高校教諭の「子猫生き埋め」事件で思い出す、あの作家の「子猫殺し」事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
konekogoroshi_01_150402.jpg
『「子猫殺し」を語る──生き物の生と死を幻想から現実へ』(双風舎)

 千葉県の県立高校で発覚した教諭による子猫生き埋め問題。「授業に支障があり、自分の責任で処分しなければいけないという考えが先に立ってしまった」とこの教諭は説明したが、その「手口」は学校の敷地に目的を告げず生徒の手で穴を掘らせ、生まれたばかりの子猫5匹を生きたまま埋めるという陰惨なものだった。事態が発覚した後の3月23日、同校には抗議の電話が殺到、県教育委員会にも1日で100件近い苦情が寄せられた。生徒のなかにはショックを受けた者もいて、同校は「心のケアが必要」と表明した。何も知らずに穴を掘らされた生徒の心の傷は計り知れない。

 この一件で「あの騒動」を想起した人も多いかもしれない。2006年、直木賞作家の坂東眞砂子氏(故人)が「子猫殺し」なるエッセイを日本経済新聞に寄稿した。それは当時タヒチ在住だった坂東氏が飼っていた猫に生まれた子猫たちを、目が開かないうちに高さ2メートルの崖から放り投げていると明かしたもの。避妊手術の是非を考えた結果だという。文章はこう続く。

《人は他の生き物に対して、避妊手術を行う権利などない。生まれた子を殺す権利もない。それでも、愛玩のために生き物を飼いたいならば、飼い主としては、自分のより納得できる道を選択するしかない。
 私は自分の育ててきた猫の『生』の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した。もちろん、それに伴う殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである。》
《家の隣の崖の下がちょうど空地になっているので、生まれ落ちるや、そこに放り投げるのである。(中略)子猫の死骸が増えたとて、人間の生活環境に被害は及ぼさない。自然に還るだけだ。》
《避妊手術を、まず考えた。しかし、どうも決心がつかない。獣の雌にとっての「生」とは、盛りのついた時にセックスして、子供を産むことではないか。その本質的な生を、人間の都合で奪いとっていいものだろうか。》
《飼い猫に避妊手術を施すことは、飼い主の責任だといわれている。しかし、それは飼い主の都合でもある。(中略)
 ただ、この問題に関しては、生まれてすぐの子猫を殺しても同じことだ。子種を殺すか、できた子を殺すかの差だ。避妊手術のほうが、殺しという厭なことに手を染めずにすむ。
 そして、この差の間には、親猫にとっての「生」の経験の有無、子猫にとっては、殺されるという悲劇が横たわっている。どっちがいいとか悪いとか、いえるものではない》

 掲載直後から抗議やネットへの書き込みが殺到。日経新聞には掲載1週間の間に1000通ものメールや電話が舞い込んだ。「不快」「理解できない」などの声が多数。

 ジャーナリストの江川紹子氏は「子猫が生まれないように避妊手術をすることと子猫の命を奪うことを同列に論じている坂東さんの論理はおかしい。何が猫にとっての幸せかは猫でなければ分からない。突然殺されることに子猫は悲しんでいるはずだ。猫は野生動物とは違う。人間とのかかわりの中で生きてきた猫と、どう幸せに寄り添っていくかをもっと考えるべきだ」(産経新聞06年8月25日付)と断じた。さらにタヒチを管轄するポリネシア政府は坂東氏の行為を動物虐待に当たるとして裁判所に告発する動きを見せた。小池百合子環境相(当時)も「去勢はかわいそうという観点と思うが、人間や地域との共生をさぐろうというなかで、殺すというのは究極の形」と話した。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

100グラムのいのち ペットを殺処分から救う奇跡の手 (ノンフィクション・生きるチカラ)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

高校教諭の「子猫生き埋め」事件で思い出す、あの作家の「子猫殺し」事件のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。動物坂東眞砂子江川紹子相模弘希虐待の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
4 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
10 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
11 財務次官セクハラが海外メディアでも
12 麻生太郎が愛人の店に2360万円
13 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17 雪印告発の社長が中国産野菜告発
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
20 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
17自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!