『おかげさまで生きる』東大病院医師に霊感セミナー疑惑…ヤバすぎる思想と版元の責任

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
okagesama_01_140919.jpg
「週刊文春」に霊感セミナー疑惑を報じられた矢作直樹医師(『おかげさまで生きる』幻冬舎)

 今日発売の「週刊文春」(文藝春秋)4月16日号が、ベストセラー『人は死なない ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索』(バジリコ)『おかげさまで生きる』(幻冬舎)などの著書で知られる、東京大学大学院医学系研究科・医学部救急医学分野教授で東大医学部付属病院救急部・集中治療部長の矢作直樹氏の“霊感セミナー”疑惑を報道している。(記事の全文は「週刊文春デジタル」で購読可能→外部リンク

 同誌によれば、昨年春、東大病院内に矢作氏が顧問で、矢作氏の教え子である東大病院のI医師が代表を務める「未来医療研究会」が発足。ここが“スピリチュアル業者”による霊感商法の営業の場になっており、浄化効果のある「水晶の粉」や宇宙と繋がることができる「ミュージックローション」などが売られているという。

 病気の治療にやってくる患者の不安につけこんで、非科学的なオカルト思想をふりまき、怪しげな商品を売りつける行為が国立病院の中で行われ、その場所を医師が主宰していた──。事実なら医師失格ともいえる大問題だが、実は本サイトはかなり早くから、矢作氏の思想の危うさ、そして矢作氏のような医師を雇用し続けている東大病院の責任を厳しく指摘していた。

 以下に、再録するのでぜひ、読んでみてほしい。

「東大医師のベストセラー『おかげさまで生きる』がオカルトすぎる」(リンク

「憑依、守護霊、前世にUFO…東大医学部教授のオカルトがとまらない ..」(リンク

 ついでに、この騒動でもうひとつ指摘しておきたいのは、ベストセラー『おかげさまで生きる』を出版し、矢作氏を売り出したのが、あの幻冬舎だという事実だ。幻冬舎といえば、さまざまな嘘が発覚しているノンフィクション、百田尚樹『殉愛』の版元でもある。

 幻冬舎の見城徹取締役社長はテレビ朝日の番組審議会委員長を務め、安倍政権の意向を反映する形で、「公正中立」を錦の御旗に番組に圧力をかけ続けているといわれるが、一方で、自分の会社ではこんな問題のある本を平気で出版し続けている。BPOの対象となるべきはテレビ朝日でなく、幻冬舎のほうではないのか。
(小石川シンイチ)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

『おかげさまで生きる』東大病院医師に霊感セミナー疑惑…ヤバすぎる思想と版元の責任のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。スピリチュアル小石川シンイチ幻冬舎矢作直樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
3 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
6 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
7 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
11 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
12 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
13 財務次官セクハラが海外メディアでも
14 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
15 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 財務次官セクハラが海外メディアでも