萩原流行妻の警察批判は妄想ではない! 児童買春、覚せい剤…警察は不祥事隠しの常習犯だ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hagiwaranagare_150624.jpg
萩原流行 official ブログ by ダイヤモンドブログより


「萩原流行の名誉の回復、着せられた汚名をすすぎたい」
 
 7月1日、故・萩原流行さんの妻・まゆ美さんが会見を行い、改めて警察への闘争を宣言した。

 今年4月22日萩原流行さんが死亡したバイク事故に関しては、警察の護送車が原因だったにもかかわらず、警察がそれを隠蔽したことが判明していたが、今回、ようやくまゆ美さんに対して非を認め、謝罪したという。

 だが、まゆ美さんは、今回、さらなる疑惑に踏み込んだ。それは警察の卑劣な情報操作だ。

 萩原さんは2013年1月、萩原さんが自動車を運転中に自転車と接触し、その後、検事による現場検証で、萩原さんの責任でないことがわかり、不起訴になっていた。ところが、14年の10月に萩原さんがバイク事故を起こすと、萩原さんが事実を否定し、証拠も不十分であるにもかかわらず、警察は今年4月になって「ひき逃げ書類送検」と発表。あわせて不起訴になっている13年の事故の情報まで流したのだという。

 まゆ美さんはこれを「警察の意趣返し」だったと指摘していたが、こうした警察の情報操作は今回、萩原さんが死亡した事故でも、行われたという。

 護送車の関与を隠蔽するために、過去の2つの事故が関連づけられて報じられたと、まゆ美さんは今回の会見で警察を批判したのだ。

「関係のない前の事故の話を持ち出し、(萩原は)事故を何度も起こす人との決めつけ、不注意な人とのイメージをつけた」

 それだけでなく萩原さんが罹っていたうつ病と事故とも関連付け、「転倒前からふらふらとした運転だった」「服用していた薬の影響!?」などとあたかも萩原サイドの過失、さらには自殺説さえ臭わせるような報道さえされていたのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

本当にワルイのは警察~国家権力の知られざる裏の顔 (宝島社新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

萩原流行妻の警察批判は妄想ではない! 児童買春、覚せい剤…警察は不祥事隠しの常習犯だのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。マスコミ南村 延編集部警察の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
9 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
10 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
12 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
18 原発広告に文化人や芸能人が
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画