今なぜ“尽くす女”が礼賛されるのか?「ViVi」“プロ彼女”特集炎上問題を考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
vivi_01_150406.jpg
「ViVi」(講談社)2015年4月号

〈今、モテ男性有名人が続々結婚している相手として話題の“プロ彼女”。男性の要求をすべて飲みとことん尽くすのが特徴。なるのは大変そうだけど、なれば一流の男をGETできる!?〉

 このような煽りが、女性ファッション誌「ViVi」(講談社)4月号に躍った。企画タイトルは「なれるものなら“プロ彼女”!!」。──ここで「あれ?」と感じた読者も少なからずいるはず。そう、本サイトでも以前指摘したように、「プロ彼女」という言葉は、もともとはエッセイストの能町みね子がロンドンブーツ1号2号・田村淳の結婚相手について〈「彼女は一般女性というよりはプロの女性だろう」みたいに書いた〉ことがきっかけで生まれた言葉だ。この皮肉が込められた言葉を、「女性自身」(光文社)が西島秀俊の結婚と絡めて“男に尽くすプロ級の彼女”という違う意味で使用。そして今回、「ViVi」もまた誤用しているのだ。

 しかも「ViVi」が悪質なのは、「プロ彼女」の定義を“あえて間違って”説明している点。なんと、わざわざ上述した能町がこの言葉を生んだ経緯を書きつつ、以下のように開き直っている。

〈その後、西島秀俊さんの結婚についての週刊誌記事の解釈で語意が変わり、西島秀俊さんの彼女に求める条件が「男の浮気は許す」、「メールの返信がなくても気にしない」など極端に厳しかったことから、次第に“プロ彼女”とは、これらをクリアした女性という意味に変わっていった。※ViViの記事も後者の定義で作成しています。〉

 いやいや、意味が変わっていったんじゃなくて、意図的に意味を変えているのは「ViVi」編集部じゃん!……とツッコまずにいられないが、このふてぶてしい態度にキレたのは、もちろん生みの親たる能町である。

 能町は「週刊文春」(文藝春秋)の連載で、「ViVi」編集部から取材依頼があったことを明かし、〈私はこの単語を褒め言葉として広める気はないので(取材依頼を)断ったのです。だから、あとで私に文句を言われないようにやたら定義が丁寧に書いてあるんでしょう〉と説明。〈言うまでもないけど、私は皮肉で言ってたのです。今どき召し使いに徹して芸能人の妻という名誉や財産を手にするなんて「プロ」の女だ、と〉〈皮肉な言葉が褒め言葉として使われているのが悔しい。(中略)これでは私の生み出した言葉が古すぎる価値観の女を再生産することになってしまう〉と憤慨している。

 この能町の怒りはもっともである。というのも、問題の「ViVi」の記事は案の定、炎上したのだが、それは「プロ彼女」の誤用が理由ではなく、内容があまりにひどいシロモノだったからだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

雑誌タイトルコピー大全 女性誌編

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

今なぜ“尽くす女”が礼賛されるのか?「ViVi」“プロ彼女”特集炎上問題を考えるのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ViVi田岡 尼能町みね子誤用雑誌の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
12 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
13 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画