少年犯罪の凶悪化は嘘、昔のほうが酷かった! 中学生の連続爆破、小学生同士の殺人も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

・東京の公園内でスケート場から帰宅途中の、中学1年生(14)と中学2年生(14)の2人が、若い男に全裸にされ、下腹部をいたずらされたうえ、1人が喉などを刺され重傷をおった。現場近くに住んでいた職業訓練校生(18)が親族に付き添われて自首。「すべって転んだのを二人の中学生に見られ、笑われたのでカッとなってやった」と自供。

・大阪府、ビル地下の婦人用トイレで、女性(25)が無職の少女(19)に刺身包丁で刺され殺害された。少女の動機は「誰でも人を殺せば、刑務所に入れると思った」。

・東京都のマンション敷地内で、小学2年生の少女A(7)が死体で発見された。警察が、小学4年生の少女B(10)に様子を聞いたところ、Aをマンションの屋上(約25メートル)に連れ出し、突き落としたことを認めた。2人は運動会で同じ白組だったが、僅差で赤組に敗北。Bは、自分のクラスが弱かったから白組が負けたのだとAに言われ、衝動的に殺人に走ったという。

 以上は、衝動的な殺人の動機という面から、現在と過去に大差ないことを示す例だが、続いては70年代の犯罪史を特徴づける事案を取り上げる。たとえば1970年には高知県で少年(19)がセスナ機を爆破する事件があった。さらに、盗んだ乗用車で逃走し、追いすがるパトカーにダイナマイトを投擲している。この時代には、こうした爆撃事件が多発しており、その犯人が少年であったことも珍しくなかったのだ。

・大阪府、私立高校教諭の自宅のベランダで、「ドカン」という爆発音とともに、パチンコ玉が一斉に飛散、ガラス4枚が吹き飛び、白煙に覆われた。教諭は軽傷、家族も無事だったが、このパチンコ玉爆弾はベランダの囲いを貫通するなど殺傷能力は十分。犯行に及んだのは、その春高校を卒業、あるいは中退した17〜18歳の少年たちであった。

・群馬県の飲食店で、配達された菓子折りの大の小包を店主の妻が開封したところ、突然爆発。妻は胸や腹に大けが、そばにいた手伝いの女性も頭に大けがをおった。県警の捜査により、県立高校の2年生(16)が逮捕された。動機は、少年による家賃の取り立てに店主が応じなかったことに端を発する怨恨だった。得意科目の物理と科学の知識を生かし、爆弾を製造したという。

・福岡県の繁華街路上で、釘を仕込んだビンが爆発する事件があった。さらにその約1週間後には、同県の国鉄の駅のコインロッカーが爆発、1名が重傷、4名がけがをした。これらを含む7件の連続爆破事件で逮捕されたのは、中学3年生(14)の少年だった。動機について、「学校の友だちとうまく交際できず、むしゃくしゃしてやった。世間に対する反感から、みんなを驚かせたくてやった」と自供。さらには同級生の共犯者が2人いることもわかった。爆弾は少年の勉強部屋で製造されたという。

・栃木県下の警察署に置かれていたトランジスタ・ラジオに警部補が触れたところ爆発した。警部補は左手首を吹き飛ばされ、右手と腹部に大けが、左目を失明した。落とし物のラジオを装った爆弾で、釘や鉛片が詰め込まれていた。本件を含む連続5件の爆弾事件の容疑者として、まず同県の高校生3名が逮捕。同グループの主犯各だった少年(18)は、逃走を企て、指名手配された。少年は、グループの友人に「今の日本には破壊活動こそが必要だ。そのためにダイナマイトを盗まねばならない」などと語っており、実際に砕石現場からダイナマイトを窃盗していた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

少年犯罪の凶悪化は嘘、昔のほうが酷かった! 中学生の連続爆破、小学生同士の殺人ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。子ども少年犯罪川崎市中1男子生徒殺害事件梶田陽介殺人の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 “アベ友”医師がトンデモ差別発言連発
2 高プロ旗振り役・竹中平蔵が「残業代は補助金」
3 官邸の検察への圧力を物語る森友文書が
4 安倍そっくり!加計が報ステ記者を締め出し
5 NEWS手越不祥事をJ忖度メディアがスルー
6 加計理事長が大阪地震にぶつけて会見のゲス
7 サッカーW杯・テーマソングを徹底比較
8 森友学園が麻生財務相側近に口利き依頼
9 新潟県知事の花角「原発再稼働は当然」
10 蓮池透が南北会談めぐる安倍の姿勢を批判
11 安倍と加計の嘘を証明する資料発見!
12 ラストアイドル近田春夫曲が反安倍と炎上
13 大阪地震で差別デマ「スリーパーセルの仕業」
14 安倍が森友加計追及を鈍らせるため震災を政治利用
15 日朝交渉やる気なしの安倍が嘘の武勇伝でごまかし
16 和田政宗も絶賛「HINOMARU」とW杯
17 グッディ!土田マジギレ真の原因
18 『ZERO』降板の村尾、安倍首相ブチギレ事件
19 旭日旗は侵略戦争の象徴で禁止は当然だ
20 安倍カジノ法案強行の背景にトランプ!
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?
1新潟県知事の花角「原発再稼働は当然」
2加計理事長が大阪地震にぶつけて会見のゲス
3安倍と加計の嘘を証明する資料発見!
4 官邸の検察への圧力を物語る森友文書が
5安倍が森友加計追及を鈍らせるため震災を政治利用
6是枝監督へのネトウヨ攻撃に町山、想田、松尾が反論
7パックンが日本の芸人の権力迎合を分析
8 安倍そっくり!加計が報ステ記者を締め出し
9米朝会談でトランプ任せの安倍に蓮池透が怒り
10日朝交渉やる気なしの安倍が嘘の武勇伝でごまかし
11安倍カジノ法案強行の背景にトランプ!
12ラストアイドル近田春夫曲が反安倍と炎上
13 拉致進展なしで安倍が必死のゴマカシ!
14加藤勝信厚労相が高プロ調査をでっち上げ
15大阪地震で差別デマ「スリーパーセルの仕業」
16新潟知事選女性差別問題で花角候補直撃
17新潟県知事選で花角知事陣営がデマ攻撃
18サッカーW杯・テーマソングを徹底比較
19米朝会談開催地は朝鮮人慰安婦連行の地
20高プロ旗振り役・竹中平蔵が「残業代は補助金」
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄