弁当箱を開けたら切断された指が! 反抗期の娘に母親が作った「嫌がらせ弁当」が凄い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
iyagarase_150226.jpg
『今日も嫌がらせ弁当 反抗期ムスメに向けたキャラ弁ママの逆襲』(三才ブックス)

 たとえばFacebookなどで、ひとりのママ友が『妖怪ウォッチ』のキャラ弁をあげれば、ほかのママたちも我が我がと『アナ雪』だ、『仮面ライダードライブ』だ、『アイカツ』だのをアップして……。そうしたママ友間の激しい戦いが繰り広げられるのがキャラ弁の世界、かどうかは分からないが、子どもを喜ばせることがキャラ弁の目的だろう。弁当の蓋を開けるやいなや目をキラキラさせ、美味しそうに食べる我が子の姿を想像しながら、朝もはよからわざわざ凝った弁当を作るのではないだろうか。

 しかし蓋を開けたら、「切断された指」が入っていたらどう思うだろうか。人の指に造形したウインナーに、血に見たてたケチャップを添えた、その名も「残暑見舞い。身も心も凍りつけ!」弁当だったとしたら。

 そんな指弁当の作者は、八丈島に住むとあるシングルマザー・ttkk(Kaori)氏である。なぜ、彼女は可愛らしいキャラ弁ではなく恐ろしい弁当を作るのだろうか。

『今日も嫌がらせ弁当 反抗期ムスメに向けたキャラ弁ママの逆襲』(三才ブックス)によると、その名の通り「無視した返事をしない程度の可愛らしい」反抗期を迎えた高校生の次女への、「ささやかな抵抗としてスタート」したという。それをなんと、高校3年間毎日続けたというから大した執念である。

 さて、冒頭の指弁当は製作時期も初期のため、まだまだ序の口である。毎日作り続けたことで、嫌がらせ度も技術も目に見えて向上しているのだ。

 そのひとつとして、海苔文字が日に日に美文字に。その作り方がまた面倒極まりない。

「1.切り抜きたい文字や絵をトレーシングペーパーをのせボールペンでなぞって書き写す。2.カッティングボードの上に海苔を置き、トレーシングペーパーを重ねてカッターで切り抜く。(中略)5.チーズを下敷きにして並べる。(中略)全体の配置のバランスを見ながら、ご飯の上など、平らな部分に並べていく。完成!」

 こんな執念深い作業に、「早起きしろ!」「弁当箱出せヨ」といった母の主張を乗せるのだから、その思いが娘に伝わらないはずがない。

 嫌がらせ弁当2年目ともなると、技術力が格段にアップ。「缶コーヒー・BOSS」弁当や、「木工用ボンド」弁当、「日清・カップヌードル」弁当など、実在の商品を海苔やカニカマ、白飯などで精巧に模した弁当が登場。これがもはや、素人技ではないのだ。

 さらに3年目には、海苔で描く似顔絵弁当も進化。マツコ・デラックスや美川憲一、黒柳徹子、江頭2:50などなど、プロの似顔絵師顔負けの模写を披露するのだ。普通の絵でも絶賛するレベルなのに、これが海苔を切ったものなのだから、脱帽モノの器用さである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

今日も嫌がらせ弁当 反抗期ムスメに向けたキャラ弁ママの逆襲 【入荷予約】

  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

弁当箱を開けたら切断された指が! 反抗期の娘に母親が作った「嫌がらせ弁当」が凄いのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。女子高生家族弁当羽屋川ふみの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
4 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
10 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
11 財務次官セクハラが海外メディアでも
12 麻生太郎が愛人の店に2360万円
13 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17 雪印告発の社長が中国産野菜告発
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
20 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
17自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!