獄中結婚!木嶋佳苗が小説を出版 でも中身は“名器自慢”満載の官能小説だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kijimakanae_01_150324.jpg
自伝的小説を出版した木嶋佳苗被告(ニコニコ動画「木嶋佳苗チャンネル」より)


 名器自慢をはじめ、数々のセックス証言が繰り出されて大きな話題となった「首都圏連続不審死事件」の木嶋佳苗被告が衝撃的な内容の小説を発表した。タイトルは『礼賛』(角川書店)という。
 
 これまでもブログで自分の過去を語り、マスコミにも手記を発表してきた木嶋被告。今回は一応、小説という形をとっており、主人公も“木山花菜”と実名ではないが、その生い立ちや愛人遍歴などは、公判やマスコミ報道で明らかにされてきた事件に至るまでの“軌跡”とほとんど一致する。自伝小説といっていいだろう。

 北海道の名家に生まれた花菜は、幼少期から早熟な少女だった。尊敬すべき父親と優しい祖父母たち。文化的教養に満ちた家庭環境。小説には、スコーン、クイーン・アン・シェイプ、シベリウスの交響曲第二番というように、ブランド名やクラシック音楽、オシャレな食べ物などが随所に登場し、彼女がいかに“知性”を備えた“素敵”な女性だったかが演出される。特に食べ物に関してのこだわりはひと際だ。

〈父と母は、素材、調理法、食べ方、そして命を養う糧としての食の知識を私達に教えたのだ。それはグルメを超越した本当の美食のレッスンだった。父が何事につけ求めていたものは、優雅さであったと思う。〉

 だが、父親を最大限賛美する一方、母親の記述は辛辣だ。花菜は4人妹弟の中で母から最も疎まれ、虐待まで受けていた。そんな母親を父親と比較し、軽蔑する花菜。

 これは、母娘、あるいは父娘の関係が主題になった小説なのかと思いきや、しかし、高校時代の描写に入ると、トーンは一変する。

〈私が初めてセックスしたのは、高二の夏休みのことだった。〉

 そう。この一文の後、怒濤のセックス描写が始まるのだ。

 夏期講習のため一泊2万円もする札幌のシティホテルに滞在していた16歳の花菜は一人の男性に声をかけられる。東京の一級建築士で32歳だという宮部徹だった。徹は連日豪華な夕食に誘ってプレゼントを渡し、花菜はそれに当然のように応じていく。そして帯広に移る花菜に徹も同行し、そこで2人は結ばれた。

〈「舌を出してごらん」と、言われ、素直に出した私の舌を、カレは頬をへこませて強く吸った。(略)彼の手は休むことなく私の耳や首筋を這い、私と彼の口からは、温かい唾液と舌がセクシャルな音を立て、熱い息が混じり、このキスに終わりがあるとは思えなかった。
「徹さん……もう、立っていられない…はぁっ」〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

獄中結婚!木嶋佳苗が小説を出版 でも中身は“名器自慢”満載の官能小説だったのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。木嶋佳苗林グンマ肉食女子首都圏連続不審死事件の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
4 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
14 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 原発広告に文化人や芸能人が
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
19 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
20 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画