松尾スズキが女優論「私を通りすぎた女優たち」を独白! でもあの女優のことだけは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
matsuosuzuki_140914.jpg
「大人計画 OFFICIAL WEBSITE」より


 2007年に公開された映画『クワイエットルームへようこそ』以来、約7年ぶりとなる監督作品『ジヌよさらば〜かむろば村へ〜』が公開中の松尾スズキ。近年では、『あまちゃん』でNHKの朝ドラを手がけるまでの“国民的脚本家”となった弟子・宮藤官九郎の陰に隠れ気味で、「クドカンと阿部サダヲを見出した功労者」「脇役でいい味出してるおじさん」はては「クドカンファミリーの松尾スズキ」扱いされる始末。以前、お伝えしたように、その心中は穏やかではない様子だ。

 だが、松尾といえば90年代の小劇場ブームを牽引した立役者のひとり。舞台はもちろん、映画でも独特の演出を見せてきたが、なかでも女優の隠れた魅力を引き出すことでも定評がある。とくに今回の『ジヌよさらば』は、「松たか子と二階堂ふみのお色気シーンがすごい」と評判だ。

 たとえば、二階堂は映画のなかで怪しい女子高生を演じているのだが、パンツが丸見えになるというシーンが。初日舞台挨拶で二階堂は「どうですかね? さらけ出したつもりなんですけど」と話し、そのパンツ公開シーンでは拍手さえ起こったというが、撮影の舞台裏を松尾はこう語っている。

「二階堂さんはオープンな方で、全然抵抗なく演じてくれました。『預金通帳を見ながらゴロゴロして』と言っただけです。短いスカートからパンツが見えちゃうことぐらい承知で、ケロッとして演じてくれました」

 松尾がこのように話しているのは、現在発売中の「文學界」(文藝春秋)でのインタビューでのこと。「私を通りすぎた女優たち」と題し、女優論について語っているのだが、今回の映画でキャスティングした二階堂について松尾は、ドラマ『熱海の捜査官』(テレビ朝日系/2010年)で共演した際、「人柄に惹かれた」と言う。

「彼女はまだ十五歳ぐらいの高校生だったけど、自分の言葉で喋る人だった。自分を腐女子だと言い切っていて、いろんな妄想を撮影の合間に話してくれました(笑)。沖縄の街なかで育って、お祖母ちゃんもお母さんもファッションに明るく、家から三分の場所に映画館があるので映画をよく観ていたというバックボーンを聞いて、センスの良さはそういうことかとも思いました」

 松尾は5月末から上演される舞台『不倫探偵 ~最期の過ち~』でも二階堂を起用。松尾の二階堂への惚れっぷりが伝わってくるが、一方の松たか子についても思い入れは深いようだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

現代、野蛮人入門 (角川SSC新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

松尾スズキが女優論「私を通りすぎた女優たち」を独白! でもあの女優のことだけは…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。不倫二階堂ふみ大方 草松尾スズキ演劇の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
13 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
19上念司もケントと同様、加計の客員教授
20セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃