ビジネス本が語る企業の「進化論」は大ウソ! 99.9%が絶滅する現実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
rihujinnashinka_01_150204.jpg
『理不尽な進化 遺伝子と運のあいだ』(朝日出版社)

 日々大量に刊行される“自己啓発系ビジネス書”の数々。一体どんな「ビジネス」に役立つのかよくからないものばかりなのだが、これが近年ベストセラー連発の流行ジャンルなのである。書店の関連コーナーは、もはや一種の社会現象ではないかというくらいの盛り上がりようだ。だが、実際に中身を読んでみると、ずいぶん怪しいものが多いことがわかる。単なる成功者の自慢話だったり、人間力(?)を向上させるとかいう就活指南もどきだったり……。「なんぞこれ、どういう理屈?」と思うこともしばしばだ。

 この種の本を乱読するうちに、気づいたことがある。カリスマ経営者として知られる人物たちは、どういうわけか、そろいもそろってビジネスを“進化論”風に語ろうとするということだ。たとえばこんな具合。

「『適者生存』こそ真理です。滅びる企業は競争相手に負けたのではなく、日々刻々と変わっている環境にうまく適応できかったというだけのこと」(京セラ創業者・稲盛和夫)

「突然変異種をどれだけ持っているかが、企業の新たな発展の大きな力になる」(ダイキン工業取締役会長・井上礼之)

「国際輸送業者として世界的な営業網を充実させ、業績は伸びましたが、社員数は逆に減りました。むろん、リストラで減らしたのではなく、採用抑制による自然淘汰です」(近鉄エクスプレス元代表取締役会長・雲川俊夫)

 いわば“ビジネス進化論”である。その背後に透けて見えるのは、実績を挙げた企業や人材だけが優秀で他は愚劣だったという、あからさまな“強者の論理”だ。でも、こういうのって、一見もっともらしいけれど、本当なのだろうか? というか、世の中ってこんなに勝者とか強者とかいう人たちで溢れ返っているのだろうか?

 と、そんなことを考えているとき、たまたま、一冊の本を手に取った。その名も『理不尽な進化』(朝日出版社)。進化っていう言葉には進歩的で合理的なイメージがあるけれど、それが「理不尽」であるとは、なんとも意味深なネーミングである。著者は在野の哲学研究者であり文筆家の吉川浩満氏。本書は、現代の進化生物学に至る科学史として、あるいはエポックメイキングな大衆思想として、かのダーウィンの進化論がいかにして受容されてきたかを腑分けする哲学的・科学的エッセイなのだが、とりわけ、気がかりだった“ビジネス進化論”に関係する箇所が目をひいた。

 本書によれば、ビジネス書や自己啓発本が奉じる俗流進化論は重大なことを見落としているという。本家本元の進化論が示すのは、これまで地球上に出現してきた生物種のうち、じつに99.9パーセントが絶滅したという厳然たる事実だ。つまり、生き残ったのはわずか1000分の1。しかもこれは「生まれて 老いて 病んで死ぬ」(©みつを)とかっていう話ではまったくない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

理不尽な進化: 遺伝子と運のあいだ

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ビジネス本が語る企業の「進化論」は大ウソ! 99.9%が絶滅する現実のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。企業哲学洗脳生物学詐欺都築光太郎の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 室井佑月が立憲・辻元清美に注文連発
2 『ニュース女子』問題で水道橋博士が黒幕を指摘
3 松本が安倍と会食で“田崎スシロー”化
4 ICAN無視の安倍政権に吉川晃司が
5 松本人志「安倍擁護じゃない」どの口が
6 不正入札、リニア新幹線はアベ友利権だ
7 星野源が考える“新しい家族”とは
8 “国会王子”TBSの武田記者がDVで警察に
9 ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
10 富岡八幡宮殺傷事件犯人の日本会議活動
11 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
12 北九州一家殺害事件犯人の息子の証言
13 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
14 松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
15 百田尚樹が沖縄保育園事故を「捏造」と攻撃
16 さんま「戦争に税金使うな」と国税に抗議
17 安倍政権御用ジャーナリスト大賞
18 ICANノーベル賞授賞式を日本マスコミが無視
19 BPOが「ニュース女子」のデマ検証
20 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
1田崎とケントに自民党からカネが!
2さんま「戦争に税金使うな」と国税に抗議
3ICAN無視の安倍政権に吉川晃司が
4安倍が横田早紀江さんを無視している
5ICANノーベル賞授賞式を日本マスコミが無視
6 不正入札、リニア新幹線はアベ友利権だ
7山口敬之氏のスポンサーが逮捕された!
8松本が安倍と会食で“田崎スシロー”化
9昭恵の無神経と籠池夫妻の勾留長期化
10北朝戦争に”NO”を言わない安倍政権
11ペジー社・齊藤容疑者が櫻井よしこと
12生活保護カットで他の低所得者も困窮
13富岡八幡宮殺傷事件犯人の日本会議活動
14ノーベル賞授賞式で被爆者出席も安倍政権が
15富岡八幡宮、祖父は日本会議前身の中心
16百田尚樹が沖縄保育園事故を「捏造」と攻撃
17エルサレム問題で安倍がトランプのポチ
18 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
19大林宣彦「青春は戦争の消耗品ではない」
20BPOが「ニュース女子」のデマ検証

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

ブラック企業被害対策弁護団

連載一覧へ!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」