小泉今日子に新恋人発覚! マスコミが“不倫疑惑”に触れないのは事務所の圧力か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
koizumikyoko_150315.jpg
小泉今日子オフィシャルサイトより


 先週、週刊誌2誌で突如として報じられたキョンキョンこと小泉今日子のスクープ記事。「FRIDAY」(講談社)は、袋とじ8P(!)をさいて、新恋人とされる俳優・豊原功輔との複数の2ショット写真を掲載。「週刊文春」(文藝春秋)も、豊原の個人事務所と同住所に小泉も個人事務所を設立したことをつかみ、豊原との関係を絡めた独立騒動として報じた。

 だが、他の芸能マスコミの後追い報道は一切なし。そのうえ、キョンキョンの熱愛については、この2誌も報道していない疑惑があるらしい。それは、2人が不倫関係だったのではないかという疑惑だ。

「豊原には離婚歴があるらしいんですが、小泉とは結婚していた時から付き合っていたのではないか、といわれているんです。さらに、現在も別居しているが、まだ籍が抜けていないという情報もある。ところが、両誌はなぜか、そのことに触れていないんです」(マスコミ関係者)

 小泉といえば、芸能界のドンともいわれる周防郁雄社長率いるバーニングプロダクションの所属。社長のお気に入りの中でも特に高いランクにあるとされ、これまでスキャンダル報道からは守られてきた存在だ。ヨイショ的な記事はできても、スキャンダルに関しては事務所の顔色をうかがわざるを得ない。実際の彼女は交友関係も広くオープンな性格。夜遊び好きで、オトコ関係のネタをキャッチされることも少なくないが、ストレートには世に出ない。

「普通ならマイナスイメージになるであろう永瀬正敏との離婚すらも、事務所の働きかけで“自立した女性”のようなイメージを植え付けさせることに成功しています。その結果、小泉はアイドル時代から30年近くも芸能界で高い地位を維持し続け、50歳を目前にしても『あまちゃん』のような人気ドラマで重要な役どころでキャスティングされるというわけです」(週刊誌記者)

 そんなところから、今回もバーニングが動いて、両誌に“不倫”のことを書かせなかったのではないかといわれているのだ。

 そもそも、今回の報道を見た芸能マスコミ関係者の最初の印象は「お得意のリークでは?」というものだったという。バーニングは自社所属の女性タレントに恋人ができると、スクープとして暴かれる前に、事前にマスコミに情報を流すことで報道をコントロールする傾向があるからだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

T字路(初回限定盤)

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

小泉今日子に新恋人発覚! マスコミが“不倫疑惑”に触れないのは事務所の圧力かのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バーニングフライデー小泉今日子窪川弓豊原功輔週刊文春の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
6 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
7 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
8 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
9 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
10 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
15 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
16 葵つかさが引退宣言?松潤のせい?
17 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
18 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
19 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
20 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画