師からセカンドオピニオンを受けており、そのことが論議を呼んでいた。もともとは近藤医師自身が「文藝春秋」11月号で川島が2年前に近藤医師の外来を訪れ、がん治療のセカンドオピニオンを受けていた事実を明らかにしたのだが、その近藤医師のセカンドオピニオンの内容に対して医学界から「近藤氏の診断のせいで、手術を遅らせ、治るチャンスを逸してしまった」という批判の声が上がったのだ。

 だが、川島自身も近藤医師の診断に怒りをもっていたようだ。12月に発売された川島の遺作『カーテンコール』(川島なお美・鎧塚俊彦/新潮社)は闘病中の手記をまとめたものだが、近藤医師のセカンドオピニオン外来を受診した様子も克明に描かれているのだ。

 13年8月の精密検査で腫瘍が見つかった川島が近藤医師のもとを訪れたのは、翌月の9月のこと。

〈この人だったら命を預けてもいい、そう思える医師に出会えるまで手術はしないと決めて、納得するまでセカンドオピニオンを受け続け〉ることにした川島は近藤医師のセカンドオピニオン外来も予約する。

 近藤医師の著書を読んでいた川島は、その理由をこう書いている。

〈そもそも先生の著書で目からウロコだったのは、「ほとんどのがんはがんもどき。早期発見などで慌てて切るとロクなことはない。生活に支障なく元気ならば様子を見る、放置する、余命3カ月と言われた患者さんも、無駄な治療をせず放置して、何年も長生きしたケースを見てきた」というもの。こういう考え方もあるんだと、感心しました。そしてすぐさま先生に「ご意見を伺いたい!」とアポを取ったのでした〉

 しかし、近藤医師の診断は予想とはまったくちがうものだった。

この記事に関する本・雑誌

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍応援団「東京五輪で人権制限を」
2 安倍政権の沖縄いじめがヒドい!
3 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
4 小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
5 小池百合子は“女性の味方”じゃない!
6 瀬戸内寂聴がさらに激烈安倍批判
7 能年玲奈に前事務所が「本名、使うな」
8 鳥越俊太郎の女性問題を内調が調査開始
9 大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
10 小倉智昭が師匠・大橋巨泉に裏切り行為
11 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
12 SHELLYがネトウヨに堂々反撃
13 浅田舞が真央との不仲は母のせいと告白
14 林真理子が“夫のネトウヨ化”に嘆き節
15 自公が推す増田寛也と原発ムラ利権
16 痴漢行為Hey!Say!中島のドラマが
17 「不倫学」が教える防止策とは?
18 復帰の能年玲奈に事務所が妨害工作
19 天皇の「生前退位」は安倍改憲への抵抗
20 小林麻耶、乳がんの妹・麻央への思い
PR
PR
1天皇の「生前退位」は安倍改憲への抵抗
2石田純一が「一切の政治発言禁止」処分
3生前の永六輔が自民改憲草案を痛烈批判
4安倍が膳場や池上にもらした改憲の本音
5それでも石田純一の勇気を讃えよ!
6参院選“改憲隠し”はテレビも同罪!
7米空軍機が沖縄で照明弾発射の暴挙も
8鳥越俊太郎の女性問題を内調が調査開始
9日本会議会長が「軍隊つくる」、安倍も
10安倍政権の沖縄いじめがヒドい!
11安倍の御用TVが早速「改憲は必要」
12小池百合子は“女性の味方”じゃない!
13 林真理子が“夫のネトウヨ化”に嘆き節
14「与党2/3で改憲」発言の教師が謝罪
15小池百合子の本性は“極右ヘイト”だ
16自公が推す増田寛也と原発ムラ利権
17大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
18小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
19自民が新聞・テレビに違法広告ゴリ押し
20選挙特番がボツにした日本会議のテープ
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」