増加する中年童貞が抱える事情とは? 高学歴がネック、処女信仰、同性愛者のフリ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
chunendoutei_150222.jpg
『ルポ 中年童貞』(中村淳彦/幻冬舎)

 29歳男性の半分は童貞、異性に関わることを「面倒」「嫌悪」と回答した男性は30.4%――。新聞などで「日本男性の絶食化」と大々的に報じられた日本家族計画協会の調査が、間違いであったことが判明し話題になっている。性交経験率が5割を超えるのは「29歳」ではなく「20歳」の誤りだったというものだが、この調査に限らず「草食化」「絶食化」「セックス離れ」が声高に叫ばれて久しい。たとえば先の日本家族計画協会の調査も、16〜49歳の男女2676人に配布したアンケート回答(回答率42.4%)が基になっていたが、性の問題は極めて繊細な問題であるため、「セックス自体に興味がないのか」「興味はあるけれど、相手との人間関係が面倒だと思っているのか」といった細やかな部分は現実的に得られないだろう。にも関わらず、表面的な数字だけで「セックス離れ」と騒ぐのは、そもそもあまりに問題を大雑把にとらえていると言わざるを得ない。

 本当に日本人男性は「セックス離れ」しているのだろうか。40歳以上の性交未経験者への丹念なインタビューを試みた『ルポ 中年童貞』(中村淳彦/幻冬舎)を見ると、事態はそう簡単なものではないことを認識させられる。

 たとえば、秋葉原のシェアハウスに住んでいる、32歳の男性。高校を中退して引きこもり、一念発起して上京したものの、人付き合いが苦手で、女性との接点は「二次元だけ」。特定のアニメの主人公を好み、いわゆる「処女信仰」も持っている。とはいえ、「オタクの男が現実の女の子と付き合っているのを眺めると本当に羨ましいなって思う。僻みですね。なんであんな奴に彼女がいるの、って」と語っているところを見ると、生身の女性に興味がないわけではないのだろう。

 「女の人と話すときは壁を作って、なにも話せない。挨拶ぐらいはできても、日常会話は難しい。無理です」と話す彼は、現実逃避先として二次元の世界をよりどころにしているように思える。

 一方でリアルな恋愛が、「童貞」の理由になることもある。某塗料メーカーの研究室に勤務する34歳の男性は、人付き合いが苦手で、現在の職場でも「一流大学院卒の高学歴だからイジメに遭っている”と思い込んでおり、友人と呼べる人もいない。

 学生時代には好きな女性に告白したが、「無理」とたった一言でふられてしまう。そしてその辛さから逃れるために、リストカットを繰り返し、彼女が別の男性と楽しそうに歩いている姿を見た時には、大学の校門で首と手首を切り、精神病院に入院。

 その苦い経験があるからか、次に好きになった相手にはアプローチすることなく、ただただ日記に彼女との交際の様子をつづり、妄想を膨らますだけの日々を10年以上送っていたという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ルポ 中年童貞 (幻冬舎新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

増加する中年童貞が抱える事情とは? 高学歴がネック、処女信仰、同性愛者のフリ…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。中年江崎理生童貞の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
4 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
14 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 原発広告に文化人や芸能人が
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
19 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
20 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画