NMB須藤凛々花センター抜擢の裏に幻冬舎・見城徹の激推し?「りりぽん、超絶カワイイ!」と

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sutoririka_150708.jpg
上・「新世代トークアプリ755」公式サイト須藤凜々花のトーク/下・株式会社幻冬舎 代表取締役社長 見城徹オフィシャルブログ「ケンケンかく想いき」Powered by Amebaより


 7月15日に発売されるNMB48の新曲「ドリアン少年」の単独センターに抜擢されただけでなく、冠番組『NMB48須藤凛々花の麻雀ガチバトル!りりぽんのトップ目とったんで!』(TBSチャンネル1)のスタートも発表されたAKBグループの大型新人「りりぽん」こと須藤凛々花。「夢は哲学者」と語る異彩ぶりに本サイトも1年前から彼女に注目してきたが、この運営による突然の“激推し”に、ファンのあいだからは「あの人の影響か……」という声が噴出している。あの人とは、幻冬舎社長の見城徹である。

 見城といえば、先日、「FRIDAY」(講談社)に秋元康やIT起業家たちとともに安倍首相を囲んで総理公邸の西階段で撮った“組閣ごっこ”写真が掲載されたばかり。秋元・見城両氏がいかに安倍首相と癒着し、政治に取り入ろうとしているかは既報の通りだが、じつは見城、大のりりぽんヲタなのである。

「須藤凜々花以外、興味がありません」
「あの初々しさが堪りません。命の美しさを感じます。オリジナリティの塊です」
「須藤凜々花は「天使」なのです。読書をし、考えている限りは「人間」足り得ないのです。彼女が優れた「認識者」の知識を元に「行為者」である「人間」になる時、彼女の人生は始まるのです。須藤凜々花は身も心も優れた美しい稀有な「天使」なのです」(トークアプリ755のコメントより)

 ……ちなみに見城の年齢は64歳。そんないい歳をしたおじさんが18歳の女子に「天使」などとつぶやいている絵はじつにうすら寒いが、見城は彼女を売り出すことにかなり本気なようで、現在は本の出版を計画。「アイドルとは思えないあの言葉をどうやったら生き生きと本に定着出来るか」を日々考えているらしい。

 そもそも、ふたりが接点をもったのは755でのこと。昨年の秋、須藤が見城へ、以下のように“突撃”したことがはじまりだった。

「私は人生に意味は無いと考えています。決して悲観的に捉えている訳ではなくて、人生に意味は無いんだから好きなように生きようぜ!というような風味です。たかが17年しか生きていない小娘の意見なのですが、見城先輩は人生についてどうお考えですか」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ドリアン少年 (通常盤Type-A)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

NMB須藤凛々花センター抜擢の裏に幻冬舎・見城徹の激推し?「りりぽん、超絶カワイイ!」とのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。NMB48大方 草幻冬舎の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
4 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
5 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
14 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画