ビジネス本が語る企業の「進化論」は大ウソ! 99.9%が絶滅する現実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
rihujinnashinka_01_150204.jpg
『理不尽な進化 遺伝子と運のあいだ』(朝日出版社)

 日々大量に刊行される“自己啓発系ビジネス書”の数々。一体どんな「ビジネス」に役立つのかよくからないものばかりなのだが、これが近年ベストセラー連発の流行ジャンルなのである。書店の関連コーナーは、もはや一種の社会現象ではないかというくらいの盛り上がりようだ。だが、実際に中身を読んでみると、ずいぶん怪しいものが多いことがわかる。単なる成功者の自慢話だったり、人間力(?)を向上させるとかいう就活指南もどきだったり……。「なんぞこれ、どういう理屈?」と思うこともしばしばだ。

 この種の本を乱読するうちに、気づいたことがある。カリスマ経営者として知られる人物たちは、どういうわけか、そろいもそろってビジネスを“進化論”風に語ろうとするということだ。たとえばこんな具合。

「『適者生存』こそ真理です。滅びる企業は競争相手に負けたのではなく、日々刻々と変わっている環境にうまく適応できかったというだけのこと」(京セラ創業者・稲盛和夫)

「突然変異種をどれだけ持っているかが、企業の新たな発展の大きな力になる」(ダイキン工業取締役会長・井上礼之)

「国際輸送業者として世界的な営業網を充実させ、業績は伸びましたが、社員数は逆に減りました。むろん、リストラで減らしたのではなく、採用抑制による自然淘汰です」(近鉄エクスプレス元代表取締役会長・雲川俊夫)

 いわば“ビジネス進化論”である。その背後に透けて見えるのは、実績を挙げた企業や人材だけが優秀で他は愚劣だったという、あからさまな“強者の論理”だ。でも、こういうのって、一見もっともらしいけれど、本当なのだろうか? というか、世の中ってこんなに勝者とか強者とかいう人たちで溢れ返っているのだろうか?

 と、そんなことを考えているとき、たまたま、一冊の本を手に取った。その名も『理不尽な進化』(朝日出版社)。進化っていう言葉には進歩的で合理的なイメージがあるけれど、それが「理不尽」であるとは、なんとも意味深なネーミングである。著者は在野の哲学研究者であり文筆家の吉川浩満氏。本書は、現代の進化生物学に至る科学史として、あるいはエポックメイキングな大衆思想として、かのダーウィンの進化論がいかにして受容されてきたかを腑分けする哲学的・科学的エッセイなのだが、とりわけ、気がかりだった“ビジネス進化論”に関係する箇所が目をひいた。

 本書によれば、ビジネス書や自己啓発本が奉じる俗流進化論は重大なことを見落としているという。本家本元の進化論が示すのは、これまで地球上に出現してきた生物種のうち、じつに99.9パーセントが絶滅したという厳然たる事実だ。つまり、生き残ったのはわずか1000分の1。しかもこれは「生まれて 老いて 病んで死ぬ」(©みつを)とかっていう話ではまったくない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

理不尽な進化: 遺伝子と運のあいだ

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ビジネス本が語る企業の「進化論」は大ウソ! 99.9%が絶滅する現実のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。企業哲学洗脳生物学詐欺都築光太郎の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 日大附属アメフト部出身のオードリー沈黙の理由
2 日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
3 幼稚園を突然クビに!理由なき解雇との戦い
4 「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
5 指原莉乃がセクハラをハニトラと
6 石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
7 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
8 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
9 高プロ法案の強行採決を許すな!
10 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
11 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
12 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
13 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
14 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
15 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
16 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
17 「不倫学」が教える防止策とは?
18 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
19 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
20 HIROレコ大買収隠しで上戸彩を利用
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3安倍の加計との面会否定が信じられない理由
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
6産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
8 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
9のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
10安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
11日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
12高プロ法案の強行採決を許すな!
13日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
14安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
15星田、村本、博士がデモ批判に反論
16山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
17石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
18弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
20『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?