“政権の腹話術人形”日本テレビ青山和弘の「安倍首相擁護本」が露骨すぎる! 辻元清美への野次も「声なき声が出ただけ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
honne_151016_top.jpg
青山和弘『安倍さんとホンネで話した700時間』(PHP研究所)

 思えば安保法制というのは、いかにテレビが安倍政権に従属しているのかを推し量る試金石でもあった。安保法制の今国会可決を望まない国民が大多数を占めていたことを考えれば、本来、報道の役割は、法案の疑問点や穴を追及することにあったはず。しかし、その役割を放棄するばかりか、耳を疑うような発言も多々飛び出した。なかでも象徴的だったのが、これ。

「この法案が廃案にされては困りますので、うまくこう、巻き込んでいく」

 発言主は、日本テレビ報道局解説委員・政治部副部長である青山和弘氏。先月、安倍首相が生出演した『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)での発言だ。「法案が廃案にされては困る」とは、まさしく安倍首相の気持ちを代弁しているだけのコメント。この青山氏の醜態を過去の記事において本サイトでは“政権の腹話術人形”と表現した。

 だが、この腹話術人形が今度はペンを握って本を書いた。タイトルはスバリ『安倍さんとホンネで話した700時間』(PHP研究所)。もちろん、“総理と政治部記者の丁々発止な駆け引き”や“記者生命をかけて政治の裏側を暴く”なんて緊張感は皆無、冒頭から安倍邸で昭恵夫人に出されたクッキーを「ボリボリと」仲良く頬張りつつ聞いた話からスタートするという弛緩っぷりを見せつける。

 まず、青山氏が何を主張するかといえば、それは安倍首相のゴルフの腕前だ。飛距離はそこそこだが、スコアも80台をたたき出すこともあるらしい。そこから青山氏は、安倍首相のプレイの攻める姿勢を挙げ〈安倍さんは元来、強気の性格なのだ〉と導き、安倍首相本人が自称するように〈闘う政治家〉なのだと強調する。一方、小学生時代には捨て犬を拾ってきたというエピソードを披露、安倍首相は心のやさしい人物なのだ、よって信頼もあつい……と話をつなげてゆく。

 こんな人物評でよく報道局解説委員がつとまるものだと呆気にとられるが、当然、安倍首相のフォローの仕方は驚愕の域に達していた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

安倍さんとホンネで話した700時間

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 2枚目のFAXを封殺、官邸の情報操作
2 籠池証人喚問で自民党議員の質問に唖然
3 昭恵夫人付役人から籠池に予算化報告
4 宮古島、石垣島が米中戦争の捨て石に!
5 稲田夫が籠池と財務局との交渉に同席
6 安倍政権御用ジャーナリスト大賞
7 籠池の依頼で昭恵夫人が口利きか
8 国税の税務調査を使った報道への圧力
9 安倍が防大卒業式で軍人勅諭ばり訓示!
10 安倍100万円振込票と長女の目撃証言
11 厚切りジェイソンが日本のお笑い批判!
12 つるの剛士が「親学」の広告塔的役割
13 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
14 安倍応援団の情報操作に騙されるな!
15 籠池独占取材した菅野完爆弾会見の中身
16 籠池インタビューから証人喚問を予測
17 安倍首相のオカルト行動を昭恵が証言
18 松本人志が森友問題から逃げた!
19 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
20 日本会議が森友学園をネトウヨと排撃
PR
PR
1籠池独占取材した菅野完爆弾会見の中身
2福島原発事故の主犯は安倍晋三だ!
3小籔千豊「教育勅語は悪くない」は無知
4福島飯舘村からの悲痛な叫びを報ステが
5 昭恵夫人付役人から籠池に予算化報告
62枚目のFAXを封殺、官邸の情報操作
7安倍首相の3.11会見打ち切りの冷酷
8安倍が防大卒業式で軍人勅諭ばり訓示!
9籠池理事長が「安倍首相から100万円」
10籠池理事長の豹変の裏に官邸からの圧力
11籠池理事長が稲田朋美との関係を証言
12安倍100万円振込票と長女の目撃証言
13甲状腺がん「原発と関係ない」に反論!
14教育勅語復活論者の現代語訳はニセ物だ
15迫田、松井、昭恵も証人喚問せよ
16安倍応援団の情報操作に騙されるな!
17“第二の森友学園”関係者を最高裁判事に
18森友で橋下と松井が国の圧力暴露も…
19昭恵夫人の口利きで8千万円の予算が
20田崎が“籠池が稲田にセクハラ”の噂を
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」