>  >  > 川島なお美が近藤誠の診断を告発

川島なお美が遺著で近藤誠医師のセカンドオピニオンを告発していた!「あれは何だったの」「がんを放置しないで」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kawashima_151001_top.jpg
川島なお美オフィシャルブログ「『なおはん』のほっこり日和」より


〈抗がん剤や放射線治療に見向きもしなかったのも先生の影響かもしれません。でも、がんは放置さえすれば本当にいいのでしょうか?〉

 今年2015年9月に54歳と若くして胆管がんで亡くなった川島なお美が、ベストセラー『患者よ、がんと闘うな』などの著書をはじめ“がん放置療法”で知られる近藤誠医師を批判していたことがわかった。

 たしかに、川島は近藤医師からセカンドオピニオンを受けており、そのことが論議を呼んでいた。もともとは近藤医師自身が「文藝春秋」11月号で川島が2年前に近藤医師の外来を訪れ、がん治療のセカンドオピニオンを受けていた事実を明らかにしたのだが、その近藤医師のセカンドオピニオンの内容に対して医学界から「近藤氏の診断のせいで、手術を遅らせ、治るチャンスを逸してしまった」という批判の声が上がったのだ。

 だが、川島自身も近藤医師の診断に怒りをもっていたようだ。12月に発売された川島の遺作『カーテンコール』(川島なお美・鎧塚俊彦/新潮社)は闘病中の手記をまとめたものだが、近藤医師のセカンドオピニオン外来を受診した様子も克明に描かれているのだ。

 13年8月の精密検査で腫瘍が見つかった川島が近藤医師のもとを訪れたのは、翌月の9月のこと。

〈この人だったら命を預けてもいい、そう思える医師に出会えるまで手術はしないと決めて、納得するまでセカンドオピニオンを受け続け〉ることにした川島は近藤医師のセカンドオピニオン外来も予約する。

 近藤医師の著書を読んでいた川島は、その理由をこう書いている。

〈そもそも先生の著書で目からウロコだったのは、「ほとんどのがんはがんもどき。早期発見などで慌てて切るとロクなことはない。生活に支障なく元気ならば様子を見る、放置する、余命3カ月と言われた患者さんも、無駄な治療をせず放置して、何年も長生きしたケースを見てきた」というもの。こういう考え方もあるんだと、感心しました。そしてすぐさま先生に「ご意見を伺いたい!」とアポを取ったのでした〉

 しかし、近藤医師の診断は予想とはまったくちがうものだった。

この記事に関する本・雑誌

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 慎太郎「障害者殺戮犯の気持ち分かる」
2 現役自衛官が“海外派兵”強制を暴露
3 “万引き老人”たちの壮絶な貧困
4 もんじゅ廃炉で原発ムラに新たな利権が
5 安倍が米の男女平等イベントで失笑発言
6 福原愛の活躍の裏に父母との決別が
7 SMAP解散は香取慎吾のせいじゃない
8 安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
9 『とと姉ちゃん』を「暮しの手帖」が批判
10 炎上!長谷川豊ら「医療亡国論」の詐術
11 稲田朋美が夫の軍事産業株保有で逆ギレ
12 キムタク最大のタブーとは?
13 SMAPベストアルバムの裏事情
14 川島なお美が近藤誠の診断を告発
15 盛り土で慎太郎の責任にテレビが沈黙
16 ジャニーズでSMAPとキスマイいじめ!
17 福島原発“凍土壁”崩壊の戦犯は安倍政権
18 グッディ!土田マジギレ真の原因
19 長渕剛がライヴで反安倍メッセージ!
20 「暮しの手帖」に「政治的すぎ」と批判
PR
PR
1盛り土で慎太郎の責任にテレビが沈黙
2稲田朋美も富山市議と同じ不正を
3辺野古判決の裏に裁判所の露骨人事!
4『とと姉ちゃん』を「暮しの手帖」が批判
5TBS山内アナが二重国籍のヘイト攻撃
6安倍が米の男女平等イベントで失笑発言
7慎太郎「障害者殺戮犯の気持ち分かる」
8稲田朋美、南スーダン視察中止の無責任
9稲田朋美が夫の軍事産業株保有で逆ギレ
10炎上!長谷川豊ら「医療亡国論」の詐術
11 “万引き老人”たちの壮絶な貧困
12福島原発“凍土壁”崩壊の戦犯は安倍政権
13新潮が天皇の生前退位を“暴走”と攻撃
14新潟県知事不出馬はやはり原発ムラ圧力
15「暮しの手帖」に「政治的すぎ」と批判
16北朝鮮への先制攻撃論と悪夢のシナリオ
17奴隷労働を強いられるベトナム人留学生
18もんじゅ廃炉で原発ムラに新たな利権が
19Kダブシャインが日本の音楽状況を批判
20現役自衛官が“海外派兵”強制を暴露
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」