獄中結婚!木嶋佳苗が小説を出版 でも中身は“名器自慢”満載の官能小説だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kijimakanae_01_150324.jpg
自伝的小説を出版した木嶋佳苗被告(ニコニコ動画「木嶋佳苗チャンネル」より)


 名器自慢をはじめ、数々のセックス証言が繰り出されて大きな話題となった「首都圏連続不審死事件」の木嶋佳苗被告が衝撃的な内容の小説を発表した。タイトルは『礼賛』(角川書店)という。
 
 これまでもブログで自分の過去を語り、マスコミにも手記を発表してきた木嶋被告。今回は一応、小説という形をとっており、主人公も“木山花菜”と実名ではないが、その生い立ちや愛人遍歴などは、公判やマスコミ報道で明らかにされてきた事件に至るまでの“軌跡”とほとんど一致する。自伝小説といっていいだろう。

 北海道の名家に生まれた花菜は、幼少期から早熟な少女だった。尊敬すべき父親と優しい祖父母たち。文化的教養に満ちた家庭環境。小説には、スコーン、クイーン・アン・シェイプ、シベリウスの交響曲第二番というように、ブランド名やクラシック音楽、オシャレな食べ物などが随所に登場し、彼女がいかに“知性”を備えた“素敵”な女性だったかが演出される。特に食べ物に関してのこだわりはひと際だ。

〈父と母は、素材、調理法、食べ方、そして命を養う糧としての食の知識を私達に教えたのだ。それはグルメを超越した本当の美食のレッスンだった。父が何事につけ求めていたものは、優雅さであったと思う。〉

 だが、父親を最大限賛美する一方、母親の記述は辛辣だ。花菜は4人妹弟の中で母から最も疎まれ、虐待まで受けていた。そんな母親を父親と比較し、軽蔑する花菜。

 これは、母娘、あるいは父娘の関係が主題になった小説なのかと思いきや、しかし、高校時代の描写に入ると、トーンは一変する。

〈私が初めてセックスしたのは、高二の夏休みのことだった。〉

 そう。この一文の後、怒濤のセックス描写が始まるのだ。

 夏期講習のため一泊2万円もする札幌のシティホテルに滞在していた16歳の花菜は一人の男性に声をかけられる。東京の一級建築士で32歳だという宮部徹だった。徹は連日豪華な夕食に誘ってプレゼントを渡し、花菜はそれに当然のように応じていく。そして帯広に移る花菜に徹も同行し、そこで2人は結ばれた。

〈「舌を出してごらん」と、言われ、素直に出した私の舌を、カレは頬をへこませて強く吸った。(略)彼の手は休むことなく私の耳や首筋を這い、私と彼の口からは、温かい唾液と舌がセクシャルな音を立て、熱い息が混じり、このキスに終わりがあるとは思えなかった。
「徹さん……もう、立っていられない…はぁっ」〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

獄中結婚!木嶋佳苗が小説を出版 でも中身は“名器自慢”満載の官能小説だったのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。木嶋佳苗林グンマ肉食女子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 トランプ的どっちもどっち論横行の日本
2 綾瀬はるかが毒ガス製造の元兵士を取材
3 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
4 ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
5 欅坂46平手欠席の背景にブラック労働
6 テレ朝が萩生田に全面謝罪した背景
7 『永遠の0』は恐い!元特攻要員が批判
8 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
9 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
10 幹部から新人までほとんどが商売右翼
11 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
12 ローラが所属プロと奴隷契約トラブルも
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 水木しげるが描いた慰安婦「地獄だ」
15 トランプ入国禁止令で安倍のポチぶり
16 グッディ!土田マジギレ真の原因
17 寂聴「憲法を汚した安倍は世界の恥」
18 市原悦子が語る戦争と安倍政権への怒り
19 久米宏、さんま、村本も東京五輪批判
20 高橋洋一ら安倍応援団が特区ビジネス
1吉川晃司が安倍の核禁止条約拒否を批判
2ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
3有森裕子が東京五輪の現状を批判
4 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
5菅官房長官が壊れ始めた!トンデモ会見
6加計幹部が官邸訪問、安倍と下村が
7森友新証拠!佐川の虚偽答弁が明らかに
8久米宏、さんま、村本も東京五輪批判
9テレ朝が萩生田に全面謝罪した背景
10市原悦子が語る戦争と安倍政権への怒り
11長崎のメッセージも安倍には届かず!
12綾瀬はるかが毒ガス製造の元兵士を取材
13安倍応援団が発狂状態でメディア攻撃
14グアム北ミサイルは存立危機事態でない
15安倍は原爆の日も核兵器禁止条約を黙殺
16獣医学の重鎮が加計と安倍首相を一刀両断
17仲代達矢と桂歌丸が語った戦争体験
18手塚治虫が描いた戦争をいま読み直す
19閉会中審査、小野寺防衛相も隠蔽体質
20極右丸出し”日本ファースト”は小池命名
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」